お題:破天荒な駄洒落 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:968字

人跡未踏の地へ
「破天荒っていうのはどういうことなんだろうか?」
ネットで調べてみると、今まで人がしなかったことをすることが破天荒らしい。あ、暴れるとかそういうことではないんだ。

そうなんだあ。

つまり、破天荒な駄洒落というのは今まで誰もしたことがないやつということである。

人跡未踏の地を目指さなくてはいけないらしい。フロンティア。南極点みたいなやつだ。

「いや無理だよ」
いやほんと無理だけど。人跡未踏の地に行かなくてはいけないとか、ほぼ毎日即興さんとか緑のとかやっているのに、そんなこと無理だけども。

フロンティアスピリッツがそもそもないんだけど。

「え?全くない?」
自分が思ったことに驚いて、改めて自身に問い掛けてみると、いや全くないだろう?という答えが返ってきた。まあ確かにそうだけども。でも、ほんのちょっともないの?

ないよ。

あったらとっくに使ってるんじゃないか?

「確かに」
でもじゃあどうするのさ?破天荒な駄洒落。ちょんまげは。

考えてみても何にも思いつかなかったので、とりあえず家にあったお金を全部かき集めて、靴とかも丈夫な靴を履いて、長そでを着て、出かけることにした。

「インドとか行ったらいいかな・・・」
人跡未踏の地とは言わないまでも、インドとか行ったら、ほらよく聞く、インドとか自分探しの旅とか、あとはまあ、北海道とかかな・・・。

そういうところに行ってとりあえず行って、まあないにしても、お茶を濁すくらいのことはした方がいいような気がする。

イヤホンを耳に差して、家の玄関に立った。

よし、じゃあ行こう。とりあえず行けるところまで行こう。頑張ろう。頑張るんだ。と思っていたさなか、

「あ」
イヤホン見て、思いついた。

さっきいやほんと無理って書いたけど、いやほんと無理のいやほんってイヤホンだなってなった。

もしかしたらこれは誰も言ったことないダジャレなんじゃないか?

と絶対に違うのに思った。

安易だもん。

「イヤホンを外しなさい」
「いやほんと無理」

っていうのが人跡未踏の駄洒落なんじゃないかと思った。

ぜったいに違うのに。

あと、外は雨がひどかったので、どこかに行く気が失せた。

仕方がないので、せめてちょんまげにしようと思って、今、家の洗面台で頭を剃っている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:西瓜くん お題:汚れたオチ 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:699字
そこにはある男がいた。 その顔には醜い切り傷、細身の体に合わぬ長く重い太刀を腰に携える男。 名は春風。 人々にその男はこう言われていた。 通ったらそこには死が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さすらいのヒモ お題:肌寒いバラン 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:1129字
「これなんか意味あんの?」肌を刺すような寒さのなか、スーパーの半額寿司を摘まんでいると、対面の女子高生が語りかけてきた。女子高生とは無敵の存在であり、女性に対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:康一君 お題:肌寒いバラン 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1269字
「これ、お寿司のヤツ!! このカーテン、これ、あの、お寿司のヤツ!!!!」 家に帰ってきて、さっそく買ってきたカーテンの封を開けてみて、思わず叫んでしまった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:肌寒いバラン 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:599字
摩擦の不具合によって僕の手から0mm以上離れた弁当箱は、そのまま重力に完全に支配され、一秒後には地面と接触した。簡潔にいえば、手が滑って弁当箱を落としてしまっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
なんだこれは ※未完
作者:匿名さん お題:初めての狂気 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:718字
『あ......?』朝起きて、ベットから降りて、顔を洗ってるときに悲劇は起きた。というか起きていた。『あ...あ...ああああああああああああああああ!!!』髪 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての狂気 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1026字
この会社に勤めてから15年。長かったような短かったような、宮仕えの毎日。上司の命令を聞き、部下に指示を出す。少しでもミスがあったら業績に響く。そんな作業を延々と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:謎の幻想 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:277字
小さな芸能プロダクションで、売り込み採用とスカウトの仕事をしている。極度にイケメン好きで顔面第一なわたしだから、この仕事は天職だと思う。募集をかけると、たくさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:katakusu1714 お題:間違った家 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:823字
伊藤はしばしば悩んだ。本当にいいのだろうかと。手元には彼の所属する演劇サークルのチラシが握られていた。 きっかけは昨日のバイト終わりの雑談だった。伊藤は普段あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の深夜 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:246字
「ちょんまげ」と言われても、あれは江戸時代ものであって現代にはあの髪型をするものはいない。せいぜいテレビのバラエティ番組や時代劇などで見ることはあるがあれを実際 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:安全な円周率 必須要素:ちょんまげ 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:490字
俺は高瀬一樹。ひょんなことから江戸時代にタイムスリップしちゃった。四半世紀も生きているといろんなことがあるもんだ。とりあえずちょんまげにしてもらった。町で。その 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:死にぞこないの広告 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1054字
「どうせ炎上して、批判がされるからすぐ中止する予定です」というコピーが脇にあり、反対側には、「囚人だってたまにはおしゃれしたい」と書かれ、その真ん中にこわもての 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恥ずかしい雲 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:846字
鬼退治が終わって、桃太郎氏が地元に凱旋し、姫と宝物についてどうするかという話になり、結構な大ごとになり、私達犬猿雉は多少の混乱がありました。桃太郎氏は連日、町の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:東京幻想 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1022字
「東京都民だけ、消費税8パーのままなんだって」「なんだそれ!」そらそうだろう。そらなんだそれって言われるよ。なんかどっかのタイミングで10パーに上がるのは知って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:アブノーマルなライオン 必須要素:ギャグ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1123字
「一撃で決める」「は?どうしたの急に?」「見てよ、これ」そういって見せられたのはパソコンの画面であった。画面には即興小説が映っていた。「何?」「何じゃないよ。読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:遅い小説練習 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:950字
「早く打てるようになりたい。もっとタイピングが上手になりたい」15分で1000文字をマストで書けるようになりたい。もうこの際内容はなんだっていいから、とにかく1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、フォロワー 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:919字
『うわ・・・私の年収、フォロワーの数と一緒アプリ』というのができて、やってみたら当然のことながら、「あなたの年収は114万です」ってなった(2019/06/13 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:8月の接吻 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:942字
「8月はキス、接吻、ノー、NGだから」というようなことを言われた。どういうことだ?「8月にキス、接吻をしないと約束する?」「うーん」8月かあ、に、し、む、く、さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気高い新卒 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1102字
「う、ううわー」異世界に飛ばされた。理由は割愛する。好きな理由でどうぞ。目を覚ますと大草原にいた。大草原の小さな家みたいな大草原。「ひく」ひくなあ。確かに。急に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大きな祝福 必須要素:三角関係 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1086字
なんかお歳暮というか、お歳暮じゃねえな。時期的に。お中元!お中元だ。お中元に油をもらった。「油だ」大きい奴、小さい奴、高そうな奴、大小さまざまな油だった。油の詰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:凛とした反逆 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:904字
もうすぐ晩御飯だって言われた。「・・・」でも、今目の前にポテトチップスがある。たべたい↑のは心の声。「お母さん、これは違うんだよ」気が付くと右手がポテチのパッケ 〈続きを読む〉