お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:3137字 評価:2人

売り歩く
 その荷物は背負う人間に対して大きすぎた。傍目にはちょっとした山のようで、小さな背丈の売り子が背負って歩くと、不格好な山が短い足を生やして自力で移動しているようなのである。人々は遠くからでも目につくそんなめずらしい光景を見て、あれはなんだろうと近寄ってくる。そこで売り子は声をあげるわけだ。
「古今東西、偉大な画家の掘り出し物を揃えております。新居の物足りない玄関に、殺風景なリビングに、お祝いごとやお見舞いの贈り物に、どうか一枚買っていってください」
 荷を地面に下ろし、覆いを外すと、絶妙なバランスで積み上げられた絵画の山があらわれる。風雨で傷つき、重ねたおかげで色は移り、塗料は剥がれ、ひどい保管状態だ。そんなだから売り子がつける値も二束三文で、買い物帰りのお釣り程度で購入できる。安い絵画の売り歩き。絵画を飾るなんて金持ちの趣味、という先入観を覆す、画期的な商売だと売り子は自負していた。
「このお花の絵がかわいいね。安いんだろう、これをもらおうか」
「はい、手持ちのお金で構いませんとも」
「夕飯のサンマを買ったから、手持ちはこんなものしかないんだけど」
「十分、十分」
 なにせ、画家ですらない、まだ学生の画家見習いの作品だ。値がつくだけでめっけもの。
「売り子さん、こっちの絵を包んでくれるかい」
「お目が高い! それはゴッホの孫弟子の作品ですよ」
 別の客に適当なことを言いながら包んでやると、買い物袋を両手にさげた主婦らしきその客は、困ったようにした。
「あら、思ったよりもでかいね。半分くらいにならないかい」
「折りますか。えいっ」
 膝を入れて真っ二つにし、「半額でいいですよ」と言うと客は喜んだ。ゴッホの孫弟子の作品のもう半分は、次に売れるのを山のなかで待つこととなった。
「売れ行き好調だな」
 買い物帰りの主婦集団にひととおり売りさばき、それでもすこしも減ったように見えない絵画の山を見上げ、次の町に行こうと出発支度をはじめた。
 そのときだ。奥のほうの絵画をとろうと引っこ抜いたときに、いくつかの絵画がばらけて散らばったのだが、そのうちの一枚をじっと見つめている通行人がいた。背の曲がった老人だ。足を止め、杖を支えにかがみこみ、上から覗き込んでいるようである。
「その絵が気に入りましたか。ゴッホの孫弟子の作品ですよ」
 作品の由来のでっちあげに関して、売り子にレパートリーは少ない。
「もう店じまいなのですが、いいでしょう。一枚くらい、売りますよ」
「こいつは、いくらするのかね」
「手持ちのお金で構いません」
 売り子はいつものように言った。と言って、有り金全部出す客などめったにいない。このくらいなら払っても構わないだろうというはした金、塵も積もれば山となって、売り子にはいい小遣い稼ぎになるのである。
 小汚い身なりの老人だ。大した額は付けないだろうと、軽い気持ちで出した手に、ぽんと札束が置かれた。
 流浪の絵画売りにはお目にかかったこともない、大金だった。
「足らんかね」
 老人はもう一束取り出し上乗せしようとするので、固まっていた売り子はあわてて首を振った。
「いえいえ滅相もない。こんな大金……あの、もうニ、三作、おまけにつけましょうか。なんなら山ごと持っていってもらっても」
「いや、この一枚で構わない。これがほしいんだ」
 売り子が大サービスでリボンまでつけて包装してやると、老人はその絵を大切そうに抱えて持ち帰った。
 ただの通りすがりの老人が金持ちだったことにも驚きだが、不思議だったのは、ほかの絵画と変わらない、二束三文の価値しかない代物だったことだ。今まで多くの絵を売り買いしてきて、それなりの審美眼はある。あれは、素人や見習いが手遊びで描いた、ただの落書きみたいなものだ。
 ゴッホの孫弟子なんてたわごとを真に受けたわけでもあるまい。それなのに、絵画を買ったときの老人はとても満足そうで。
「変な人もいるもんだなあ」
 そうひとりごち、過去最高の売上を記録した町を、売り子はあとにした。

 安物絵画売りにとって、簡単な町というのは庶民の多く住む町だ。へたに住民の芸術への造詣が深かったり、目の肥えた金持ちが多くいたりすると、安物と見抜かれて門前払いを食う。庶民だって安物とは見抜くが、安物とわかったうえで買ったりする趣味もあるということだ。
 ぱっと見綺麗で飾れば部屋が華やぐのなら、小銭で買えるインテリアとしてちょうどいい、ということで、絵を買っていく客は庶民の主婦が多かった。
 売り子はそうやって、商売をするのに簡単な町を選んで訪れる。それだから金持ちに絵を売る機会などそうはないし、だから大金を受け取ることだってない。あの日に会った、老人だけが唯一の例外で――。
「……本気ですか」
 その夕方、売り子は第二の例外を目の前にしていた。日の落ちかけた、店じまい直前のことだ。とある婦人の客だった。庶民の町に合わせた地味な格好をしているが、ひと目で上等な服と知れる。上流階級の人間らしかった。
