お題:進撃の同情 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1093字

哀れな同情屋
「うん、わかるよその気持ち……」
 トモサカはよくそういうことを言う。
 簡単に同意を示すので、トモサカは優しいという評価をもらっていた。
 「はぁ?」と思う。全開の「はぁ?」だ。首が90度を超えて傾く。耳が肩につくレベルだ。
 何でもかんでも、「わかるよその気持ち」じゃないんだよ。
 わたしが一番イラついたのは、ヒロちゃんにそれを言った時だ。
 ヒロちゃんは去年、お父さんを亡くした。一応、奨学金なんかで高校は卒業まで通えるらしいが、その先は不透明だ。お母さんも勿論働いているが、それだけでは厳しいのが今の世の中だ。
 ヒロちゃんは成績がいい。仲間内じゃ多分一番いい。勉強も好きだ。でも、大学進学は諦めないといけない。奨学金を借りても、返せるようになるかは難しいし、何よりも家計を助けねばいけないと使命感を持っている。
 そんなヒロちゃんに、トモサカは「わかるよその気持ち」と言うのだ。
 ふざけるなよ、と。お前みたいにふわふわ生きてて両親どころか祖父母も健在で、毎年正月にはグアムかハワイに行ってるようなヤツが、ヒロちゃんの気持ちを分かるはずがないのだ。葬式だって出たことがないに違いない。よくもまあ軽々しく口にできるもんだ。
 さすがに、わたしはトモサカにキレた。ちょっと来い、と引っ張って詰めた。
 トモサカは泣いた。そしてわたしを悪者にした。わたしの怒りには「わかるよその気持ち」とはならなかったらしい。クラスメイトを泣かして担任が介入するという小学生みたいなことになって、わたしは反省文を書かされた。

「アホじゃないの?」
 トモサカとヒロちゃん、そしてわたし。その三人ともを知っているユウコはそう断じた。
「いや、アホって……。でも、ああいう態度許せないじゃん。上辺だけっていうか」
「まあね」
 ユウコが同意を示したので、わたしは驚いた。ユウコこそ、トモサカを優しいと持ち上げ、癒し系だのなんだのと肯定的な評価を与えている張本人だったから。
「誰だってさ、トモサカが気持ちわかってくれてるなんて思ってないよ」
「やっぱり?」
 そりゃそうでしょ、とユウコは肩をすくめる。
「あいつは同情っぽいことを言って、それらしい態度をとって、それで終わりって人間じゃん? そんなの、よくわかってるよみんな」
 あんたが怒らなくても、とユウコは付け加えた。
「だけど……!」
「みんな、っていうのはもちろん、ヒロちゃんも含めてのことよ。トモサカに何言われようがさ、虫が飛んでるぐらいにしか思ってないよ」
 謝っとけ、とユウコはわたしにトモサカへの謝罪を促したが、わたしは拒否した。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:輝く秋 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1201字
いつの間にか夏が終わっていた。いや、いつの間にかだなんてことはない。今まで一番楽しかった夏休みだったと思う。正直言ってしまえば、凄くくやしい。だってそうじゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:有名な想い 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1189字
「好き」「知ってる」「愛している」「それも知ってる」「うーん。なかなかこう、思いを伝える言葉ってのは難しいね」「そうなの? ふーん。じゃあ数字だったら?」「メー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にいろちゃん@Vのモノ お題:彼の小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:288字
彼が紡ぎ出す文章は何よりも輝いて見えた。そんな光に魅せられていつしか私も筆を取るようになった。別に彼に追いつきたいとか、越えたいとかそう言った感情はなかった。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
剥製美術館 ※未完
作者:太郎 お題:おいでよ美術館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:362字
美術館というのは、美術がまだ紙とか、布とか、石膏とか、便器とか、そういう物理的な媒体を必要とした時代に、それら美術を収集、展示しまた保存することを目的として運 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:たった一つの夕飯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:527字
僕は夕食にはたったひとつのものしか食べない。 20代後半から、20年間ずっとだ。もちろん、人と食事をするときや、飲み会などの例外は除くが、家にいるときはずっと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:弱い稲妻 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1073字
前回までのあらすじ。 クラスメイトの女子が大学生と付き合っていると聞いた二人は、その真相を掴もうと彼女と通話をすることになる。 一方、その女子は通知された名前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:少女の電話 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1101字
