お題:ラストは薔薇 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1047字

最初から薔薇
「薔薇野郎」
そんなことを言われたのは初めてで、え?なんすか?ってなった。
「薔薇野郎め」
なんだそれ、なんだその野郎は、私がそんな感じに見えているんだとしたらこの人の目は義眼か、あるいは複眼か、なんだったら見えてないのかもしれない。視力ゼロ。

「馬鹿野郎っていうのは人生で何度も言われたけど、薔薇野郎って言われたのは初めてです」
でもまあ、どう見えているにしても薔薇野郎って言われることに不快感はない。ハキダメギク野郎とか継子のしりぬぐい野郎とか、オオイヌノフグリ野郎とか言われると、何こいつ私が007だったらついでに殺すんだけどーってなるけど、薔薇野郎っていうんだったらまあいいじゃない。ローズメンでしょ?いいじゃない。あんな層みたいになってる花、なかなかないでしょう?パイの実みたいな・・・それだと安い感じになるかな・・・、ミルフィーユみたいになってる花野郎っていうことでしょ?

「そういった」
「何?」
急にまた何か言われて、想像を止めた。脳内では早く次に行きましょう。みたいになってたが、メタスラの矢印が出てる感じになってたけど、とりあえず止めた。

「そういったんだよ」
「え?何のこと?」
薔薇野郎って言われたことで、その人への興味を失いつつあり、薔薇野郎の想像がとめどなくあふれそうな状態なのに、もう私の中でその人は過去の人となりつつあって、視界からも消えていたのに、急にまた視界に入ってきて、なんか言うもんだから、もうわけわからんっていう状態になった。

「俺はお前のことをば、か、野郎って言ったんだよ」
「嘘言えよ」
もう止まれない。今更そんなこと言われてももう無理。薔薇野郎って言われたし。私の耳はそうキャッチしたし、こないだ視力検査した時も高いピーから低いピーまで全部聞こえたし。

何よりも薔薇野郎がすでに脳内にあふれているし。ビオランテの第一形態みたいな状態だし。もう無理よ。実は馬鹿野郎って言われていたとしてももう無理よ。受け付けない。そんなことは無理。受け皿がいっぱい。薔薇でいっぱい。あふれてる。においだって感じるくらい。

「さっき歯医者に行って歯の治療したんだ。だから麻酔が残ってて」
そいつは言い訳がましく何か言ってきた。

「だから薔薇野郎って言ったっていうの?」
「そうそう」
無理だなー。それしきのことでは納得できないなあ。

「歯抜いたっていうんだったらまあ、まだましかもしれないけど」
「薔薇野郎」
ほら絶対に薔薇野郎って言ってるって。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:名前も知らないうどん 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1252字
適当に作るうどん。適当に作っているうどんなのだから、名前なんて有りはしない。適当に冷凍うどんを買い、適当に茹でて、適当に天かすやらわかめやら、昨晩の残り物のお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:君の喜び 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:434字
最初は花を贈った。 君はすぐさまそれをゴミ箱に放りこんだ。「花なんて、大嫌い。あんなの、すぐに萎れちゃうじゃない。」 次はラブレターを贈った。心をこめて、10 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の悪魔 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:314字
「今日も疲れたぁ~!」時計の針はあともう少しで3時を指すところ。やばっもうこんな時!?明日も朝練あるのに…。私は勢いよく、寝具に滑り込んだ。夢とは、覚えていなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
卵王子 ※未完
作者:匿名さん お題:やわらかい王子 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:732字
「やあ。......どうやら君が、噂のお姫様のようだね」 困惑している。どうすればいいのかわからないしこの状況に脳の理解が追いついていないし何よりも自分が何を見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人気者ソウタ ※未完
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:群馬の子犬 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:666字
オイラはソウタ!人間にそう呼ばれている。楽しいことが大好きで、身体を動かすことも大好き!だから、人間と遊ぶのはすっごく大好き!!おっ、今日は近所の太郎が遊びに来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:群馬の子犬 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1340字
私は宇宙から来ました。定型文。宇宙から来た子どもは、もちろん宇宙語を母語にしている。外国語のようにしか、母国語を話せない。 一応国籍は日本なのだ。でも、それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:不屈の軽犯罪 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1126字
とんでもないとんでもない。飛んでも無いどこにもない。一変・大変・状況・改変・回転・雷鳴・時間が変わった。どんとんどどんと鐘が鳴る。あれは108n個の煩悩だ。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:志鳥ふみか お題:昨日の悪魔 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:172 人 文字数:1353字
散らかり放題の自分の部屋を見て、溜息を吐いた。 嘆いても仕方がない。今日もあの小悪魔どもはやってくるのだ。被害を最小限に食い止める努力はせねばならぬだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:昼の慰め 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:1408字
燦々と注ぐ真昼の光を透かして、薄紙のような朱色の花は燃え立つように鮮やかだった。 危険動植物管理課が所有する植物園の、門から最も遠く離れた位置にその花畑はある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふす お題:斬新な道のり 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:809字
このまっすぐな道を進めば初まりの村に着くと本能が告げている。と、言うよりはゲーム界では割とお約束というものだと思っていた。本能はそう、告げているのに、目を覚まし 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ぐちゃぐちゃの窓 必須要素:スケベ人間 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:2847字 評価:0人
苛烈というにふさわしい夏。猛暑。連日の熱帯夜。レンチンされてるような日々。そんな日々の中に二日ばかりぽっかりと空いた日があった。お盆である。どこに行っても混んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな恋人 必須要素:10円玉 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:877字
一人でやることもなく、恋人も出張でおらず、動画視聴やら音楽を聴いたり、マニュキュアを塗ってみたり、足の薬指と小指だけは藻みたいな色のグリーンを塗って、「これはな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:シンプルな、と彼女は言った 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1083字
つい先日、彼女の左目が取れた。別に口論もしてないのに、タクシーに乗ろうとしたら知らねえ男の人から傘でこめかみを突かれて、取れたらしい。「ビリヤードみたいだね大丈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:マンネリな別れ 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1152字
「もう別れる」知り合いの二人が別れるんだという。「私も別れるのがいいと思う」二人はそれぞれ互いに別れることに前向きであった。問題があったんだろう多分。このまま続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:朝の体験 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1045字
気が付いたら目が覚めていて、布団から上半身が起き上がっていた。「は?」なんで?さっきまで寝てたのに。なんで起きてるの?私?意味が分からない。時計を見るともう少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:安い育毛 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1124字
近所のジェーソンに買い物に行くと、「すごくいい育毛剤・・・50円!」という驚きの値段で売っており、すごくいい育毛剤という名称のくせに50円というのはどういう事な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あいつと秘部 必須要素:日本酒 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1017字
成人を過ぎたあたりから、学生時代の後悔がいろいろと己の身にあふれてきた。例えば、「部活とかやってなかったなあ」とか、そういうのだ。中学時代は何かの部活に入ること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:壊れかけのスキル 必須要素:醤油 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:986字
「おしゅし!」この暑いさなか、スーパーでテンションが上がってとち狂ってお寿司を買って家に帰った。「おしゅし!」おしゅしが食べたいと思ってしまったが最後、食虫植物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:思い出の事故 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:800字
800字以内で思い出の事故の話を書けという。800字かあ、それに思い出の事故と言われても、私は今までの人生の中で骨折とかしたことないし、車に轢かれた記憶もない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:もしかして帰り道 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:900字
最近また、即興バトルに参加できていない。「うああああああ!」緑のブログの方でも触れてはいるが、あれは言ってみたら対人用のリアクションだ。比較的おとなしめのやつ。 〈続きを読む〉