お題:小説家たちの新卒 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:970字

捏造したい
「がんになったのがきっかけで小説家になりました」
という話をテレビで見た。

がんになって、自分のやりたいことをやろうという思いになり、そんでいろいろなことをやめて、小説を書いて、そんでそれを賞レースに送ったらなんか大賞が取れた。そんでがんの治療をしたらうまくいった。よかった。そんでがん保険入りました。今は一応新卒の小説家です。みたいなそういう話だった。

「いいなあ・・・」
そういうエピソードいいなあ・・・。そういうのがあると、実際よりも、実物よりも大きく見える的ななんかそういうオーラというか、空気というか、なんかまとえるかも知れないなあ。いいなあ!

「いいなあ!」
私も即興小説を始めたきっかけは何ですか?って聞かれたとき、そういうエピソードを捏造して話そうかな・・・。

そうしよう。
「幸いなことに私はツイッターとかでもお題箱とか質問箱とかそういうのもやってないし、誰ともコミュニケーションもとってないみたいなもんだし、最初のころはちょっとやったけども、結局自分のコミュ障が出てきただけだったし、誰も私のことなんて知らないだろう。話してもないし。

というわけで、何かいい感じのエピソードをもろに捏造することにした。

「お父さんとかお母さんが死んだみたいなのがいいかな・・・」
生きているけど。何度も緑に出てきてるし。

「そうだった」
そうだ。緑もあるんだなあ。あれはもう大半、洗濯とお酒を飲んだみたいなことしか書いてないけども、それでも即興さんに比べるとさかのぼることは容易だ。だから緑のセンサーに引っ掛からないエピソードが必要なんだな・・・。

緑だって最初の時は、結構創意工夫をしていたように感じる。今はもう見る影もないけども。

「じゃあ緑前のところにエピソードを入れるか?」

緑前のところに?

もう何歳で始めたとかも覚えていないのに?

さかのぼったらいいじゃん。

そこまでする?

面倒だよなあ。

でも、なんかエピソードが一個あるだけで違うかもしれないし・・・。

あ、

父親ががんになって、そんで何とかなって、で、それで小説家、小説家っていうのがそもそもなあ。私違う気がするんだよなあ・・・。

大層な感じがするよなあ。

エピソードは思いつかなかった。自分のことになると途端に思いつかない。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家たちの新卒 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:465字
僕は小説家をやめ、全く違う業種に就職をした。数少ない小説家の友人達からは、俺達の中から新卒がでたなと感慨深けに言われた。小説家をやめる事は、殆どの人がそうあろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信仰の書 ※未完
作者:匿名さん お題:小説家たちの新卒 必須要素:信仰 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:577字
「おーい、山田。こっちだこっち。」笠井の呼ぶ声が聞こえる。今居るのは都内の飲み街で、注意深く目と耳を利かせていなければすぐに見失ってしまう。僕らは今日、この近く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている寒空 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:617字
横に寝転がっている小さな少女のような間抜け面を眺めながら、同じく寝転がりながら昨日から開けたままのポテチの袋に手を伸ばす。コタツにみかんと風情のあることは貧乏な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい勝利 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:595字
世の中にはうるさい勝利と静かな勝利の二通りがある。どちらのほうがいいかってそれはその個人の好みになるからなんとも言えない。だが俺の場合は、だれかに勝ち誇ったり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい勝利 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:967字
プラシーボ、とかいうのを、まあ皆様聞いたことがあるでしょう。医学用語では、プラセボって言ったりもするらしい。聞いたことはあるのではないだろうか?いわゆる、自己暗 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい勝利 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:520字
日輪を背に、鷲が飛翔する。雀、鶴、鳩。様々な鳥が飛び交う中での主役は彼だ。大型小型問わず、次々と他のライバルを撃墜していく。様々な鳥類が集い、お互いの命を賭けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塩辛兵八郎@エブリスタ? お題:うるさい勝利 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:600字
形容詞で嫌いな言葉はかわいいとか美しいとかそんな感じのやつが嫌いだ。なんでかって言われたら。そりゃ無理なもんは無理だ。インスタに上がっている食べ物だとは到底思え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:織倉未然 お題:隠されたつるつる 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:468字
クラスメートの霊能力者曰く、僕の右肩には黒い影があるのだという。最初に聞いたときこそ驚いたし、自分のパーソナルスペースにそういうものがいるなら、それは病に違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
やっちまった ※未完
作者:saica お題:彼のサイト 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:202字
時計の針が重なり、それから気付いた時は既に三回ほど交差した。周囲は暗く、空席となった雑多なデスクが整然と並べられている。明かりらしい明かりは私の手の先、四角いモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない罪人 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:983字
ぼたぼたぼた。 畳をリズミカルに打ち続ける鼻血を良子は呆然と見つめ続けていた。その場にいた誰もが彼女を見つめていた。娘の美香の三回目の誕生日。父がケーキを運ん 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1874字 評価:0人
足元からざくざくと音がする。雪を踏みしめる音だ。あたりは一面の雪面。雪の上には自分の足跡しかない。昨日の昼から雪が降っていた。上り坂には誰の足跡もない。人も車も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:メジャーな祖父 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1067字
昔だったら近所のうわさの種、人々の貴重な時間の利用のされ方をしていたであろう、痴呆やらアルツハイマーやらに関する症状の類も、昨今だいぶ脚光を浴びて不可思議やら摩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:混沌のしきたり 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1023字
昨日これをやったとき、フォロワーの誰かに〇されるっていう必須要素が出て、その時書いた話は面白かった。私自身の感覚だけども、あの話は最近の中ではお気に入り。お題の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:悲観的なヒーロー 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1070字
知り合いに一人ヒーローがいるんだけど、悲観的だ。「ああ、怖い。死ぬ、次は死ぬかもしれない」っていう感じで悲観的。これが悲観的かどうか私には正確なところはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:黄金の独裁者 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:946字
つい最近まで、世界中の黄金を独占していた独裁者がいた。よくよくヤフーニュースの国際の欄にもそのニュースは上がっていた。それが先日急に死んだ、死亡したというニュー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:遠い年賀状 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1162字
毎年お正月ら辺に不義理を働いている。「明けましておめでとう」って書いてある年賀状が届いても、何も返してない。子供の頃の友人とかから来たりして、家族写真だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鳥の感覚 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「むかしむかし、あるところに、鳥の感覚を持つ人がいました」ということをいきなり言われて、困惑した。むかしむかしっていうほど、その人は年を取っていないのである。し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの好きな大学 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
多くの人が一度は想像するように、東京都庁は変形してロボットになる。実際なる。本当になる。こないだ新宿御苑に行った際、大好きな擬木橋のところでよだれを垂らしてアヘ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:赤い昼食 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:948字
もってるだけのゴールド免許の更新のはがきが来た。私がもう高齢者だったとしたら、ノーシンキングタイムで返納するだろうなと思えるほどペーパーゴールド。ただとにかく取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:強い表情 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1162字
近所で写真のらしい個展が開かれており、入場自体は無料だと書いており、それじゃあ何か話でも書ける題材がないかと入ってみた。幸いにして入口に人が立っているわけでもな 〈続きを読む〉