お題:不本意なサーカス 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:353字

僕なりのサーカス ※未完
僕は、とあるサーカス団で働いていた。
サーカスの舞台に立って、たくさんの人を驚かせたり笑顔にするのが昔からの夢だった。
けど現実は厳しいのだ。
テントを設営したり仮設住宅に水道や電気を繋いだり、チラシの発注、お客さんからの電話対応などなど……様々な裏方の仕事をこなしていた。
舞台にはまだまだ立てず、ひとつの技を見せられるようになるまでに3年とも言われているくらい厳しい世界だった。
「僕は舞台に立ちたいのに」
そうやって眠る時に涙を流す日は少なくなかった。

ある日、売店で接客をしている時にお客さんから
「サーカス団の方々は凄いねぇ」と
凄いですよね。と返すと
「あんたもだよ」と予想外の答えが返ってきた。
「裏側で仕事してる人がいるから舞台は輝くんだ。だからあんたも十分凄いことをしてるんだよ」と

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:蜩ひかり(旧:日暮ひかり) お題:不本意なサーカス 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:1017字
目が覚めると、サーカスだった。ピエロが私の顔を覗いていた。弟と、同級生の男子と、名前も知らない隣の家のお兄さん。私は夢の中に囚われているのだった。「さあさあ楽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
犯人は踊る ※未完
作者:匿名さん お題:不本意なサーカス 必須要素:山田が犯人 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:685字
「山田が犯人だ」 明石くんが言う。 この国にあまたの山田は存在しようが、このクラスに山田といえば我一人。 つまりは先の発言は我を犯罪者だと告発しているということ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの冬休み 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1177字
私は自分がどこにいるのかわからなかった。 幼い頃に故郷の涼しい草原からこのどこなのかもわからないような檻の中に入れられ、毎日毎日頭だけに毛の生えた後ろ足だけを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:でぴょん お題:都会の雪 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:664字
午後五時を報せるチャイムが社内に鳴り響く。私はパソコンのモニターから目を離して、大きく上にに手を伸ばし、そして肩を回す。 アルバイトさんとパートさんが帰られて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:11011式 お題:苦し紛れの暗殺者 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:2973字
なかなか困ったことになった。 殺し屋になって早二十年。結婚もして子供も生まれて順調な人生を送っていたが――。 ――人を殺し過ぎてしまったようだ。「一人で二億人 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:馳河真弥 お題:忘れたい笑顔 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1548字
11月の高架下で、誰かに呼ばれている気がして、草むらをかき分けて行った先。L字型ベンチのある東屋に、逆光を浴びながら、笑顔を弾けさせながら笑う貴方。 今はもう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:純白の策略 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1643字
――純白の策略。それはね、ヒ、ヒロインが、主、主、主人公に、パ、パ、パ、パ、パンツをわざと見せつけて、それで心を奪うという作戦なんだよ。か、か、かわいいよね。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:男の善意 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2169字
男には善意などといったようなものは存在しない、と友達は言い切った。――あるのは下心だけだよ。気をつけなさい。 親友のユミミは少し悲観的なところがあった。ちょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:都会の瞳 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:2275字
男は疲れていた。主に仕事に。それ以外には、家族に、家庭に。街の喧騒に。追いかけてくる自分の過去に。深い霧に閉ざされて見えない未来に。 不安そのものに追い立てら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:12月の草 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:2175字
――お前にはそれがお似合いだ。 と言って彼が残していったのは、一個の草だった。 二年間つき合った彼と別れた理由は、やはり私にあるのだろう。 不幸なのは、私にその 〈続きを読む〉

望月 望夢@VTuber準備中の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:信用のない負傷 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:522字
僕は考える。信用は命と同じくらい重い。信用を無くした人間はあっという間に人間関係の全てを失う。失ってから気付くのではもう遅いのだ。信用を取り戻すのは膨大な時間を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:彼と平和 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:202字
彼は言った。世の中にはたくさんの理不尽や悪意、悲しいことが満ち溢れてる。それら全てを救うのは無理だ。手の届かない所は必ずあるからね。だからこそ自分の手の届く範囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:淡い女の子 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:821字
教室の窓側にふと目をやると1人の少女が黙々と読書をしていた。あの子はいつも1人で読書をしている。誰とも話さずに。僕は何故だか気になってしまった。どんな本を読んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:不本意なサーカス 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:353字
僕は、とあるサーカス団で働いていた。サーカスの舞台に立って、たくさんの人を驚かせたり笑顔にするのが昔からの夢だった。けど現実は厳しいのだ。テントを設営したり仮設 〈続きを読む〉