お題:かっこ悪い墓 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1187字

死にざまを映す墓
「墓ってさあ、みんな同じ形でかっこ悪いよな」
 生前、確かに彼はそんなことを言っていた。
 だけど、まさか自分が死んだあとのことまでこの時点で考えているとは思わなかった。何せ、彼はまだ26歳、一般的には死の足音が聞こえる年齢ではない。
 予感があったのかもしれない。事故ではあったけれど、理屈を超えた感覚が彼のどこかで芽生えていたのだろう。
 彼が死んですぐ、具体的には3時間もしない内にその人は現れた。
「すみません、ヘロヘロ教のものですが」
 その女性は新興宗教ヘロヘロ教の司祭的な存在で、彼は約一年前に入信していた、という。
「その時に提出してもらった住民票のコピーを証拠としてお出しします」
 宗教にしてはえらくシステマチックだ。女性司祭の出してきたのは、確かに彼の名前と本籍地が印刷された書類だ。
「葬式でもしてくれるんですか?」
「いいえ。うちはそういうのやってなくて」
 冠婚葬祭をしない宗教に何の意味があるのか、とわたしは疑問に思う。
「ただ、うちはお墓にこだわっておりまして」
「墓ですか」
 女性司祭曰く、墓石はヘロヘロ教では教祖であるヘロヘロがあの世へ辿り着く目印と考えられているらしい。そのため、墓石に力を入れている、とのことだった。
「うちの墓に興味を持ってもらったようで、それで入信したい、と……」
 驚きました、と女性司祭はしみじみという。
「まさか、うちの宗教に入信しようという人が現れるなんて……」
 やる気あるのかな、この人。ちょっと心配になってきたが、何とただで墓石を用意してくれるらしく、彼の両親はその話を聞いて「ではお願いします」と言った。新たな墓石を造らなくて済むため、浮いたお金で葬式のグレードが少し上がったが、それはまた別の話だ。

 しかし、いざ建った墓を見て彼の両親は激怒する。
「何だこれは、ふざけてるのか!?」
「いいえ、故人の遺志です」
 やる気に疑問のある女性司祭であったが、この問題に関してはとことん強気だった。
「故人様はこちらの墓に非常にこだわりを持ってらっしゃいました。それを尊重してあげてください」
「いや、しかしなあ……。土着の民間信仰じゃないんだから……」
 わたしもどうかと思う。形状はともかく色がアレだし、それに死に方を考えると……。
 荘厳な印象の寺の墓地、灰色の中に屹立するピンクのそれは、大変目立っていた。
 円筒形の上にカメの首のような膨らんだものがついたその形は、正に男性器である。その上、裏側までかなりリアルに造られている。
「故人様の死にざまにもピッタリかと」
 これでヘロヘロも迷わずに済みます、と司祭は自分の宗教特有の祈り方をした。
 彼の死因は腹上死だった。それも、わたしという婚約者がありながら、二股をかけていた女の腹の上で死んだのだ。
 確かに、ピッタリかとは思うが……。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かっこ悪い墓 必須要素:どんでん返し 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1014字
生前葬は縁起がいいらしい。それにいろいろなことが済んでしまうのもいい。葬儀さえ済んでしまえばあとはまあ、なんだろう?通夜とかか?そういうのが残るだけで、すぐ出棺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:かっこ悪い墓 必須要素:バツ印 制限時間:1時間 読者:177 人 文字数:794字
盛り上がった土と突き刺さっただけの木の板から、恐らくこれは墓なのだろうと思った。とても不格好だけれど。 その場にいた顔の怖いおじさんは「こいつは小熊の墓だ」と言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:511字
髪の毛がサラサラだったのだ。少女がクラスメイトに惹かれたのはそれが理由だった。髪の毛がサラサラで浮いた毛が一本もなくて光の反射する形すら美しかった。他の子と同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:僕の好きな情事 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
青崎は一心に地面を掘り返していた。小さい園芸用スコップを慣れた手つきで扱い、柔らかな腐葉土を荒らしていく。今年で18になる彼の、月に2度行う密やかな悪徳だ。何を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツとカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:599字
いくら腕を伸ばそうと袖からは指先しか出ない。いわゆる彼シャツ萌え袖というやつか、感慨深くぶかぶかのワイシャツの襟首を、ぶかぶかともてあそぶ。「こら」バスタオルと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:記録にない火事 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1008字
燃えている。全てが、なにもかもが燃えている。だけれども、それを消し止める者はいやしない。何故ならば、この燃え盛りは誰に目にも見えておらず、どこの記録にも残らな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ssk_ksk お題:きちんとした君 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:453字
