お題:名付けるならばそれはつるつる 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:496字

水ようかん
 ……宇宙みたいだな、と思った。

 宇宙。そう心の中で反芻する。それはなんだか、とてもしっくりとはまる表現のように思えた。透明感の強いスカイブルーの"それ"。
 お皿を小刻みにふるふると揺らす。すると、"それ"はそれまで保っていた姿を保てず、ぷるぷると小刻みに震えた。
 ムーディな照明から差した弱い光が、"それ"の中に侵入する。すると、中に浮かんだ銀色がその光を乱反射し、キラキラとその存在を主張してきた。
 全てを吸い込みそうなその透明感と煌めきに、私は思わず息を飲む。──美しい。ただただそう感じ入ることしか出来ない。そして、"それ"が持つ不思議な魅力を表現するのに、私は宇宙という言葉を用いることしか出来なかった。

 どうやらそれは、食べ物らしい。ゴクリ、と喉を鳴らす。私にはそれは、どうにも食べ物のようには思えなくて。恐る恐る、握ったフォークを刺し入れる。
 ──抵抗感もなく、スッとフォークは入った。ゆっくりと口に運ぶ。
 優しい甘さが口内にじんわりと拡がっていく。宇宙味、なのかな。
 私は表現を持ち合わせていなかったけれど、それにあえて名付けるとすれば、つるつる、だった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
運命の瞬間 ※未完
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれはつるつる 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:572字
私は鳥の名前が嫌いだった。5月の朝はまだ冷える。山であればなおさら。キャンプ用品店で安く売りだされていたわりには作りがいい黄色のテントの中で目覚めてすぐ、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれはつるつる 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:506字
秋口まで続いた長い残暑も終わり、師走の足音が大きく鳴り始めた。世間は近づいてきたクリスマスで浮かれていて友達の一人もいない俺には遠い話しのようだ。そんなこんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:749字
まったくどいつもこいつも使い物にならない馬鹿ばかりだと、イライラしながら俺はオフィス街の一端にあるベンチに腰掛け、先ほど買ったばかりのサンドイッチを食っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:834字
色とりどりの世界がこの世。 一番綺麗だというのは、自分の血。流すのは簡単、でも痛い。少しずつ少しずつ針を通して、やっと出てくる。 もっとバッサリと切ってしまえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と修道女 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:392字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:打算的な解散 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:391字
追い詰めた、と思った。 止めをさせる、と思った。 それが、隙だった。 委任状は集めた、出席株主の数も去年と変わらない。 勝てる。 議案は、賛成多数で可決される 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イギリス式の人体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:918字
本来ヘソがあるべきところあたりにネジがある。マイナスかプラスかと言えばもちろんプラスだ。漫画に出てくるみたいなヘソが金属になって腹に埋まっているみたいな見た目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:おいでよつるつる 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:609字
「おニイさん、オイデ、オイデ」 フィリピンあたりの訛りでそう呼び止められたのは、都心の繁華街の一角。 この辺り、客引きは禁止の条例があるはずだが、ちょいと裏通り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:犯人は衝撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:625字
私は三十二才で、これまでに三度の誘拐と、交通事故が五回、銀行強盗に遭遇したことが二回、それぞれ死んだとして十回の死亡を経験している。十回の死亡を経験、などと言う 〈続きを読む〉

さざなみの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:さざなみ お題:憧れの蕎麦 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:633字
蕎麦職人の朝は早い。……のかもしれない。知らない。何故なら、僕は蕎麦職人ではないから。 かと言って蕎麦職人の一日について調べたことも無い。ましてや、蕎麦職人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の忘れ物 ※未完
作者:さざなみ お題:天国の家事 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:287字
──風鈴の涼しげな音色が、蝉の大合唱の隙間に木霊する。 ジリジリと照りつける太陽の光。そして私の立つ軒下。強い太陽光に晒される地面と、軒の陰を落とす地面。黒と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さざなみ お題:名付けるならばそれはつるつる 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:496字
……宇宙みたいだな、と思った。 宇宙。そう心の中で反芻する。それはなんだか、とてもしっくりとはまる表現のように思えた。透明感の強いスカイブルーの"それ"。 お 〈続きを読む〉