お題:急な野球 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:516字
[削除]

旧き約束は未来への手向け
休日。家でゴロゴロ漫画を読んでいたら何やら外から自分の名を呼ぶ声が聞こえた。窓を開けてみると友人の顔が。どうも暇だから野球でもしないかという誘いらしい。まったく、何でこんな暑い夏の真っただ中に外に出て汗をかかなければならないんだ。
自分は不満の声を友人に叫ぶ。すると友人はポケットから一冊の本を取り出した。遠目なのでよく見えないが、あれは教科書で見たことがある旧約聖書ではないだろうか。なにゆえそんなものを持ち歩いている。はてなマークを頭に思い浮かべていると、友人はそのまま声高らかに叫んだ。モーセは数々の奇跡を起こした、海を真っ二つにするほどの大きなことだ、だから行こうと。
まったくもって意味が分からない。モーセのその話に何を共感しろというのか。友人は続ける。モーセは法を作った、だから行こうと。
だからまったくもって意味が分からない。おそらく躍起になっているのだろう。何が何でも自分を家から連れ出したいという気持ちが大きく、理由なんて考えるよりよにかく連れ出そうと意気込んでいる。
はあ、分かったよと結局こちらが折れる形で、この暑い日差しの中繰り出すことになった。モーセのように暑さを真っ二つにできればいいのにな、と思った。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
野球創世記 ※未完
作者:しろのさくら お題:急な野球 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:313字
アダムとイブは楽園を追放された。林檎を食べたことで知識を得た二人は、以前の生活には戻れなくなった。今まで食べて踊って寝るだけだった二人はそれだけでは満足できなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:悔しい御曹司 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:886字
「千個目だからって緊張したりして」正直緊張している。すぐに緊張するタイプの生き物だからだと思う。即興小説十五分の部、千個目をどうしたらいいのだろうかという疑問で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:ゆるふわ愛され靴 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:669字
吸血鬼だし、旧約聖書でぶん殴ったら死ぬんじゃないかなと思ったが駄目だった。やっぱり十字架とか白木の杭とかじゃないと駄目か。わりばしでDIY。そんなわけで最近、近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
昼間の件で ※未完
作者:青木零と宮島治子 お題:昼間の、と彼は言った 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:627字
生ビールを二つ、こつりとぶつけて、簡単に乾杯を済ませる。ぬるいビールを一口飲み下し、俺は早々に切り出した。「で、話って一体なんだ」寺島はまだ心の準備ができてない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蛙田あめこ@『女だから、と〜』2月25日発売!!! お題:東京駄洒落 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:295 人 文字数:1018字
なっしゅ、なっしゅ、というみすゞ飴を食するときのみに有効な擬音を響かせながら、木暮さんは歩いた。ジリジリと照りつけるアスファルトからの反射光。濃い影。鮮烈な日差 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:素人のエリート 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:1143字
素人も極めると、結構すごいんじゃないか?という想像から僕は素人としてやっているけども、もう実際結構長いあいだ素人をやっている。でも全くすごくない。まったくすごく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぱぱっぴぷぺっぺぽぽ お題:ゆるふわ愛され葬式 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:374字
最近流行りの、予算を安くうかせた葬式をやろうと考えた。ある葬儀社に頼んで、安くなるならどんなことでも、というプランで組んでもらった。洋式で行うとのこと。思ったよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:12月の嘔吐 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:929字
先月の末の事です。はなはだ恐縮ではありますが、年の瀬もせまる年末が奇しくも重なる先月末、私は彼といつも通り、知り合いが働いている場末の居酒屋で飲み交わしたわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:緩やかな悪魔 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:265 人 文字数:1273字
傍らの少女が嫣然と微笑む。 従姉妹には彼女の姿は見えていない。どことなく僕に姿形の似た、細身の黒髪の少女だ。黒いセーラー服に、黒いタイツ。僕の傍らに寄り添いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:腐った惑星 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:256 人 文字数:1092字
我々が発見した惑星は腐っていた。「そういえばきょう、学校に来る途中、自転車で二人乗りしている高校生がいたのね、」「男子? 女子?」「男子ふたり。」「ほほう。」 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月のカラス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:262字
3月の肌寒さを感じ、疲れはてた体に身を任せ、ソファーに倒れた。まぶたが重くなってくる。意識は薄れていきそして、ソファーの心地いい暖かさに包まれながら目を閉じた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた山 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:268字
最後にこの山を出るのは自分になった。なだらかな坂を下りながら振り返ってみる。穏やかな風が流れる、いつ見ても同じ姿の山がそこにはあった。山は何も変わっていない。何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい朝飯 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1033字
朝目覚めると、お父さんが台所に立っていた。珍しいこともあるものだと思い、僕はお父さんの背に向けて、声をかける。「おはよう。何つくってるの?」 僕の声を聞いたお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の独裁者 必須要素:武田鉄矢 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:2564字
今思い返すと昨日のあれは何だったのだろうか?休日の朝を、少し手の込んだ朝食を並べ優雅に過ごしていたらそれは突然現れた。「さっさとあけないか馬鹿もの!!」と入り口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える彼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:270字
彼はいつでも、燃えている。 夢に、理想に。料理から勉学まで。 そんな彼が眩しくて付き合い始めたけれど、最近は、彼との付き合いに疲れてしまっていた。 だって、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:哀れな教室 必須要素:100字以内 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:252字
いくつもの机と椅子が置き去りにされている。かつて、この部屋にはこどもたちの声が響いていたはずだ。しかし、今や、残されているものは静寂だ。ふと、目の前の机に意識が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた子犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:495字
吾輩は犬である。 名前はまだない。 …と、それっぽく言ってみたが、俺は生まれて1月くらいの子犬だ。 ちなみに名前はポチ。 朝から人間の散歩に付き合ってやって疲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と犬 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:630字
先程から、赤い首輪をした一匹の柴犬にじっと見つめられている。首輪がついているから野良ではないのだろうが、辺りに飼い主の姿は見当たらない。「なんだお前、迷子か? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい机 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:254字
今日もその机には一輪の花が揺れている。「……B組の〇〇さん、自宅マンションから飛び降りちゃったんだってー……」「……別に自○する要因なんてなかったのにねー…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大きなおっさん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:421字
ここのところ毎日夢を見る。悲しい夢だったり、怖い夢だったり、楽しい夢だったり、様々な種類の夢を見るが、共通していえることは【必ず大きなおっさんが出て来る】という 〈続きを読む〉