「寝取られ電話をやってみたい」「そうなんだ……。って、ねえ。ところで寝取られってなに」「……なんだろう。まあほら、なんかこう、一緒に寝ている人がいつの間にか変わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@りゅうはきらい お題:少女の電話 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1068字
「ねぇ迎えに来てくれない」 電話ボックスの中、少女が問う。「えっと雨降ってるからかな?」 その話し相手は幼馴染の少年。声変わりを迎えてるのにもかかわらず女性のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:意外!それは許し 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1238字
モテる男とモテない男の違いはわかる。 でも、”モテる男”と”モテる男”の違いはなんだろう。 ここでいうモテる、は、不特定多数の異性とお付き合いが出来る、という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:太郎 お題:遅すぎた町 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:310字
目覚めた時、街を成す建物、街路、橋や鉄塔はそのあるべき外観を完全に保持してはいたが、そこを歩くべき人々の姿は全く見えなかった。私は2台の車を見た。絡み合うそれ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かの吐息 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1319字
「はーあっ……」 大きな大きなため息をミサがつくので、わたしは「何か悩みでもあるの?」と尋ねてみた。「ううん、別に」 けろっとした顔でミサはわたしを見上げた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:春の躍動 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1059字
もう四月も半ばを過ぎるというのに雪がちらついている。 気まぐれな春の天気というわけではない。この辺りは、ずいぶんと長い間冬を引きずっていた。 この年になってか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:僕の嫌いな大学 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1104字
僕の通うOK大学は全国でも指折りのFランだ。とりあえず大卒という肩書が欲しい人が通うための大学と言っていい。私大ながら学費は国公立並みにお安いところも魅力だろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:求めていたのは曲 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1039字
オリジナル曲を作るのは、バンドにとっての一つの夢だと思う。それが学生の部活動で作ったバンドであってもだ。 そんな俺の主張に、メンバーは難色を示した。「オリジナ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今年のロボット 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1130字
駄目だ、間に合わない。 「Y町一ロボットコンテスト」を三日後に控えたその日、自称Y町一の発明家、佐藤は頭を抱えた。 机上には白紙の図面しかなく、作業場は普段の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:贖罪の道のり 必須要素:パスタ 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:3287字 評価:0人
「パスタ食べてぇ……。パスタ食べてぇよ……」 なあ、と男は運転席に身を乗り出して話しかける。ハンドルを握る運転手は、微動だにせずに前方だけを見つめている。「パス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの悪魔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1242字
棚の上に置かれていたのは、10体ほどの白い置物だった。いずれもカールした髪で鳥の羽を背中にはやした男の子の姿をしていて、表情は柔和だ。手にはラッパや小さな弦楽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:哀れな罪 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1268字
「人間はみんな罪を背負って生まれてくる哀れな存在です」 駅前を通りがかると、宗教家らしい中年の女が演説をしていた。法衣を着てひっくり返したビールケースの上に立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昼の貯金 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:979字
これは俺の昼の顔だ。 空木ハルヒトはそう自分に言い聞かせていた。 幼いころから「こうしなければ駄目だ」という規範的な思考の中で生きてきた彼は、厳しく自分を律す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える超能力 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1391字
元警察官だ、と名乗ったその男は、玄関先で膝から崩れた大地ミヨコを抱きかかえ、「ともかく」と家の中に運んだ。「すみません……、本当に……」「いえ、こちらこそ、急 〈続きを読む〉