お題:悲観的なエリート 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:1503字

トレントの苦難
 今月はここでじっと身を潜めていよう。彼はゆっくりと誰にも気づかれないように腰を下ろした。彼の思ったとおりには行かず地面は少し響き、しかし幸運にも何者かがやってくるそぶりは無かった。音に驚きつつも彼はじっと1時間程周囲を警戒したのち、足を鋭く硬化させ、地面に根を伸ばし始めた。
 彼は木の巨人でトレントという種族に当たる。動物でいう胴体に当たる太い幹、ゴツゴツとした木肌、そこから伸びる手には隙間なく少し濃い緑色の葉が生い茂る。大きさは2m50cmを超え始め、二つ前の春から雄花が咲くようになりその時から大人のトレントの仲間入りをした。
 トレントは雌花から落ちた種子から生まれる。芽を出し葉が数枚生え幹と枝がはっきりするようになってから自我が生まれる。ふと気づいた時には風が吹けば折れるような幹とその上部にある枝、そして少しもぞもぞと動かせる根が自分の体だと認識する。多くの種子は同じところにばら撒かれるので、兄弟とも言える存在がいて、周りを見て共に体の動かし方を学ぶ。風は吹いていないのに揺れ動く群生した芽があったらそれはトレントだ。
 それから少し大きくなると虫や動物に兄弟が襲われるようになる。そして命を落とす。そのときに気づくのである。なぜ根がもぞもぞと動くのかを。兄弟が犠牲になり、あちこちを食べられ終わったころにはトレント達は散り散りになる。それ以降ほかのトレントと出会う事はあっても一人で生きていくことになる。理由は簡単で集まって居座るとすぐ土の栄養や水分がなくなってしまうからだ。
 1mにも満たない若いトレント達は脳裏(?)に兄弟が襲われる瞬間が焼きついている。だからとても悲観的でいつ自分がそうなるのだろうかと怯え続けている。その後もトレントには悲観的な出来事が続く。じっとしていたら鳥に葉を食べられ過ぎて狩れてしまう者、動き回っていたらヒトに捕らえられてしまう者、その瞬間や仲間を亡骸を目撃してしまうとさらに悲観が増す。
 彼はゆっくりを根を伸ばし水分と栄養を補給していると土の中で何かにぶつかった。足はセンサーの役割もしており、それが何かすぐにわかった。他のトレントの根である。
 その方向を見ると4mを越す老成したトレントがそこにいた。老トレントは彼のほうを見て枝を軽く振った。
「気にするな。ゆっくりしていくといい。雄花が咲いたのならそろそろ長く根付く必要もあるだろう」
 彼はいつぶりに自分以外のトレントとあったのだろう、そしてそろそろ長く根付くとはどういう意味だろうと考えた。
「ありがとうございます。横取りするような形になってすみません。ところでどの長く根付くとはどういう意味でしょう?」
「他の大人になったトレントには合わなかったようだね。君のその雄花はとても栄養がいるんだ。腹持ちが悪いと思ったことは無いか?」
 そういえば移動距離が短くなったなと彼は感じていた。それを老トレントに伝えた。
「雄花がつくと今までのようにはいかなくなる。移動は短く、栄養はたくさんいるようになる。そしてそれに失敗したり気を取られて動物にやられていく仲間をたくさんみてきた」
 老トレントは大きくため息をついた。
「でも悪いことばかりじゃない。大きく花をつけるときっといいことがある。それが何かというのは無粋なのでやめておこう」
「悪いことばかりではない?あなたほどではないですが僕もいろんなひどいものを見てきてとてもそんな気にはなれません」
「そうだろう。だが生き残るのはそれを直視した悲観的な者だけで、きっとそのあといいことがあるんだ」
 老トレントはそういって静かに目を瞑った。 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:悲観的なエリート 制限時間:1時間 読者:552 人 文字数:1323字
「」 彼は言います。金は、自分で管理しているように見えて実のところ、人は金を手に入れることに奔走しているだけで金はいつでも価値があるようなないような顔をして人を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ascion お題:悲観的なエリート 制限時間:1時間 読者:249 人 文字数:4805字
「ああ、僕は今から向かいます。九時の少し前に到着する予定です、今日は渋滞も無さそうですし」 今日は忘年会――一年の終わりのこの時期を楽しみにしている者も少なくは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:錫型 お題:悲観的なエリート 制限時間:15分 読者:184 人 文字数:741字
「くっ、銃弾が通らねえ!」 「こっちもダメだ!こいつら固すぎる!」 対脅威組織、通称BURN。 その最前線で新たな脅威と戦う者達がいた。 しかし、新種の脅威の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一寸先は? ※未完
作者:事故率@ハッピーシック お題:悲観的なエリート 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:553字
「流石だな。また一位かよ」 友人の言葉に、僕は掲示されている順位表を見上げる。 期末テストの結果。僕の名前が一番上に来ており堂々と『一位』の文字が隣に並んでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的なエリート 制限時間:15分 読者:970 人 文字数:592字
忙しく生きているのが好きだ。暇になると、その時間の隙間から不安という怪物が首をもたげてくるから。自分を追い込むのが好きだ。必死になっているときは、遠い未来に思い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:悲観的なエリート 制限時間:15分 読者:220 人 文字数:831字
もっと努力しないか。 何をやってるんだ、失敗するのは努力が足りない証拠だ。 充分努力した? バカな、自分でそう言えるのは努力が足りないからだ。 努力したって成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キマタ お題:安い祖父 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:814字
