お題:紅茶と高給取り 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1434字

angel dive
目前に広がる夕焼け。

世界を覆うようなオレンジ色に感銘を受ける。

こんな世界で生を受けたことに感謝しながら、下を見る。

動き続ける粒の数々。

こうしていると、この世の全てを支配しているかのように錯覚する。

だが、果たして支配されているのは、私か、彼らか。

何故私がこんなところに立っているのか。

それは、終末を望んでいたから。

ここに来れば、なにかが変わると思ったから。

だから、まさか本当に世界が変わるとは思っていなかった。

目の前に浮遊する天使。

彼女の微笑みが、全身をぞくりとさせる。

未知との遭遇。

その事実に、身体が震える。

まさか、本当に世界が終わってしまったのだろうか。

これから、7つのラッパが吹かれて、世界が終わってしまうのだろうか。

だが、目の前の天使はなにも言わない。

そこで、私は気づく。

これは、私の天使だ。

いや、ある意味で自分自身だと言える。

寡黙な天使はただ微笑んでこちらを見つめる。

そこに影はない。

だからこそ、天使が幻想であることを認知する。

「この世界に、救いはあるか」

それでも、私は敢えて問いかける。

私自身が抱いている思考の結末を。

『この世界に救いは無い』

予想している答えが返ってきて、安堵する。

やはり、天使は私の見ている幻想だ。

「私は、救われるのか」

『貴方は救われない』

予測していた答え。

いや、用意されている答え。

それを自分に突き刺す。

自らの生を確認するために。

「私に待つ罰は何か」

『貴方の罰は、無関心であったこと』

愛の反対は何か。

その問いの答えが、無関心であると聞いたことがあったから。

だからこそ、そう返ってきたのだろう。

ふと、口元を歪ませる。

これまでの質問で、目の前の天使が自らの幻想であるということを理解した。

けれど、その上で敢えてもう一度問いかける。

「貴方は私を殺せるか」

自我の消失。

私がここにいた証が消えるということ。

『私には、貴方を殺せない』

ある意味で、予想通りの答えだ。

やはり、自我は殺されることがない。

…だが、これなら。

「貴方は私になりたいか」

『私は…』

初めて、天使がたじろぐ。

もう一人の私に対しての問い。

否定ではなく、肯定でもない。

それは、天使がなにかを思考しているからだろうか。

それとも、人という曖昧な境界線を越えることができないからだろうか。

「質問を変える。
私は貴方になりたい。
貴方は応答するか」

『私には、″わからない″』

揺らぐ意識。

境界のいうものが曖昧な存在。

幻想と実体は違う。

けれど、世界なんてそんなものだろう。

今、自分が幻想と会話していること自体が歪なのだ。

「私は、この体を貴方にあげよう」

譲歩する。

貴方の意思を尊重するために。

自己の逃避を完結させるために。

『…わかった』

はじめて、天使が頷く。

邂逅。

この時、はじめて私は未知を手に入れた。

「ありがとう。
貴方の人生に幸あれ」

そう言って、体を後ろに倒す。

今、私の意識は目の前の崖から落ちた。

当たり前だ。

空に浮いていた天使の羽が消えたのだから。

けれど、これで私は自由の身。

どこへだっていける。

とびらを超えて真実を得ることも。

世界の真理を手に入れることも。

全て思いど

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:輝く秋 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1201字
いつの間にか夏が終わっていた。いや、いつの間にかだなんてことはない。今まで一番楽しかった夏休みだったと思う。正直言ってしまえば、凄くくやしい。だってそうじゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:有名な想い 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1189字
「好き」「知ってる」「愛している」「それも知ってる」「うーん。なかなかこう、思いを伝える言葉ってのは難しいね」「そうなの? ふーん。じゃあ数字だったら?」「メー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にいろちゃん@Vのモノ お題:彼の小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:288字
彼が紡ぎ出す文章は何よりも輝いて見えた。そんな光に魅せられていつしか私も筆を取るようになった。別に彼に追いつきたいとか、越えたいとかそう言った感情はなかった。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
剥製美術館 ※未完
作者:太郎 お題:おいでよ美術館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:362字
美術館というのは、美術がまだ紙とか、布とか、石膏とか、便器とか、そういう物理的な媒体を必要とした時代に、それら美術を収集、展示しまた保存することを目的として運 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:たった一つの夕飯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:527字
僕は夕食にはたったひとつのものしか食べない。 20代後半から、20年間ずっとだ。もちろん、人と食事をするときや、飲み会などの例外は除くが、家にいるときはずっと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かの吐息 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1319字
