お題:紅茶と諦め 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1102字

お嬢様の好奇心
「わたしはティーバッグでいれた紅茶なんて、絶対に飲まないの」
 その言葉はどこか得意げに響いた。
 自分はハイソで上流階級のお嬢様ですことよ、オホホホ。
 そう言ってるように思えるのはあたしのひがみだろうか。
 ミカは確かにお嬢様だ。そもそも苗字が西園寺だ。西園寺て。「西」だけで苗字として成立するのに、二文字も足しやがって! という気持ちになる。
「ふうん、じゃあ何を取ってきたらいいの?」
 ファミレスのドリンクバーを注文し、あたしはミカに何が飲みたいかを尋ねた。
 「紅茶はあるかしら?」というので、ティーバッグをとってきてやったらあの言い草だ。
「メロンソーダ」
 いやいや、とあたしは苦笑する。
 そんなものだったら、ティーバッグでいれた紅茶を飲んでてくれた方がずっといい。
 だって、その方が西園寺ミカらしいじゃないか。
 何でメロンソーダなんだ。メロンは高級だけど、ソーダはそうでもない。どちらかというと、あたしみたいなヤツ向きの飲み物だ。
「炭酸が飲みたいの、わたし」
「さっき紅茶って言ったじゃん」
「第二希望よ」
 飲まない、と言われたティーバッグを持って、あたしはドリンクバーコーナーへ向かう。
 えーと、メロンソーダは……。
「ないじゃん……」
 クソ、面倒くさいお嬢様め!
 炭酸なら何でもいいか、とあたしはコーラをコップに入れて席に戻った。
 メロンソーダはなかったと告げ、代わりにとコーラを置くと、ミカはその黒い液体に眉をひそめた。
 あ、コーラ駄目なのかな? 薄々感じていたことではあったが、半ば嫌がらせのために持ってきた。ここまであからさまな顔をされるとは思わなかったが。
「知らない? ペプシコーラだよ」
「そう。わたしはコーラはチェリオのしか飲まないの」
「チェリオ!?」
 100円の自販機で売ってる、あのチェリオ!? ペプシでもコカでもなく、チェリオ……。無意味に炭酸ばかりが強い、あのチェリオのコーラがお嬢様はご所望らしい。
「ちょっと、何なのそのこだわり……。いい加減にしてよ」
「だって、東さんが取って来てくれるって言うから、リクエストをしてるだけよ」
「チェリオのコーラなんて、ファミレスにあるわけないじゃん」
「かと言って、ペプシに魂を売るわけにはいかないわ」
 東さんが飲んで、というのであたしはそうすることにした。
「わたし、自分で行ってくるわ」
 最初からそうさせればよかった、とあたしはミカを見送る。
 数分後、戻ってきた彼女の持つコップには異様な色の液体が注がれていた。
「え、何それ……?」
「全部混ぜてみたの。少しはしたなかったかしら?」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と諦め 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:264字
僕は諦めたんだただ単に。5月の頃僕は高校生としてなれてきたところだった、なぜかクラスの子に嫌われてしまった。その理由をゆいつの友達秋人に聞いてみるとなんか僕が紅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の罪人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:511字
髪の毛がサラサラだったのだ。少女がクラスメイトに惹かれたのはそれが理由だった。髪の毛がサラサラで浮いた毛が一本もなくて光の反射する形すら美しかった。他の子と同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:僕の好きな情事 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:435字
青崎は一心に地面を掘り返していた。小さい園芸用スコップを慣れた手つきで扱い、柔らかな腐葉土を荒らしていく。今年で18になる彼の、月に2度行う密やかな悪徳だ。何を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツとカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:599字
いくら腕を伸ばそうと袖からは指先しか出ない。いわゆる彼シャツ萌え袖というやつか、感慨深くぶかぶかのワイシャツの襟首を、ぶかぶかともてあそぶ。「こら」バスタオルと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:記録にない火事 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1008字
燃えている。全てが、なにもかもが燃えている。だけれども、それを消し止める者はいやしない。何故ならば、この燃え盛りは誰に目にも見えておらず、どこの記録にも残らな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ssk_ksk お題:きちんとした君 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:453字
朝になると部屋の前に立っている君と挨拶を交わす。「おはよう」「おはようございます。本日のご予定は……」ピッチリと整えられた髪型とスーツ姿はそのまま国会議事堂前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心のディナー ※未完
作者:匿名さん お題:当たり前の愛 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:195字
とてつもなく長い歴史を経てしても産まれた以上、必ず立ちはだかる難題、愛人それぞれに形があり、それを感じ取るには当本人でしか知り得ないものもある。与える本人が言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな帝王 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:632字
隣のあいつは生意気だ。僕はペンケースから鉛筆を取るふりをしてそっと様子を伺った。隣に座る佐藤は大口開けてあくびをして、つまらなそうに頬杖をついている。シャーペン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青鈍 お題:ラストはお嬢様 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:886字
パン、と銃声が響いた。音の出どころは自分の手の中、黒い塊の銃口からだ。弾は襲い掛かってきたマフィアの手下らしい男の眉間を貫き、命を奪った。一人処理している間に背 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにばに お題:うへへ、狙撃手 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1122字
ひとえに皆様、どうしてこうなったのかを説明するにはかなりの時間を要します。 とはいえ……話さないことには話が進まないので語ろうと思います。 それは40分前のこ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:悲観的な極刑 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1204字
「そんなおかしいです! 絶対死刑のはずなんです!」 大声を発した男に、法廷中の視線が集まった。「そんな判決、ありえない! 死刑です、死刑以外ないんですよ!」「静 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:儚い花 必須要素:山田 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3067字 評価:4人
「人間の美しさとは儚いものだと思わないかね?」 漆黒の玉座に座るその男は、足元に罪人のように縛られ座らされたわたしを見下ろして、不遜な様子でそう言った。死人のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1009字
自己顕示欲が肥大化した人間の目立つ昨今、「目立とうとしてやった」という類の犯罪も比例して増加している。「この国には謙譲の美徳があったはずだ。それを今どきの連中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗な宴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1011字
死霊術師シャスティには、今までほとんど使ったことのない隠し玉があるらしい。 その話を聞いた冒険者仲間で盗賊のケイツは、どうにか彼女にその技を使って見せてほしく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:日本極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:938字
死刑は国家による殺人であり、野蛮な風習なので撤廃せよ。 諸外国や人権団体からの度重なる「啓蒙」を受け、遂にその議論が始まった。「確かに、死刑への支持がわが国で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:早すぎた計算 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1274字
「縦の長さが3……」「はい! 6リットル!」 不正解です、と先生はにこやかに言って、東村くんを席に着かせた。「東村くん、問題は最後まで聞きましょうね」「やだ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:思い出の快楽 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1317字
天使であるわたしの役目は、ロクでもない人生を送ってしまった人間に、生きることの楽しさを思い出してもらうことだった。 今日もその任務のために、わたしは一軒の古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:すごい結婚 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1101字
結婚式は女性のためにあるものだ、とよく言われる。「そういう考えだと、これからの世の中駄目だと思うんですよ。人口減少が目に見えているのに、需要が半分しかないって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3757字 評価:0人
八月の東京に季節外れの雪が降り始めたのは、三日前のことだった。 雪に弱い都心は、それこそ日向の氷が解けるくらいに簡単に交通網がマヒし、経済に大きな混乱がもたら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える作家デビュー 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1286字
すごい作家を見つけてきた。 小説家エージェント会社「スクランブル・エッグ」のエージェント・松前からの連絡を受け、わたしは急遽彼の下へ向かった。 わたしのいる出 〈続きを読む〉