お題:遅いアルパカ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:830字

競走ラクダ
 育成計画は産まれる前にしておくことであって産まれてからじゃ遅い。
 競走馬が血の遺伝を持つように家畜も同様に遺伝する。
 だが、
「どうすんだこいつ」
 放牧場に一頭だけ残ってるアルパカを指差し講義する。
「どうするもなにも飼っておくしかないでしょ」
「グループに入り込めず、かといって競争ラクダにもなれないのに生かしておくのはどうなんだ?」
「なら食べる? ラクダのお肉って美味しいみたいよ。アルパカは聞いたことないけど」
 食べるか……。
 間抜けそうな顔したやつが肉になるとどんな味がするのだろうか。いや……間抜けそうな味がするのだろう。
「うーんちょっと調教変えてみるよ。ダメ元だけどね」
「あぁ頼む。ダメだったら友だちに譲ることにするよ」
 とりあえずメールでも送っておくか。あいつなら変えられるかもしれん。
 うちは……競争ラクダの育成はあまり上手く行ってないのは事実。遺伝する血もよくない。もっと優秀な血を入れられればいいのだが資金不足。
 大舞台での勝利は遥か遠く、有名なラクダ主でもない。よくてあいつが持ってるラクダの血を混ぜるくらいだがそれだって限度がある。
「どうしたら上手くいくんだろうな」
「どうでしょうね。調教としてはまずまずなんですけど、レースとなると……」
 気まずそうな顔をされた。
 自分が力不足だという認識があるのだろう。こちらとしては安い給料でよく残ってくれてるという感じであって不足とは思ってない。
 少なくとも勝てないラクダを育ててるわけじゃない。こないだのレースでは勝利することができたのだから悪くない。
 あるとすれば、俺のセンスかもしれない。
「環境を変えるというのも手ですがいかんせん時期が悪いような気がします」
「草ぼうぼうだものな」
「はい。業者が入ってもまたすぐに伸びてしまいます」
 はぁと二人のため息が重なった。
「母体の様子を見てくるよ」
 そういって俺は妊娠してるアルパカの小屋へと向かった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月のカラス 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:262字
3月の肌寒さを感じ、疲れはてた体に身を任せ、ソファーに倒れた。まぶたが重くなってくる。意識は薄れていきそして、ソファーの心地いい暖かさに包まれながら目を閉じた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:487字
「本当さんって知ってる?」「本当さん?」「ほんとうはコンドウさんって人らしいけど。」そこで言葉を切ると、カナエは音を立ててメロンソーダの残りを吸い込む。クリーム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1878字
「うしなわれてしまった自分の”ギフト”について考えるのって、どんな気持ちなんですか?」 言ってしまってから、しまった、とおもった。でもこの世界のたいていのストレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた山 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:268字
最後にこの山を出るのは自分になった。なだらかな坂を下りながら振り返ってみる。穏やかな風が流れる、いつ見ても同じ姿の山がそこにはあった。山は何も変わっていない。何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:イタリア式の青春 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:596字
なんなんだよ、いったい!!『こんな地味なお団子じゃなくてぇ、カラフルなジェラートとかぁ』『ただ広いだけの原っぱじゃなくてぇ、綺麗な街並みの見える丘とかぁ』『そん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:織倉未然 お題:ゆるふわな殺人犯 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:415字
その日、S市中央区にある○山庭園は、穏やかな日差しに包まれていた。優しい風がそよぎ、木漏れ日がくすくすと笑っていた。男は地面に突っ伏していて、血の池に浮かんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える彼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:270字
彼はいつでも、燃えている。 夢に、理想に。料理から勉学まで。 そんな彼が眩しくて付き合い始めたけれど、最近は、彼との付き合いに疲れてしまっていた。 だって、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ゆるふわな殺人犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:463字
ピンクハウス、とか呼ぶのだったか。 ”ふりふり”のたくさんついた、フェミニンな服装に、野犬にでも出会ったような驚きがあった。 あぜ道を、水門の様子を見に来て、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:誰かのフォロワー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1111字
この世の中はにある全てのモノは、誰かに続いたフォロワー。 ということはわかっている。ので、このお題はあまりよろしくはない。お題だけで綺麗だったり、磨くところが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:暗黒の唇 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:999字
なにも見えなかった。だけれども、感触は今もはっきりと思い出せる。 大袈裟に言えば、生まれて初めて、自分以外の人間がこの世に存在していることがわかった瞬間だった 〈続きを読む〉

日ノ宮理李の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:ロシア式の天才 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:864字
さぁ劇をはじめようと彼女はいった。 そこからすべてが確かにはじまった。いや……すべてが終わったのかもしれない。 to. 世界のあり様が彼女が解き明かしてまず国 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:10の狐 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:839字
契約によって狐は縛られていた。 それは主を忘れないように愛するための絆の証。 10個の封印によって狐は少女になった。本来少女は化ける能力を持っていた。しかし主 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:鋭い凶器 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:892字
心臓に刺さったトゲは深く背中まで貫通していた。 それを勢いよく引きぬくと、隣人は血を吐いた。「……」 なにやら口をモゴモゴして話してるようだけど聞き取れない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:くだらない作品 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:816字
『先生 今回もお見事でしたね。 母に向けたメッセージという子どもめいた部分はたくさんの母親世代がときめきをえたようです。 また子どもが親に愛を求めてるという部分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:自分の中の解散 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:910字
試行錯誤をしているとふいに諦めが湧いてくることがある。 テスト前の勉強がまさにそれ。 だってしょうがないじゃない。自分ができないことはできない。やる前からそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:遅いアルパカ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:830字
育成計画は産まれる前にしておくことであって産まれてからじゃ遅い。 競走馬が血の遺伝を持つように家畜も同様に遺伝する。 だが、「どうすんだこいつ」 放牧場に一頭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:過去の出会い 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:915字
もしも今がないのならば、それはきっと過去ということになる。「ねぇねぇまたアルバム見てるの?」 首を傾げながら彼女が尋ねる。「思い出だからね。色あせないように振 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:せつない弁当 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1020字
「お前の弁当壊滅的に真っ白だな」「凄いだろ」「誇れることじゃないが……足りるのか?」「腹は満たされるだろうな。栄養は足りないだろうが」「ごはんはおかずっていうく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:茶色い水たまり 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:813字
外に出ると水たまりが目に入ってくる。 雨が降ったわけでもないのにそこら中にあるそれは、茶色できれいとはいえない。 おまけにひどい悪臭すらする。その癖なにか呪を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:マイナーな許し 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:809字
人の味を知った獣は始末されるのがこの世の摂理である。 だが、人が人の味を知っても始末されるわけじゃない。何かしらの理由で見逃され罪に囚われない人がいる。 それ 〈続きを読む〉