お題:もしかしてボーイズ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:701字

臆病な僕
「もしかしてお前ら・・・・・・」
組んだ肩をそうっと外し、けれど視線は外さずに俺は良平を見ている。
そうだよ。もしかしてボーイズラブだよ。
でも『お前ら』じゃねえよ。俺だけだよ。こいつはただの同僚で今は体育会系の肩組だったわけだが。
でもって俺の意中の彼はお前だよ。だから『お前ら』と言うならお前も入ってくれな。
大体会って早々何なんだよ。何で会社の飲み会終わりにばったり道であったお前にそんな目で見られなきゃならないんだ。
何となく周りの雰囲気で察することぐらいできるだろ。
・・・・・・ああ、他の同僚やらは先に三次会行ってるんだった。
それにしても、だ。そんな知らないやつも含めて急にもしかしてって投げ掛けるなよ。俺はいいけど同僚がかわいそうだろ。
と、言うかそんなにそれっぽく見えてたってこと?俺が?同僚が?まさかどっちも?
いやいやいや、そんなことないだろ。
いや、でも、そうだな。それっぽく見えるんならもうそれでもいいか。
お前を好きになってもう五年。好きだと言うこともできないんだ。半ば諦めているしな。今の関係を壊さないように壊さないようにって懸命に努めていたんだけど、もうなんか全部面倒くさくなってきた。
関係を維持したところでお前に触れられるわけでもないし、好きだといえるわけでもない。
先のない関係なわけだ。
・・・・・・じゃあいっそなくしてしまってもいいかも。
無くすなら最後にキスでもしてやろうかな。もしかしてお前ら、じゃなくてもしかしてお前、だよとか言って。
よし、一生の最後の思い出にしよう。
ついでに、好きだと言おう。
「良平」
「な、なんだよ」
「飲み会中だからまたな」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月のカラス 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:262字
3月の肌寒さを感じ、疲れはてた体に身を任せ、ソファーに倒れた。まぶたが重くなってくる。意識は薄れていきそして、ソファーの心地いい暖かさに包まれながら目を閉じた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:487字
「本当さんって知ってる?」「本当さん?」「ほんとうはコンドウさんって人らしいけど。」そこで言葉を切ると、カナエは音を立ててメロンソーダの残りを吸い込む。クリーム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1878字
「うしなわれてしまった自分の”ギフト”について考えるのって、どんな気持ちなんですか?」 言ってしまってから、しまった、とおもった。でもこの世界のたいていのストレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた山 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:268字
最後にこの山を出るのは自分になった。なだらかな坂を下りながら振り返ってみる。穏やかな風が流れる、いつ見ても同じ姿の山がそこにはあった。山は何も変わっていない。何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:イタリア式の青春 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:596字
なんなんだよ、いったい!!『こんな地味なお団子じゃなくてぇ、カラフルなジェラートとかぁ』『ただ広いだけの原っぱじゃなくてぇ、綺麗な街並みの見える丘とかぁ』『そん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:織倉未然 お題:ゆるふわな殺人犯 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:415字
その日、S市中央区にある○山庭園は、穏やかな日差しに包まれていた。優しい風がそよぎ、木漏れ日がくすくすと笑っていた。男は地面に突っ伏していて、血の池に浮かんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える彼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:270字
彼はいつでも、燃えている。 夢に、理想に。料理から勉学まで。 そんな彼が眩しくて付き合い始めたけれど、最近は、彼との付き合いに疲れてしまっていた。 だって、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ゆるふわな殺人犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:463字
ピンクハウス、とか呼ぶのだったか。 ”ふりふり”のたくさんついた、フェミニンな服装に、野犬にでも出会ったような驚きがあった。 あぜ道を、水門の様子を見に来て、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:ロシア式の天才 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:864字
さぁ劇をはじめようと彼女はいった。 そこからすべてが確かにはじまった。いや……すべてが終わったのかもしれない。 to. 世界のあり様が彼女が解き明かしてまず国 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:誰かのフォロワー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1111字
この世の中はにある全てのモノは、誰かに続いたフォロワー。 ということはわかっている。ので、このお題はあまりよろしくはない。お題だけで綺麗だったり、磨くところが 〈続きを読む〉

あにぃぃの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:神の境界 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:748字
「嘘だろ・・・・・・」律也は後退り、その事実にわずかに怯えていた。目の前にいるのは確かに夏々である。その声も、その笑顔も、ふわりと香りも、そのどれもが夏々である 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:昔の接吻 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:494字
過去から来たんだよ。彼はそう言って私にキスをした。もしも本当にあなたが過去から来たなら、どうして私を選んだの。私が聞くと、彼は照れるように笑った。「俺の女房と似 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:光の恋人 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:443字
スノードーム、のようなものを作ってみた。小さなペットボトルの中にキラキラとしたラメや、小さなビーズと大きなビーズ、パールもどきも入れてみる。洗濯のりと精製水を混 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:小説の中の光 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:800字
「ほんと、毎日幸せだわ」彼は嬉しそうに笑い、○ねないな、とも言った。そのまま手に持ったカフ○ラテに口をつけたけれど、熱かったようですぐに離した。2日前、確か彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:もしかしてボーイズ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:701字
「もしかしてお前ら・・・・・・」組んだ肩をそうっと外し、けれど視線は外さずに俺は良平を見ている。そうだよ。もしかしてボーイズラブだよ。でも『お前ら』じゃねえよ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:計算ずくめの小説新人賞 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:519字
「やっぱりな」保は右口角をわずかにあげて薄く笑った。ほくそ笑み、のようなものだろうか。思っていた通りの審査員たちだった。今回から、保が応募する小説新人賞の審査員 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:今のデマ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:724字
「誰かと一緒だったらしいじゃん」背中を小突かれ、振り向くと彼女がいた。またやっかいな・・・・・・と思っていることを悟られないように顔をひきつらせる。「いや、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:当たり前の小説上達法 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:660字
願い事は叶わないのだと、そんなことは知っている。でも諦めきれぬことがあるなら、それは、きっといいことだ。そう歌っていたのは僕の好きなバンドだけれど、彼らももう解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:青い暴力 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:594字
お前の好きな音楽も、お前の好きな服のブランドも。お前の好きな色もお前の好きな食べ物も。お前の好きな時間。全部、俺は知らないよ。俺が知っているのは、お前の好きな体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:青い暴力 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:480字
貴方の好きな音楽と貴方の好きな服のブランド。貴方の好きな色と貴方の好きな食べ物。貴方の好きな時間と貴方の好きな人。貴方の好きな体位と貴方の好きな場所。すべてを吸 〈続きを読む〉