お題:かっこ悪い敗北 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:257字
[削除]

俺とあっちゃん〜試される絆〜 ※未完
「今回の俺は今までとは違う!!」
勢いよく自室の壁に向かって決意表明した後、俺は明日に迫ったTOEFLの試験勉強のために、英語の参考書が待つ机に向かった。のではなく、ズボンのポケットからスマホを取り出した。
そう、先ほどの宣言の通り、これまでのただ苦しみを生むだけの勉強などと言うものは辞めたのだ。
スマホの画面を操作し、よく見慣れた緑色のアプリを開く。トーク画面の一番上に表示されているのは「あっちゃん」から送られてきた、明日の試験中に行う予定であるカンニングの段取り確認のメッセージだ。時間間に合わないねこれ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:げへへ お題:かっこ悪い敗北 制限時間:1時間 読者:130 人 文字数:940字
不細工な顔でお前は俺を睨んだ。何もしていなければ十分に整った顔をしているのに残念極まりない。そんなお前の顔がこんなにも崩れるのにも、それ相応の訳がある。たった今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:傷だらけのぬるぬる 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:977字
TOEFLの試験の帰り道、恐ろしい出来事に遭遇した。道の向こうから全身に傷を負った得体のしれないぬるぬるした生き物に遭遇したのである。「うええ!」何あれえ!?も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:織倉未然 お題:左の誰か 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:442字
古くは「遠降」とも言った。狐の嫁入りとも言う。 要するに、晴れているにも関わらず降っている雨、というような意味だ。 より正確には、嫁入りの行列が過ぎ去った後ろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:宿命の雪 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:863字
「TOEFLで死ぬほど勉学して一か月と同じところで暮らせないほどあっちこっちで生活するのがいいか、それとも極限の寒さ、極寒の極東の地で暮らすのがいいか、どちらが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:バイオ善人 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:1197字
飲み会に参加した。「うわあーあーあ」飲むと楽しくなる。しかし、飲み会も中盤に差し掛かったころ、その飲み会の端っこの方に、あまりはじけていない人が一人でいて、いや 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:暗黒の黒板 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:1023字
TOEFLで801点を取り、暗黒の黒板の前に立つと異世界トリップできる、というのはぼくらの学年で三日くらい流行ったどうでもいい噂だ。TOEFLの満点は677点 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:楽しい衝撃 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:553字
笠倉健は秘密結社TOEFLに入団した。TOEFLとは豆腐のことでも英語の能力テストのことでもなく、トイレの・奥の部屋に・鉛筆で・風船の絵を描いて・(後に入る人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:嘘の嫉妬 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:995字
午前中に洗濯を終えた。これはいい兆候であった。「よしよし、ここまでは順調だ。なんて素敵な事なんだろう」私はこれをイブの奇跡とした。イブというのはもちろんクリスマ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美奈子 お題:有名な体 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:526字
私は、散骨を望みます。狭苦しい墓になど、閉じ込めないでくださいな。どうして死んだ後に、あの空間で、祖母と曾祖母とさらにその祖母と暮らさねばならぬのでしょう。私が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
言葉ナイフ ※未完
作者:六華創作工房@アンソロ原稿優先中 お題:愛と死の凶器 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:358字
本屋に並ぶ本はたくさんあり、どこへ行こうか迷ってしまうだろう。今日は目的がある分行きやすいが。「どれがいいんだ?」「中開いて自分が見やすいの買えば?」「全部一緒 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄金の小説 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:1843字
大変なものと居合わせている。「黄金の小説」である。己の人生の中で、一冊出会えるかどうか、というあの黄金の小説である。反して、現在の私自身は「駄作」それもだしうる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:地獄結末 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:4101字
☆「アマトくーん。ちょっといいかい」「はーい。なんですか部長」 とある天界にシャツとパンツをクールビズスタイルでしゃきっと着こなし働く者がいた。その名は界間アマ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天才の木 必須要素:セリフのみ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:929字
「君は知っているかい?」 「俺が知っているのはここにお前がいちゃ行けないことだ」 「この木の下には僕のご先祖様が居たんだ。天才、秀才、逸材。いろんな言葉で褒め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国の希望 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:334字
天国って美しいところなんて思ってない?そりゃあお間違いだね。美しい心は天国に行けるなんて言われてるけど実際はギスギスした世界さ。何の汚れのない魂が来ることなんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国の希望 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:808字
俺はそろそろ自○する。なんでかって?そりゃもちろん死にたいからだよ。それ以外理由なんてないじゃん?え、なんで死にたいかって?お前、生きるって言ってるやつになんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:おいでよ曲 必須要素:ラーメン 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:888字
ズルズルズルズル!!彼女は豪快に麺をすする、一滴も残さんばかりに。彼女は先程審査に落ちたばかりであった。1人狭く冷たい部屋の中でぶくぶくと沈んでいたのだが、息が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な視力 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:434字
「あれ?センパイじゃん。なにしてんの?」空き教室の一角で呆然としている僕の前に現れたのは、一つ下の後輩、有野優衣だった。一度、優衣に目をやるが、再び机の上の壊れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ゲノマダス ※未完
作者:匿名さん お題:東京の暴走 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:656字
その知らせは唐突だった。 「はっはっはっはっ!」 路地裏を走る影。 月の光を反射している帯刀が、影が走る度にその光かたを変えていた。 複雑に絡まる路地裏を走っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:早すぎた計算 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:1029字
諦めるのが遅すぎた。 という書き出しで小説を書き始めてすぐ諦めた。 遅いほど長く諦めなかったことなどない。 今、こうやって君に詳細を手紙で書き送る為に机の前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少女の潮風 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1172字
栗色の長い髪を揺らしながら、彼女は歩く。まるで海辺の乾いた空と白壁の街を吹き抜ける風たちがそこに在るかのような空気感は、この監督の作品ならではだ。 楽しんでく 〈続きを読む〉