お題:めっちゃ小説訓練 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1228字

いびきから寝言へ
小説の訓練の一環として、ラジオをテープに録音して、それを文字に起こすようなことをしている。いわゆるテープ起こしみたいなこと。どんな効果があるか、もっと言えばそれが訓練になるのかどうかはわからないが、自分ではない他人が何を思って何を考えているのか文字にすると結構わかる。気がする。言葉遣いとかも人によって違うし、どこに力を込めているのかも違う。一言ごはんという言葉でも、私は白米を想像するけども、人によってはパンだったり、麺だったり、ナンだったりする。当たり前のことだけども、不思議に感じて楽しい。

あとやっている最中は私自身は何も考えていないのもいい気がする。聞くことに集中しているからだろうか?頭の中を空っぽにしてやっているようだ。とにかく言葉を聞き、それを文字にする。

最初のころは疲れて疲れてへとへとになっていたが、最近慣れてきたのか随分とできるようになってきた。だから手を広げて、テレビで言ってることも文字に起こしたり、映画も文字に起こしたりしている。アニメとかも文字に起こしたりしている。

できたものを読んでみると、どれも違う。これが何とも面白い。

あと、こないだからいびきも文字に起こしてる。

隣の家の人が夜いびきをかくことがあって、なんとなくそれを文字に起こしてみたら、結構面白かった。

「ぐおおおお」とか、「ぎいいいい」とか、「ふしゅううう」とか、そのまま効果音に使えそうな素材がいくつも収集できる。

時には、
「あれどうなったっけ?」
とかセリフも収集できる。他にも、
「横の粘土がさあ」
とか、
「昨日食べました」
とか、
大抵は意味のないものではあるが、それを収集するということに意義を見出している。どこかで使えるかもしれない。そういう思いがある。それは実際どうなのかわからない。これからのどこかで使われるのかもしれないし、使われないのかもしれない。それはわからない。

でも、それが楽しい。

いびきにもバリエーションがあるんだということが知れたし、寝言も聞けるし、こういうことをやらなかったらきっとそれが楽しいとかそういう風には思わなかっただろう。ただ単にうるさいだけ。それだと精神衛生上もつらい。つらいことは楽しくない。

