お題:急な野球 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:313字

野球創世記 ※未完
アダムとイブは楽園を追放された。

林檎を食べたことで知識を得た二人は、以前の生活には戻れなくなった。

今まで食べて踊って寝るだけだった二人はそれだけでは満足できなくなったからだ。

アダムとイブは子供をたくさん作った。

子供たちは踊るだけの運動では満足できず、いろいろな運動を考えた。

サッカーや、剣道、バレーなど、さまざまなスポーツを作った。

ある日、スポーツで使うボールがなくなってしまい、ボールを作ったが、材料が

足りなくて小さなボールになってしまった。

これでどうやってスポーツしようとあれこれ子供たちは考え、やがて

木の棒でボールを打つスポーツをしようと決めた。

そして作られたのが野球だった。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:急な野球 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:516字
休日。家でゴロゴロ漫画を読んでいたら何やら外から自分の名を呼ぶ声が聞こえた。窓を開けてみると友人の顔が。どうも暇だから野球でもしないかという誘いらしい。まったく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:急な野球 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:368字
「磯野〜!野球やろうぜ!!!」「誰が磯野だ」隣の席から降って湧いた野球の勧誘。「だって俺、ナカジマだもん」いかにも。この、隣でしょうもない屁理屈を並べる男は確か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:せつない罪人 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:396字
人は原罪を背負っているのだという。とある宗教の旧約聖書に記された話だ。罪は悪行によって背負うものだ。人が生まれながらに罪を背負っているの言うのならば、性善説など 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昔の王子 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:422字
涼しい風が吹いている。そこにある男が立っていた。特徴的な顎鬚とそれに似合わないダサい服。男は言った。「人生というものは全体的にみたら長いようだが、案外短いもので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:凛とした狼 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:98字
旧約聖書は好きだ、予言ではないけどどこか退廃しているイメージわたしは仮にあの方舟に乗った数少ない証言者だとしたらおどろくかね。まあ偶然乗り合わせたただの老狼で、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
津波のあとで ※未完
作者:匿名さん お題:明るい命日 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:556字
友人達は小川の回りに集まっていた。彼らはそこで焚き火をし枯れた周辺の草をちぎっては焚き火にくべている。中学生時代に僕らがよくやっていたやり方だった。その中の1人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼が愛した孤独 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:364字
彼は孤独を愛した。彼の名前は義昭である。ヨシュア記からとったと両親は言っていた。そんなことから彼のあだ名はよしゅあきだった、なんて話になればいいのだが、残念なが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私の体験 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:468字
今回、「私の体験」という貴重すぎるお題を引いたので、素直に私の体験を記そうと思う。小中学校の登下校時、誰かが校門で聖書を配っていた、なんて経験はないだろうか。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:悔しい御曹司 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:886字
「千個目だからって緊張したりして」正直緊張している。すぐに緊張するタイプの生き物だからだと思う。即興小説十五分の部、千個目をどうしたらいいのだろうかという疑問で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:ゆるふわ愛され靴 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:669字
吸血鬼だし、旧約聖書でぶん殴ったら死ぬんじゃないかなと思ったが駄目だった。やっぱり十字架とか白木の杭とかじゃないと駄目か。わりばしでDIY。そんなわけで最近、近 〈続きを読む〉

しろのさくらの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:僕が愛した動揺 必須要素:日本人使用不可 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:513字
僕は動揺していた。「いつまで続くかな・・・」僕の近所で、また店が潰れ、そして変わったのだ。パン屋からラーメン屋になった。それはよくあることだ。動揺することではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:生きている家 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:372字
東太平洋上の赤道下、エクアドル領の諸島、ガラパゴス諸島。多くの珍しい生き物が住む美しい島々である。そしてそこには動物だけではなく、生きている家もあるという。私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:8月の悪 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:365字
災害レベルの猛暑と言われている真夏の8月。夏休みだというのに誰も外には出たがらず、運動不足の民が増えている。私もそうだ。ジムに通いたいが、一歩外に出るのもためら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:オチはつるつる 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:362字
算数の時間になり、たかし先生が教室に入ってきたとき、床はほこりや食べかすやごみなどでぐちゃぐちゃだった。たかし先生の表情が笑顔から無表情になる。「えーと・・・ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:疲れた過ち 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:335字
深夜、パソコンで小説を書いていた。うとうとしながらも書き終わったが、気が抜けたのか、上書き保存を忘れた。その結果、今まで書いたデータが全部なくなった。「なんでや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:哀れな宇宙 必須要素:手帳 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:582字
2×××年。人類は宇宙の中で、いくつも居住地を作るようになっていた。ある星、その星は見つけた宇宙飛行士の名前をとって「ガビー星」と名付けられた星だったが、そこで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:恐ろしい味 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:623字
アダムとイブは林檎を食べた。それはとても美味しくて恐ろしい味だった。今まで何も考えず、毎日好きなことをしてのほほんと暮らしていた二人は、途端にそれだけでは満足で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
野球創世記 ※未完
作者:しろのさくら お題:急な野球 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:313字
アダムとイブは楽園を追放された。林檎を食べたことで知識を得た二人は、以前の生活には戻れなくなった。今まで食べて踊って寝るだけだった二人はそれだけでは満足できなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:疲れた吐息 必須要素:「ひょえー」 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:606字
窓を見る。私はため息をつく。最近、仕事がきつい。もう少し休暇があればいいのに。窓の外は激しい雨だ。びゅうびゅう風が吹き、雷も鳴っている。ピカッと窓が光る。まぶし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:ワイルドな多数派 必須要素:ランボルギーニ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:469字
「手を離すなよ」彼が言う。私は彼の体に腕を回した。後ろには赤くてピカピカな、見ただけで高い車だとわかる車が私たちを追いかけてきている。あれはランボルギーニという 〈続きを読む〉