お題:寒い電車 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:517字

夜の海に取り残されてしまったので
腕時計に視線を落とす。

照明が落ちてから3時間45分、スマホの充電が切れてから約10分が経過したらしい。
室内を見渡すと、数人がうなだれていたり、横たわっている。
5時間前にはパーソナルスペースが5センチほどしかなかったこの場所も、ずいぶんと快適になったものだ。

窓の外を眺めると、海面が月の光を反射し、静かに揺れていた。

「みんなはさ、どうしたと思う」
「みんなって?」
「ここを出ていった人たち」
「ああ」

グレーのスクールバッグを開き、中に向かって話しかけると、眠たそうな返事が帰ってくる。

「眠っていたの」
「少しね」

夕子はそう言うと、もぞもぞとカバンの奥に潜り込む。首だけで器用に動くものだと毎度感心する。
貴重な話し相手は眠ってしまったし、爪の甘皮もすべて剥いてしまった。
髪の毛も完璧にセットし終えたし、化粧などはもう6度ほど仕上げては落とすのを繰り返していた。

再び腕時計に目をやる。
この電車が停止してから約5時間30分。
開け放された扉からは、すでに約8割の乗客が逃げ出している。

「寒いなあ。ねえ夕子」

返事はない。

「どこに逃げたって同じなのにね」

そう言って、ゆっくりと目を閉じた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ブッ殺しろみんマン お題:寒い電車 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:444字
渇いた音を立てて強い光が走った。スマートホンで、二人のツーショットを撮った。特に、猫耳とか髭は付けない。かわいく撮ったって仕方ないから。明るくなったのは一瞬で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:前田 お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:512字
ついに発見された遺体は金色の目玉で、捜索隊は「はて、これは本当に人間だったのかしら」と訝しんだ。その疑惑は隊員の思惑から完全に外れた位置において的中していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死神の目 ※未完
作者:もき お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:684字
少しでも指が目元に触れたり、意識的に目のことを考えると私は心のどこかから今まで経験したことのない、不安のような、ざわめきのようなものを感じることが多くなった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし(ヌケガラ) お題:今の俺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:533字
もう残った時間は少ない。この本の余白を使いここから脱出することについての考察を書いていく。直接脱出する為に必要なことは書いていない。あくまで三日三晩さ迷い続け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:激しいドロドロ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:940字
ドロドロとした液体が足元を流れてた。 触ってみると粘り強く鼻をつく臭いがする。 色は白、まるでとろろのようだ。「……?」 その元となったものを見ると、疑問しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された耳 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1159字
地下アイドル「ぶっこみ★ガールズ」は、大体20歳前後の女の子五人組でコアな人気があった。 天然で変なところで度胸のあるユミ、姉系でみんなのまとめ役のルネ、妹タ 〈続きを読む〉

環境の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:環境 お題:捨てられた雑踏 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:476字
約束とは、明日の予定を決めることである。連続する明日が、明日からなくなるなんて、誰が考えただろうか。いや、でもけっこうそういうのはみんな考えているし、今どき、よ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:近いところてん 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:318字
――こんにゃくが食べたい。サシミにしてもいいし、ただ茹でて田楽みそにつけるでもいい。あの弾力が恋しい。昨日はカーテンを引き忘れていて、朝日がダイレクトにまぶたを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:苦し紛れのハゲ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:627字
大抵の舞台は中世、おまけにヨーロッパ風で、エルフやドワーフなどの種族がひしめき合っている剣と魔法とドラゴンの世界。なぜか言語は通じちゃってるし、俺はスーツに革靴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:487字
「本当さんって知ってる?」「本当さん?」「ほんとうはコンドウさんって人らしいけど。」そこで言葉を切ると、カナエは音を立ててメロンソーダの残りを吸い込む。クリーム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神様の約束 ※未完
作者:環境 お題:神の夕方 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:527字
「ねえ 明日も来るの」「約束だよ」あの日、神社の境内で指切りをした彼女と再び会うことはなかった。きっともう忘れてしまったのだろう。*「学校に遅れるわよ」下の階か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:安全なエリート 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:332字
「準備は整ったよ」前髪を手ぐしで整える仕草を入れる。シワひとつないシャツの裾はきちんと折り込み、制服の上着には猫の毛一つもつけていない。朝の支度にも決まった順番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:かゆくなる夜 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:652字
「耳障り」という言葉を表すのに、これほど適した音はないんじゃないかと夏がくるたびに思う。引っ越した日からこの部屋に置いてあったクーラは黄ばんでいて、音も匂いも風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:寒い電車 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:517字
腕時計に視線を落とす。照明が落ちてから3時間45分、スマホの充電が切れてから約10分が経過したらしい。室内を見渡すと、数人がうなだれていたり、横たわっている。5 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:生きている月 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:270字
夜を死に例える人がいるけれど、私はいちども感じた経験がない。彼が感じた夜の静けさを、ほんとうの静けさというものを知らないからなのだと思う。* 低いモーター音と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:マンネリな爆発 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:502字
「さて、この教室が静かになるまでに君は何回つまらないと発言したでしょうか」そう言ってこちらを一瞥もせずに片付けを始めたのは職場の先輩であり、小学校を卒業してから 〈続きを読む〉