お題:ありきたりなコメディ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:697字

しぶしぶ ※未完
 笑わせてやろう、そう思った。
「………」
 ブランコで項垂れている少年。地面に届かないその足をぶらつかせもせず、ただその場に座りこんでいる。
 ――しけた面。
 彼はくすんだ仏頂面をしている。いつ見ても変わらないその表情に、私はさすがに飽きが来ていた。この公園は私のお気に入りだというのに、こんな気が滅入る銅像があっては困る。
 ――どうすりゃ笑うかな。
 金もスマホも親から取り上げられている今の私は頼れる物がない。とっておきの一発ギャグ、みたいなものがあればよかったが、あいにく持ち合わせがなかった。
 ――とりあえずくすぐってみようか。
 さすがのこいつも生理現象には逆らえまい。この鉄面皮を剥がすのにそれが一番手っ取り早い方法だと思えた。
 方針が決まった私は立ち上がると、視線を下に向けたままの少年の元へ忍び寄る。
 そうして彼の身体に手を伸ばそうとした、その時。
「何やってるの?」
 少年がこっちを見た。さすがに気づかれるか。
「しょぼくれてるから。笑かしてやろうと思って」
 私は率直に答える。すると、少年は顔をしかめた。
「余計なお世話だよ」
「別にあんたのためじゃない。目の前で沈んだ顔されてるとこっちの気が滅入るの。なんとかしてくれない?」
「できるならとっくにしてるよ」
 話は終わりとばかりに少年は視線を切る。それは困る。私の目的が果たせていない。
「話を聞いてあげようか? 人に話せば気持ちが楽になるって言うし」
「別にいいよ。お姉さん、話し甲斐がなさそうだし」
「これでも聞き上手なんだけどな」
 それは本当だ。何せ毎晩母親の口を聞かされているのだから。なぐら
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:藤堂なな子 お題:ありきたりなコメディ 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:806字
どうにもこうにも、彼女と僕はうまくいかない。呼吸があわないというか、思考がズレているというか、たとえば僕が右に行こうとすれば彼女は上を飛ぶし、彼女が歌を歌いに駆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐倉 お題:ありきたりなコメディ 制限時間:15分 読者:340 人 文字数:1159字
実にくだらない話である。 朝起きたら学校に行って、友人たちと交流し、授業を受け、帰路につく。なんの変哲もない日常を日々日々ただ繰り返していくだけのもの。将来に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雪の帰り道 ※未完
作者:若鷹 お題:ありきたりなコメディ 制限時間:15分 読者:776 人 文字数:689字
バイトを上がり建物を出れば、そこは雪国だった。 ほんの数時間前とは一変した景色は、この街に振った記録的な大雪のためだった。後々家に帰って知ったのだが、県内の高 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ありきたりなコメディ 制限時間:15分 読者:344 人 文字数:617字
ありきたりなコメディは、皆飽きたという。 その寂れた会場に居るのは僕とそれから、数人。皆如何やらコメディを見に来た訳では無く、ただ単に暇をつぶしに来たらしい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早瀬六藻 お題:ありきたりなコメディ 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:675字
布団が時速100kmで射出された。目標は戦士、ノイアー。彼は――寝具のみでしかダメージを与えられない。 無敵の兵士を呪術的手法によって作ることは古来より幾度とな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:儚い悲しみ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:2091字
仕事を終えて帰ってきた。時間は午後7時50分。いつの間にか、夜の帳が下りるのが早くなった。そう思うのだが、それが誤解であることも知っている。夜は、気づかないう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かない扉 ※未完
作者:匿名さん お題:賢い伝承 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:2107字
夜の校舎に生徒が侵入することを禁ず、なんてルールは大体どこの学校にも存在している。もちろん僕の学校でもそうだ。 真面目な生徒はもちろんそれに従う。僕は少なくと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:死にかけのダンジョン 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:619字
父は無口な人間だった。俺とは似ていない。父は失敗しなかった。俺とは真逆だった。俺は父が嫌いではなかった。でも、父が俺を好きなのかは解らなかった。ましてや失踪した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:知らぬ間の14歳 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:2755字
ミズホは美しい少女だった。当然だ。彼女はヴァーチャルな肉体で、つまるところそれは生まれ落ちる苦しみというものを知らない。わたしたちは遺伝子に組み伏せられた獣にす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
戦場の死神 ※未完
作者:さとりっく お題:消えた電撃 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:416字
戦場を満たしていた爆発音が嘘のように霧散し、あたりはただ静寂に包まれていた。「撃ち方やめー!」分隊長がヒステリック気味に叫ぶ。蓄えた髭の先端は、心なしかいつもよ 〈続きを読む〉

akariの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:akari お題:憧れの善 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:135字
手元にある10円玉をじっと見つめる。 刻まれた発行年は五年前、縁はつまらないほどに滑らかだった。 やがて視線を上げると、目の前には誘蛾灯と化している自販機。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
取引 ※未完
作者:akari お題:右のぬくもり 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:304字
頬に触れ、ほのかな熱を感じ取る。 多分、それだけで十分だったのだ。それ以上をどうしようもなく当然に望んでしまうのだとしても、その感覚はまやかしであると受け止め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:素人の栄光 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1289字
人通りの少ない道に面する路地裏、そこに一人の少女が蹲っている。「………」 出来ることなら見て見ぬふりをしたかった。けれど、太一には見過ごせない事情がある。 知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:春の傘 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:819字
「ただいま」 とりあえず口にしてみる。けれど案の定、返ってくる言葉はなかった。 ーーだろうな。 記念日を忘れて深夜まで残業していた人間だ。情けなどあるはずがない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
留まる足 ※未完
作者:akari お題:馬鹿な囚人 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:302字
「ここに留まるか、それとも出ていくか。選べ」 突然突きつけられた問いに、朗太は迷わず後者を選択した。 ーー自由だ。 朗太は外の空気を肺一杯に吸い込む。刑務所の淀 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
記念上映 ※未完
作者:akari お題:幸福な映画 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:507字
「あなたは最後のお客様です」 老人はにこやかな笑顔を浮かべる。人気のない館内のロビーで見るそれはどうにも哀愁を覚えてしまう。「当館は本日で営業を終了させていただ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
介錯 ※未完
作者:akari お題:穏やかな恨み 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:258字
「誰かを殺めたことは?」「ない」「なら、これが初めてとなるな」 男は薄い笑みを浮かべる。落ち着いた様子。なぜ余裕でいられるのだろう。眉間に銃を突きつけられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
内からの景色 ※未完
作者:akari お題:楽観的な哀れみ 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:498字
道路に犬の死骸が放置されていた。 血の痕から考えるに、恐らく車に轢かれてしまったのだろう。今日は真夏日。いずれすぐに腐り、骨だけの存在になり果てるに違いない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:馬鹿な彼女 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:862字
くゆりくゆりと、紫煙が立ち上っていく。 その行く先を、真枝はベンチに座ってぼんやりと目で追っていた。「調子はどうだ」 不意に声が聞こえた。目を向けると、よれた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:熱い視力 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:423字
会衆席に一人座り、美沙は祈る。 がらんどうの堂内に雨音がこだまする。その音に耳を澄ませながら、彼女はただ祈りを捧げている。 もはや日課と化した礼拝。けれど、彼 〈続きを読む〉