「ええ、このダイヤの指輪と、その絵を交換してほしいの。足りないかしら。なら今持っている宝石類を、全部あげても構わないわ」
 そう言って全身の装飾品を外そうとするので、高価そうな指輪だけをありがたくちょうだいして、そのずっしりとした重さに目を白黒させつつ、絵画の丁寧な包装を開始した。
「ほかに、ほしい絵があったら何枚でも持っていってもらっていいですよ」
「この絵だけでいいの。これだけがほしいのよ……」
 リボンを結んだ包みを渡すと、婦人は大切そうに抱きしめた。二度目ともあって、さすがに売り子もばつが悪い。正直に絵の由来を言うことにした。
「あのですね、その絵は学生が練習で描いた人物画なんです。私は安く売るぶん、ただ同然で手に入る絵しか仕入れないんですよ。画家でもなんでもない、素人が趣味で描いたものばかりで……」
 前にもあなたのような人がいた、と売り子はかつて会った老人の話をした。そんな大金を払うような価値ある作品じゃなかったのに、騙したようで寝覚めが悪いのだと。
「でも、この絵はいい絵だわ」
「はあ。まあ私も、いいと思ったから譲り受けたわけですが」
「ほんとを言うとね、この絵に描かれた男性が、主人に似てるの。それで欲しくなってしまったわけ」
「ああ、なるほど」
「私を置いて、先に逝ってしまった主人にね。部屋に飾って、毎日のように彼に会えるのなら、財産なんて全部投げうったって構わないわ。売り子さん、ありがとう。この絵と私を出会わせてくれて」
 婦人は目に涙を浮かべ、上品に頭を下げて、立ち去っていった。

 それからも、多くはないが、『例外』の客が訪れることがあった。理由を聞くと、それはもう戻れない故郷の風景だったり、亡くなった息子が描いた絵だったりした。どれも、もう一度見たいと願ったものを描いた絵だった。あちこちを旅しながら絵を集めるので、たまたま縁のある買い手と絵とが出会ったりするのだ。彼らの誰もが、売り子にそのとき持っていただけの大金を払おうとした。
 小遣い稼ぎのためにはじめた商売だったが、故郷に戻る頃には売り子は大成功を収めた商人並みの売上をあげていた。数少ない例外のおかげで、大金が手に入ったのだ。
「こんなにお金があってもな」
 小市民な売り子は金の使い道に困って、故郷に小さな店を作ることにした。安物絵画売りの本店だ。ここで弟子を育成して、自分のような絵画売りをもっと世に放つことにした。そうしていつか弟子ができたら、むかし体験した出来事を話してきかせるのだ。




作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:ばにすか お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1810字 評価:2人
玄関で脱いだ靴を揃えるとき、右のヒールに大きなささくれができているのが目に入った。来る途中、排水溝の蓋に踵が嵌まったからそのときのだろう。修理も買い替えも行く時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:立河わずか(たちかわわずか) お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:2331字 評価:2人
「この町からは出ていくから」「どうして、そんなことをいうんだ」「だって、この町。なんにもないじゃない」「あるよ、薬草がたくさん取れる」「それ、暗に自然が多い、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:3137字 評価:2人
その荷物は背負う人間に対して大きすぎた。傍目にはちょっとした山のようで、小さな背丈の売り子が背負って歩くと、不格好な山が短い足を生やして自力で移動しているよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:3741字 評価:1人
あの町へ行きたい?簡単だ、この道をまっすぐ進んで駅に乗って隣、たった一駅分だ。終点だから間違えることもない、たとえ反対車線に乗ったところで引き返してしまえばそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:** お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2624字 評価:0人
「それっ」私はもう一方の岩へ飛び跳ねる。どうにか倒れずに済んだ。顔を上げ、晴れやかな心で堂々と空を見上げる。太陽の光は眩しく、体が熱く火照ってくる。岩場を飛び回 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1739字 評価:0人
今日は顧問が居ない日なので、一人美術準備室にて花瓶に生けた花々を描いていた。 部員も少ないので、放課後の美術室にも人は少ないのだが、それでも全く人が居ないわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3663字 評価:0人