銀貨3枚。 それが今の時代にどれだけの価値があるものなのか分からないが、少なくとも私の祖父に値段がつくとしたならばそれが最も適切だろう。 それは裏切りの対価と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:生かされた沈黙 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:174字
「沈黙、生きてたんかワレェ!」「……。」「なんとか言えやワレェ!!」「…。」「オマエがそういう感じやったら俺にも考えがある」ハマタはおもむろに沈黙の体を弄りはじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
カラス鳴く ※未完
作者:藍沢凪 お題:あいつとカラス 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2095字
夜型人間の俺にとって、カーテンから差し込む朝日は就寝の時間を知らせてくれるサインだった。朝日が昇る頃に眠り、太陽が真上を通り越してから目を覚ます。本当なら吸血鬼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女の小説上達法 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1050字
僕は小説家だ大ヒットしたあなたの名はの監督に僕の本が良いと推薦を受けその本「トゥーピース」は1000万本売れ僕は大金持ちとなったある日テレビの取材を受けたその質 〈続きを読む〉

なんかやるの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:同性愛の秋 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1751字
空を見上げると黄色に覆われていた。イチョウ並木のベンチにタナカとヤマダは座っていた。約束していたお昼を食べ手持ち無沙汰だった。付き合い始めて一ヶ月、恋愛経験も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:愛のにおい 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2158字
何かの夢を見ていた気がする。起き抜けで働かない頭で思い出そうとした時、鼻孔を甘い匂いが擽った。これはヤマダの匂い…。匂いで頭の中が整理され、タナカは何かに気づ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:今日のゲストは傑作 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2578字
「しかしこんなところ借りてレクリエーション活動なんてうちの映研は豪盛ですね」 マリは階段を降りながら玄関ホールへとサトコに言った。サトコは2年上の先輩で21才。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:可愛い悲劇 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2632字
祖母が買い与えた市松人形は娘のマリに大好評だった。タナカはこのスマートフォンやらユーチューブやらが流行ってるこの時代にどうなのと祖母に少し抗議をしたが、普段は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:限界を超えたドア 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2272字
車椅子が乗っているというマークが付いたワゴンが車が一台研究所に入っていく。その前後には警察車両、左右には白バイという厳戒態勢の元、ワゴン車は研究所の敷地内をゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:冷たい孤独 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2337字
意識がぼんやりと戻るとタナカの視界に太い鉄格子が映った。2mほど先だろうか。視界には自分の足もあり半身を起こした状態で寝ていたらしい。背中を預けている壁は硬く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:ぐちゃぐちゃの電話 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2155字
「こりゃひでえや」 タナカが部下を引き連れ現場に入った時の率直な感想である。1Kの家の中はめちゃくちゃに壊されていた。入ってすぐの台所は水浸し、電子レンジが冷蔵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:たった一つの罪 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1609字
「なあ本当にこんなとこで見たのか?」 鬱蒼とした人気のない雑木林をヤマダとタナカは歩いていた。時間は20時を回ったくらいだろうか。街灯は無く月明かりは背の高い木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:汚れた決別 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1380字
ヤマダの妻マリからの連絡をタナカが取ったのは会社の喫煙室だったと記憶している。ヤマダとは高校時代からの付き合いで7年間一緒に山を登った仲だ。お互い仕事が忙しく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:苦しみの稲妻 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1399字
中南米のある国にタナカは居た。10年前に来た時よりはるかに国が豊かになったのをタナカは実感した。酒より水の値段が高いなんてことはなく、ホテルは水洗式のトイレが 〈続きを読む〉