「はーあっ……」 大きな大きなため息をミサがつくので、わたしは「何か悩みでもあるの?」と尋ねてみた。「ううん、別に」 けろっとした顔でミサはわたしを見上げた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:弱い稲妻 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1073字
前回までのあらすじ。 クラスメイトの女子が大学生と付き合っていると聞いた二人は、その真相を掴もうと彼女と通話をすることになる。 一方、その女子は通知された名前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:少女の電話 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1101字
「寝取られ電話をやってみたい」「そうなんだ……。って、ねえ。ところで寝取られってなに」「……なんだろう。まあほら、なんかこう、一緒に寝ている人がいつの間にか変わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@りゅうはきらい お題:少女の電話 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1068字
「ねぇ迎えに来てくれない」 電話ボックスの中、少女が問う。「えっと雨降ってるからかな?」 その話し相手は幼馴染の少年。声変わりを迎えてるのにもかかわらず女性のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:意外!それは許し 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1238字
モテる男とモテない男の違いはわかる。 でも、”モテる男”と”モテる男”の違いはなんだろう。 ここでいうモテる、は、不特定多数の異性とお付き合いが出来る、という 〈続きを読む〉

クロエの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:女の表情 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:808字
視界が赤い。「ぐっ…ごほっ!」口から液体が溢れる。(っ…!いってぇ!)右肩を押さえながら、ゆっくりと立ち上がる。「あら、貴方の実力はその程度でしたの?」煽るよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:贖罪の旅行 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:980字
背中から一筋の赤い雫が零れ落ちる。それは、先程までは無かったもの。力の代償として身に受けた罰。「ごほっ…」手で口を抑え、液体を受け止める。(…最悪だ)どうやら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:12月の手 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1256字
暗い部屋の中。ぴちゃり。何かが落ちる音がする。(そっか…私)赤く滴る手を見つめながら鏡を見る。そこに映っているモノ。それを"壊す"ために手を取ったんだった。(… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:高貴なつるつる 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1554字
世界は悪意にあふれている。こう唱えたのは、果たして誰であったか。誰か一人の善意が、悪意へと変わるのは容易い。物の見方を変えてしまえば、世界は容易に形を変える。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:紅茶と高給取り 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1434字
目前に広がる夕焼け。世界を覆うようなオレンジ色に感銘を受ける。こんな世界で生を受けたことに感謝しながら、下を見る。動き続ける粒の数々。こうしていると、この世の全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2574字 評価:0人
カーテンから零れる光で、意識が浮上する。「んー…」ゆっくりと背伸びをする。瞼を擦り、目脂を取る。(顔、洗わなくちゃ……)フラフラと立ち上がり、洗面台へ向かう。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:限界を超えた14歳 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:661字
荒れ果てた大地を踏みしめながら、前へ進む。(この辺りに敵がいるはずですが…)指令では、この辺りに伏兵がいるという話だ。(…初撃には気をつけないと)そう思いながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:輝く抜け毛 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:634字
燃え盛る街を背に、敵を見据える。(相手は同じHIVシリーズ…)思考を回し、これからの行動を決める。(あのフォルムは恐らく150型…)至る所にあるジョイントの数と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:あきれた罪人 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1223字
荒れた大地をゆっくりと歩く。揺れるコート。吹き荒れる砂埃。今まさに、俺は旅をしている。「…ねぇ、そんな感傷に浸ってないでさぁ、答えてよ」「…なんだ」そう、一人で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロエ お題:遠い宗教 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1290字
0と1。その境にあるものは、果たしてなんなのか。曖昧という言葉に隠されたもの。それは、真であり、裏である。では、0がいくつ並ぼうが、1がついていれば1なのだろう 〈続きを読む〉