お題:許せない船 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:858字

結論
「反省していないのなら、出て行け」
 説教にはお定まりのそんな台詞も、今のような状況ではわけが違った。普通に地面のある場所のように、部屋を出て、建物を出て、はいさよならというわけにはいかない。昨晩遭った嵐で戸どころか屋根まで吹き飛び、やっとのことで四方を囲んでいる壁の隙間からは、一面に海原が覗いているのだから。
「船長、クルーは一蓮托生、喧嘩したからって船から放り出すわけにはいきません」
「出て行けなんて、非情というものですよ」
 狭い部屋、もとい四方をぐらぐら揺れる板で囲まれた空間で、クルーは必死になって船長をなだめた。四人で乗り込んだこの屋形船を運航するには、ひとりの力だって欠かせない。ひとり減れば、仕事が1.5倍になる。船長は舵を回して遊ぶだけで仕事をしないから、ほかのふたりにとってはそういう計算になる。必死になるのも当然だった。
「飼い猫にやった餌が腐ってて食中毒になったくらいで、そんなに怒らなくても」
「この船にはネズミはいないし」
 船長が船上で飼っていた猫を死なせかけたのが、諍いの発端だった。今は容態の回復した猫を膝に乗せ、船長はそっぽを向いて頬を膨らませたままだ。
「ミーちゃんは三日三晩苦しんだんだ。そいつを三日三晩海に放り出さなければ気が済まん」
「三日もあれば、こんな荒れた海で人は死にますよ」
「荒れてなくても死にます」
 クルーの必死の説得にも、船長は耳を貸さない。猫好きは猫のこととなると、見境をなくすのだ。
「……べつに、放り出したきゃ放り出すがいいさ。どのみち全員死ぬんだ」
 陰気な声をあげたのは、説教を受けた当のクルーだ。ずっと黙り込んでいたが、怒られてしょげていたわけではないらしい。嵐がきて、座敷の屋根が吹っ飛んだあたりからおかしくなりはじめ、猫に八つ当たりしたのだった。
「屋形船で太平洋横断なんて到底ムリだったんだ! こんな無謀な試みを言い出した船長を突き落とすべきだ!」
 それもそうか、とクルーの言葉に納得し、満場一致で船長をすまきにして船外放り出した。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:猫の窓 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
「なんで猫が家の中にいるんだ?」 愛猫で、さぼトラのペレが絨毯の上に座って、蒼い目をこちらに向けている。家の中には決して入れないようにしていた。室内が汚れること 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:アルパカのにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:884字
お前の眠る部屋は家にないからと両親に追い出された俺が向かった先は、子度の頃から一緒に育ったアルパカたちの小屋。アルパカたちは俺を歓迎してくれるようで、キレイな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:アルパカのにおい 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1073字
「ということで、私たちはこの『アルパカのにおい』を発売することにした」「はあ、そうですか」「で、キミはこれの営業に行って貰いたいのだが」「はあ、わかりました」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:調和した視力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1370字
※前回、お題が1/1で困ると書いていましたが、検索したら結構な数がありました。ここにお詫びと訂正をいたします。 しかしなんだね、この調和した視力というのは。つま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:反逆の負傷 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:732字
日向ぼっこをしていると、人間が私の髭に手を伸ばしてきた。 人間の世間で言うところの日曜日の昼だろう。公園には子供連れの親子や日光を求めた老人がやってくる。サッ 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた言い訳 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1657字
いつものようにバイト先に出勤すると、店が燃えていた。田舎町に唯一あるファーストフード店だったので、昼飯を食べにきた人が大勢いて、みんな燃え上がる店舗を囲んで呆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:日本式のフォロワー 必須要素:力士 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2936字 評価:0人
そこは辺境の土地だった。人家はおろか、ヒトの姿さえほとんど見かけなかった。あるのはただ、鬱蒼と茂る森と、動物が立てる物音、それに鳥の鳴き声だけ。野生に棲む生物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:穢された朝日 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:913字
連日の雨で箱のなかはすっかり沈鬱なムードだった。雨の日なんて誰も出歩かない。橋の下に置かれたダンボール箱にも、そのなかの三匹の愛らしい子猫にも、誰も気づかない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許されざる小説の書き方 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:848字
部室の窓辺に死体があった。と思ったら、締切が迫って生気を失っている部長の姿だった。もう3日も家に帰っていない、ろくな食事もとっていない、と顔に書いてある。比喩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イギリス式の人体 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:918字
本来ヘソがあるべきところあたりにネジがある。マイナスかプラスかと言えばもちろんプラスだ。漫画に出てくるみたいなヘソが金属になって腹に埋まっているみたいな見た目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:昼の快楽 必須要素:右手 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2950字
「460円になります」「はーい」 コンビニで弁当を買った客が、上着のポケットに右手を入れて、「あれ」と首をかしげた。そこに入れていたはずの財布がなかったのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:人妻の監禁 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1039字
彼女はご機嫌で鼻歌を歌いながら洗濯物を干していた。外は大雨なので、寝ぼけたうえにうっかりさんなのだろう。干した端から濡れているのに気づかずに、全部干し終わって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:朝の闇 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:954字
それは大体、部屋の隅にわだかまっていることが多い。ホコリが溜まるのと同じところで、ぱっと見には区別がつかない。気が向いて掃除機をかけたとき、何度往復させても取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:とんでもない挫折 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:783字
足を折った。 校舎の外側にある非常階段だ。よっぽど嬉しいことでもあったらしく、クラスメイトはスキップしながら上の階から降りてきた。足を踏み外しそうだと思ってい 〈続きを読む〉