お題:突然の芸術 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:445字
[削除]

独り言
箸にも棒にもかからない文章を日々書いている。何も好き好んでやっている訳でもなく、いつか僕に認められるような作品が書けるのではないかという淡い夢を見てるからだ。ポイントとしては誰かにではなく、あくまでも僕に認められなければならない。自分が満足出来ないものなんて、サーカス団の熊のごとき気持ちになる。ああ、うまい言葉が見つからない。意味のない文章だ。
でも、可能性の橋を渡っている気持ちにはなれる。何事も無からは、何も生まれないからだ。文章と文章が絡み合って、突然良い作品が生まれるかも知れない。いや、無いよな。また悲しい夢を見ただけだ。
誰が、暇つぶしで会える友人こそ、本当の友人だと言ってたな。暇つぶしで書く文章こそ、本当の自分なんだ。だとしてもそこに意味はない。芸術が必要なら、労働は排除しなければならない。労働からは芸術は生まれない。突然、何者かになれるわけなんてない。
でも進化はある。それは命の生き死にを繰り返した果てにだ。なんせ、僕1人に与えられた時間ではとても追いつけないのだ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
廃校のしらせ ※未完
作者:水床海老 お題:哀れな教室 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1567字
昼休み、職場での食事中にスマートフォンで流し見していたニュースの見出しに、古い記憶が引きずり出された。 母校が廃校になるらしい。 感傷、というほど強いものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:正しい汗 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1061字
木島にはちょっと変わったところがある。目ん玉が見えないことだ。 障害があるとかそういう重い話ではなく、常に笑っているので、細目でいつも目ん玉が見えない顔だとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あだごと ※未完
作者:akari お題:天才の夏 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:456字
「身辺整理をしようと思うんだ」 唐突な琢海の発言に、私は思わず呆けた顔を見せてしまった。「……何かあったの?」「特には。けれど、色々と煩雑になってきたから一度奇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜田ライラック@VTuber準備中 お題:淡い女の子 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:821字
教室の窓側にふと目をやると1人の少女が黙々と読書をしていた。あの子はいつも1人で読書をしている。誰とも話さずに。僕は何故だか気になってしまった。どんな本を読んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜田ライラック@VTuber準備中 お題:不本意なサーカス 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:353字
僕は、とあるサーカス団で働いていた。サーカスの舞台に立って、たくさんの人を驚かせたり笑顔にするのが昔からの夢だった。けど現実は厳しいのだ。テントを設営したり仮設 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
しぶしぶ ※未完
作者:akari お題:ありきたりなコメディ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:697字
笑わせてやろう、そう思った。「………」 ブランコで項垂れている少年。地面に届かないその足をぶらつかせもせず、ただその場に座りこんでいる。 ――しけた面。 彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Sh2-277 お題:愛と憎しみの弁護士 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1416字
「原告 主訴」「原告 弁論」…文書を分類してカテゴリー別にファイリングをしていた。「事務員を雇おうか」と悠人は考えていた。というのも、独立をして事務所を構えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雨宿り ※未完
作者:akari お題:謎の雨 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:477字
雨が降り続いている。 ずっと止まない雨。かれこれ一年は降っているか。洪水にならないと一時期は心配になったこともあったが、どういうわけか、雫は雪のように降った傍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:三角葦(サンカク アシ) お題:苦しみの神話 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1142字
人はそれを、神話と呼んだ。苦しみの、神話と。 その場所には、とうの昔から、大きな岩があった。盆地の中心にぽつんと、たたずむそれ。ひとつの村である盆地は大きくも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Kanata Soukyouin お題:間違ったあの人 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:871字
朝の通勤ラッシュ。電車内はほどほどに混雑している。俺は今、どうしようか物凄く迷っている。それは間違ったあの人に教えるか教えないか。教えることが親切にとらえられる 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月のカラス 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:262字
3月の肌寒さを感じ、疲れはてた体に身を任せ、ソファーに倒れた。まぶたが重くなってくる。意識は薄れていきそして、ソファーの心地いい暖かさに包まれながら目を閉じた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた山 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:268字
最後にこの山を出るのは自分になった。なだらかな坂を下りながら振り返ってみる。穏やかな風が流れる、いつ見ても同じ姿の山がそこにはあった。山は何も変わっていない。何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい朝飯 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1033字
朝目覚めると、お父さんが台所に立っていた。珍しいこともあるものだと思い、僕はお父さんの背に向けて、声をかける。「おはよう。何つくってるの?」 僕の声を聞いたお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の独裁者 必須要素:武田鉄矢 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:2564字
今思い返すと昨日のあれは何だったのだろうか?休日の朝を、少し手の込んだ朝食を並べ優雅に過ごしていたらそれは突然現れた。「さっさとあけないか馬鹿もの!!」と入り口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える彼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:270字
彼はいつでも、燃えている。 夢に、理想に。料理から勉学まで。 そんな彼が眩しくて付き合い始めたけれど、最近は、彼との付き合いに疲れてしまっていた。 だって、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:哀れな教室 必須要素:100字以内 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:252字
いくつもの机と椅子が置き去りにされている。かつて、この部屋にはこどもたちの声が響いていたはずだ。しかし、今や、残されているものは静寂だ。ふと、目の前の机に意識が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた子犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:495字
吾輩は犬である。 名前はまだない。 …と、それっぽく言ってみたが、俺は生まれて1月くらいの子犬だ。 ちなみに名前はポチ。 朝から人間の散歩に付き合ってやって疲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と犬 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:630字
先程から、赤い首輪をした一匹の柴犬にじっと見つめられている。首輪がついているから野良ではないのだろうが、辺りに飼い主の姿は見当たらない。「なんだお前、迷子か? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい机 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:254字
今日もその机には一輪の花が揺れている。「……B組の〇〇さん、自宅マンションから飛び降りちゃったんだってー……」「……別に自○する要因なんてなかったのにねー…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大きなおっさん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:421字
ここのところ毎日夢を見る。悲しい夢だったり、怖い夢だったり、楽しい夢だったり、様々な種類の夢を見るが、共通していえることは【必ず大きなおっさんが出て来る】という 〈続きを読む〉