朝になると部屋の前に立っている君と挨拶を交わす。「おはよう」「おはようございます。本日のご予定は……」ピッチリと整えられた髪型とスーツ姿はそのまま国会議事堂前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心のディナー ※未完
作者:匿名さん お題:当たり前の愛 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:195字
とてつもなく長い歴史を経てしても産まれた以上、必ず立ちはだかる難題、愛人それぞれに形があり、それを感じ取るには当本人でしか知り得ないものもある。与える本人が言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな帝王 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:632字
隣のあいつは生意気だ。僕はペンケースから鉛筆を取るふりをしてそっと様子を伺った。隣に座る佐藤は大口開けてあくびをして、つまらなそうに頬杖をついている。シャーペン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青鈍 お題:ラストはお嬢様 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:886字
パン、と銃声が響いた。音の出どころは自分の手の中、黒い塊の銃口からだ。弾は襲い掛かってきたマフィアの手下らしい男の眉間を貫き、命を奪った。一人処理している間に背 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:悲観的な極刑 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1204字
「そんなおかしいです! 絶対死刑のはずなんです!」 大声を発した男に、法廷中の視線が集まった。「そんな判決、ありえない! 死刑です、死刑以外ないんですよ!」「静 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:儚い花 必須要素:山田 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3067字 評価:4人
「人間の美しさとは儚いものだと思わないかね?」 漆黒の玉座に座るその男は、足元に罪人のように縛られ座らされたわたしを見下ろして、不遜な様子でそう言った。死人のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1009字
自己顕示欲が肥大化した人間の目立つ昨今、「目立とうとしてやった」という類の犯罪も比例して増加している。「この国には謙譲の美徳があったはずだ。それを今どきの連中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗な宴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1011字
死霊術師シャスティには、今までほとんど使ったことのない隠し玉があるらしい。 その話を聞いた冒険者仲間で盗賊のケイツは、どうにか彼女にその技を使って見せてほしく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:日本極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:938字
死刑は国家による殺人であり、野蛮な風習なので撤廃せよ。 諸外国や人権団体からの度重なる「啓蒙」を受け、遂にその議論が始まった。「確かに、死刑への支持がわが国で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:早すぎた計算 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1274字
「縦の長さが3……」「はい! 6リットル!」 不正解です、と先生はにこやかに言って、東村くんを席に着かせた。「東村くん、問題は最後まで聞きましょうね」「やだ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:思い出の快楽 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1317字
天使であるわたしの役目は、ロクでもない人生を送ってしまった人間に、生きることの楽しさを思い出してもらうことだった。 今日もその任務のために、わたしは一軒の古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:すごい結婚 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1101字
結婚式は女性のためにあるものだ、とよく言われる。「そういう考えだと、これからの世の中駄目だと思うんですよ。人口減少が目に見えているのに、需要が半分しかないって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3757字 評価:0人
八月の東京に季節外れの雪が降り始めたのは、三日前のことだった。 雪に弱い都心は、それこそ日向の氷が解けるくらいに簡単に交通網がマヒし、経済に大きな混乱がもたら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える作家デビュー 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1286字
すごい作家を見つけてきた。 小説家エージェント会社「スクランブル・エッグ」のエージェント・松前からの連絡を受け、わたしは急遽彼の下へ向かった。 わたしのいる出 〈続きを読む〉