この丁字路が、世界のすべてだった。 「丁」の字でいうところの一画目、横の棒がに沿って流れる川と、二画目の縦の棒の奥へと続く四角い建物群。それしか、この世界には 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:昼の快楽 必須要素:右手 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2950字
「460円になります」「はーい」 コンビニで弁当を買った客が、上着のポケットに右手を入れて、「あれ」と首をかしげた。そこに入れていたはずの財布がなかったのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:人妻の監禁 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1039字
彼女はご機嫌で鼻歌を歌いながら洗濯物を干していた。外は大雨なので、寝ぼけたうえにうっかりさんなのだろう。干した端から濡れているのに気づかずに、全部干し終わって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:朝の闇 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:954字
それは大体、部屋の隅にわだかまっていることが多い。ホコリが溜まるのと同じところで、ぱっと見には区別がつかない。気が向いて掃除機をかけたとき、何度往復させても取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:とんでもない挫折 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:783字
足を折った。 校舎の外側にある非常階段だ。よっぽど嬉しいことでもあったらしく、クラスメイトはスキップしながら上の階から降りてきた。足を踏み外しそうだと思ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:3003字 評価:1人
先日の人間ドックで血糖値の高さを指摘されてから、甘い物禁止令が職場に発令された。同僚と揃って同じ結果を出たのが上司に知られたのだ。客が差し入れる菓子折りの箱が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:強い処刑人 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1022字
「我が国で死刑を廃止しようと思うんだ」 話がある、と王様に呼び出されて晩餐に同席した彼は、その言葉を飲み込むのにすこし時間がかかった。今日も仕事をしっかりこなし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
内回り ※未完
作者:にい お題:東京の窓 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:831字
窓ガラスに頬をぺったりくっつけて眠っていたらしい。乗り物に乗るといつもこうなのだ。今日こそは居眠りするまい、したとしても体勢を維持するぞ、と決めていても、気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:やば、失敗 必須要素:ブラウザはなるべくGoogleChromeを使用してくださいまじで。 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2906字 評価:1人
休日の昼間にパソコンでゲームをしていると、最近ボケ始めたじいさんがふらふら近づいてきた。足取りは危なっかしく、自分の右足に左足を引っ掛けて転びそうである。整頓 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:清い国 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:979字
道路の真ん中には一本線が引かれていて、線よりこっち側と向こう側では別世界が広がっている。舗装すらされておらず剥き出しの土の道と、光沢のあるつるつるした道のうえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:あいつと平和 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:878字
家の近くの公園から鳩がいなくなった。一匹もだ。数日前におそろいの制服を着た男たちがやってきて、でっかい網を広げて捕まえると、トラックの荷台に積んだこれまたでっ 〈続きを読む〉