なんであれ、楽しめることはいいことだと思う。

昨日も隣からいびきが聞こえた。もちろんそれも文字にした。

最初はぐおおおおだった。ぐおおおおに強弱があり、それが断続的に続いていた。途切れたり、長くなったり、

そして次第に寝言に変わった。

「・・・なあ、お前聞いてるだろ?こっちの声、聞こえているだろ?どういうつもりか知らないけど、でもわかってるんだぞ。お前こいつの寝言を聞いてるだろう?今はこいつじゃないんだよ。俺がしゃべっている。こいつは気が付いていない。でも俺はちゃんとわかってるんだぞ。おい。もういいかげんにしろよ。出ないと、殺すぞ。おい。わかってんのか?殺してやろうか?なあ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦の借金 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:807字
ネットオークションで売っていたのが、まさかの戦艦。うん千万するし、どこに置いておけるんだという気がしないでもないが、落札してしまった。200万円程、銀行から借金 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:遠い成功 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:476字
妻は夫のいびきに辟易しており、もはや同室で寝るのは不可能というほど困っていた。枕を変えたり、横向きに寝かせてみてもやはり夜中に何度も起こされ、そのたびに失望を覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不可能はない ※未完
作者:朱根標 お題:絵描きの作品 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:572字
絵描きというのにもいろいろあるもので、風景画抽象画と雑把な区分の中で好きに描くのもいれば、花だとか鳥だとかひとつのテーマしか描かないのもいる。件の絵描きは後者の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:刹那の星 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:350字
遠く遠くに 輝く星があるたまに光ってる 珍しい星がある活動をしているのかは よくわからないというのも 光がきまぐれ専門学者が 研究しても分からない宇宙の果ての神 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:実演販売でスライスされる螺子(FancyMeat62@ingress) お題:刹那の星 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:499字
君のために何かできることはあるだろうか。多分、ない。稼ぎが少ないだとか、家柄がどうとか、体育は何やってもてんでだめだったとか、そんな話ではなく、俺にはおそらく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:危ないサッカー 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:283字
「ふっ、大したことないね。君たち。」彼の決めゼリフと共に繰り出される必殺シュート。彼の蹴ったボールは龍神を纏いながら敵のゴールへと向かう。まさに龍のいびきのごと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋冬('w' ) お題:どこかの博物館 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:599字
骨だけの恐竜が私の頭を噛み砕こうと、大口を開けて向かってきている。なんて、被害妄想も甚だしい。秋が迎えた麗らかな午後。柔らかい日差しの中、私は博物館に来ていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗 ※未完
作者:匿名さん お題:都会の勇者 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:700字
都会の勇者は都会の勇者だ。 都会に生まれ、都会で育ち、都会で訓練を受けた。 彼は訓練に耐えた、剣の腕では負けなし。公の場の訓練でも負けなしだ。 最新の教育を受 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:犬の結末 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:300字
「どうです、悲惨でしょう?」 かれは愉悦を必死に押し殺して悲しそうな顔を作っていた。「もしも、もしもです。あなたが買っている犬を野生に解き放ったりしたならば、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:永遠の妻 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:999字
母さんのことが嫌いになったのは、いつからだろう。私が嫌われたのは、いつからだろう。どちらが先だったのか。果たしてどちらかが先だったのか。今はもうわからない。 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ぐちゃぐちゃの窓 必須要素:スケベ人間 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:2847字 評価:0人
苛烈というにふさわしい夏。猛暑。連日の熱帯夜。レンチンされてるような日々。そんな日々の中に二日ばかりぽっかりと空いた日があった。お盆である。どこに行っても混んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな恋人 必須要素:10円玉 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:877字
一人でやることもなく、恋人も出張でおらず、動画視聴やら音楽を聴いたり、マニュキュアを塗ってみたり、足の薬指と小指だけは藻みたいな色のグリーンを塗って、「これはな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:シンプルな、と彼女は言った 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1083字
つい先日、彼女の左目が取れた。別に口論もしてないのに、タクシーに乗ろうとしたら知らねえ男の人から傘でこめかみを突かれて、取れたらしい。「ビリヤードみたいだね大丈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:マンネリな別れ 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1152字
「もう別れる」知り合いの二人が別れるんだという。「私も別れるのがいいと思う」二人はそれぞれ互いに別れることに前向きであった。問題があったんだろう多分。このまま続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:朝の体験 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1045字
気が付いたら目が覚めていて、布団から上半身が起き上がっていた。「は?」なんで?さっきまで寝てたのに。なんで起きてるの?私?意味が分からない。時計を見るともう少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:安い育毛 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1124字
近所のジェーソンに買い物に行くと、「すごくいい育毛剤・・・50円!」という驚きの値段で売っており、すごくいい育毛剤という名称のくせに50円というのはどういう事な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あいつと秘部 必須要素:日本酒 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1017字
成人を過ぎたあたりから、学生時代の後悔がいろいろと己の身にあふれてきた。例えば、「部活とかやってなかったなあ」とか、そういうのだ。中学時代は何かの部活に入ること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:壊れかけのスキル 必須要素:醤油 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:986字
「おしゅし!」この暑いさなか、スーパーでテンションが上がってとち狂ってお寿司を買って家に帰った。「おしゅし!」おしゅしが食べたいと思ってしまったが最後、食虫植物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:思い出の事故 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:800字
800字以内で思い出の事故の話を書けという。800字かあ、それに思い出の事故と言われても、私は今までの人生の中で骨折とかしたことないし、車に轢かれた記憶もない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:もしかして帰り道 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:900字
最近また、即興バトルに参加できていない。「うああああああ!」緑のブログの方でも触れてはいるが、あれは言ってみたら対人用のリアクションだ。比較的おとなしめのやつ。 〈続きを読む〉