お題:恐ろしい味 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:623字

それが林檎の呪いだ。
アダムとイブは林檎を食べた。それはとても美味しくて恐ろしい味だった。

今まで何も考えず、毎日好きなことをしてのほほんと暮らしていた二人は、途端にそれだけでは

満足できなくなった。

もっと美味しいものが食べたい。どこかもっといい別の場所に行きたい。別のことをしたい。

二人の脳内には欲が溢れかえった。

そんな二人に神は右ストレートを打った。

「「いてえ!」」

「だから食うなと言っただろ!」

神は怒鳴った。

そして言葉を続ける。

「お前たちは知識を得たことで、欲を持ってしまった。「比べる」という概念を

手にしてしまった。それを持っていると永遠に幸せになれないんだ」

アダムは神に言った。

「今までこんな何もない場所を楽園だと思っていたなんて・・・
あなたが呪ったのですか?」

「呪ったわけじゃない。まだわからないのか?そう思うのもお前達が知識を得たからだ。

知らないままでいれば、そんな感情も起きなかったのに・・・」

神は頭を抱えた。

イブは言った。

「私たちはここを出ていきたいと思います」

アダムも言う。

「もっといい場所に行って幸せを見つけます」

神はため息をついた。

「勝手にしろ」


人間は「比べる」という概念を手にしたことで、幸せを感じることが難しくなった。

今でも誰かと比べることで多くの人間が不幸になっている。

自分は自分と思っても、つい人と比べてしまうのが人間なのだ。




作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
不死の大樹 ※未完
作者:匿名さん お題:哀れな木 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:243字
私の住む街、水枯れの街にはシンボルとなっている木があるこの街を知る者でその木を知らない者はいないだろう。街を覆い隠すほどの大樹なのだ不死の大樹と呼ばれている日が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:間違った紳士 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:799字
ハチ公前広場で待ち合わせのハズだった。それなのに、待ち合わせの相手は、一時間経っても現れない。電話をしようにも電話番号がわからない。ツイッタ上での知り台だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:プロの月 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:248字
「なんだこれは!」師匠の右ストレートが俺に飛んでくる。俺は写真家。師匠に昨日の満月の写真を見せた結末がこれ。やっぱ師匠には見せない方が良かったな。「同じ満月でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
犬猿の仲 ※未完
作者:匿名さん お題:夜と天井 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:454字
夜と天井俺とあいつは小学校の頃からの犬猿の仲であり腐れ縁だった。残り一つの給食の牛乳を取り合い殴り合い、一人の女を取り合って殴り合った。勝った方があいつに告白で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い子犬 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:484字
地元が注目する天才ボクシング少女の試合が始まった。子犬のような見た目の彼女から繰り出される右ストレートら大人顔負けだ。ただ、試合の結果は残念なものだった。酷い負 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:ダイナミックなラーメン 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:388字
「これは…なんだ…?」 山?山なのか?それとも、塔?いや、要塞?軍艦? 今、俺の目の前に出された「ソレ」はなんとも形容しがたい。 ひたすら高く積まれているモヤシ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:闇の笑い声 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:1097字
「ふむ。どうやら失敗したようですね。せっかくお望みの通りのものを与えると約束したというのに」 鋭利な刃物で腹部を一突きにされたらしい少女が、血だまりに横たわって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
犬の気持ち ※未完
作者:キルユーベイベー お題:犬のわずらい 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:659字
「ワンワンワン!」「どうしたのちーちゃん? うーん可愛いぃ〜!」俺の顎と頭を、黒髪短髪ツインテールの女子高校生、相沢由奈が撫でてくれる。あー気持ちええー……って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ねむーみん お題:彼と真実 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:177 人 文字数:456字
「あ、あのさミカ」「ん?何?」 いつもはおどけている彼が、今日はやたらと真面目モードだ。テーブルを挟んで、何やら真剣そうな表情を崩さない。 「俺、他に、好きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:戦争と旅行 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:176 人 文字数:1185字
待つだけなら誰にだって出来る。 待つ《だけ》なら。 まったく言ってくれる。言ってくれる。待つと言う事を表現するなら、一日千秋、待ち焦がれる、それだけのことが誰 〈続きを読む〉

しろのさくらの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:許せない計算 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:508字
夏休み。彼女の家に行った。彼女がコンビニで買い物に行っている間、俺は見てはいけないものを見てしまった。テーブルの上にノートがあった。暇だった俺はそのノートをパラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:ゆるふわ愛され昼食 必須要素:チューペット 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:557字
「朝ごはんできた?」あくびをしながらケンが言った。「朝ごはんって・・・もう10時半だよ。お昼近いよ」ミカが言う。パンにスクランブルエッグに野菜のスープ、 牛乳。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:早すぎた慰め 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:522字
「君の愛が欲しいんだ」彼が言った。「何?急に」今は朝食の場である。炊き立てご飯、卵焼き、きゅうりの漬物、しめじの味噌汁と典型的な和食だ。早起きして作った。我なが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:不幸な船 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:415字
むかしむかし、あるところに 船があった。転覆した。海に体が沈む。息が苦しい。すると、どこからか声が聞こえた。「夢を見てればいいんじゃない」目の前が真っ暗になった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:汚いハゲ 必須要素:スラム街 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:476字
スラム街で歩いていた汚い身なりのハゲ。屋台で飲んだ酒を飲むと、急に眠くなった。「・・・・?」気が付いたら見知らぬ白い部屋の中にいた。自分はベットの中に寝かされて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お盆の復讐 ※未完
作者:しろのさくら お題:ロシア式の嘔吐 必須要素:スラム街 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:487字
あるロシアのスラム街。スラム街の隅で嘔吐している女性。「・・・・ゲホッ」女性は地面に吐いた。するとその吐瀉物から神が生まれた。美しい男性の姿をしている。そして言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:オチは誰か 必須要素:右ストレート 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:417字
暗いにわか雨の日、顔に右ストレートをくらった。右ストレートをくらった男性は倒れる。男性は頭から血を流しながら言った。「・・・君はあの子にはなれないよ・・・」殴っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:赤い食事 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:472字
真夜中、雷が落ちる嵐の日。ある大きい家の中。食卓のテーブルには豪華な料理。ケーキ、スープ、フライドチキン、エビの入ったサラダ、トマト・・・そしてどれも血がついて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:かっこいい接吻 必須要素:ペットボトル 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:409字
夏の早朝、走っている少女。そこへ通りかかる男性。両手を少女の前へ広げる。「何ですか、私走っているんですよ」少女はうんざりした顔で言う。額に汗をかいている。「まあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:でかいマンション 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:889字
人ごみの中、とぼとぼ歩く女。手にはプレゼントの箱・・・の中に入っている爆弾。これからこのあたりで有名なあのでかいマンションに行く。これであのマンションを破壊する 〈続きを読む〉