お題:楽観的な妹 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1269字

似たもの母兄妹
「大丈夫だよお兄ちゃん、きっと何とかなるなる!」
 いつもそう言って俺を慰めてくれるこの子は、自慢の妹だ。
「大丈夫だよお兄ちゃん、きっと何とかなるなる!」
 そうだ、そうだよな。このまま引きこもってても、いつかは何とかなるものだ。
 これまでだって、色んなピンチはあった。
 中学で学校に行けなくなったり、何とか入った高校を一年の一学期で中退したり、バイトを初日で行けなくなったり、次のバイトも三か月で辞めたり……。それでも生きてる、生きてる限りは大丈夫だ。
「大丈夫だよお兄ちゃん、きっと何とかなるなる!」
 そうだよな、人生これからだよな。バイトを数か月で辞めるのはこれで5件目だし、もうすぐ30歳だけど……。
「大丈夫だよお兄ちゃん、きっと何とかなるなる!」


 お兄ちゃんがおかしい。
 いや、昔からおかしいんだけど、5つ目のバイトをクビになった辺りから本格的におかしい。
 これまでのバイトや不登校は、お兄ちゃんが自分から選んでやってきたことだったけど、5件目は違う。「クビ」だ。明確に「いらない」と言われたのだ。
 中高とそれ以外の4件の職場は「他の連中が俺に着いてこれないから」なんて負け惜しみが言えたけど、今度はそれも難しい。「嫉妬されてクビになった」と言えるほど、さすがのお兄ちゃんも心が強くないようだ。
 そうせいか、遂に壊れてしまった。いやまあ、元々壊れてたのかもしれないけど、一層おかしくなったように見える。
 何せ、何かのアニメのキャラが「大丈夫だよお兄ちゃん、きっと何とかなるなる!」と言ってくれる目覚まし時計に終日話しかけているのだから。
 これは、精神病院にでも連れて行った方がいいんじゃないだろうか。
「そんなに深刻に考えなくてもいい」
 彼氏に相談すると、そう言って止められた。
 まあ、そうだよね……。お兄ちゃんも30間近の大人だ。心身の不調は自分で片付けてくれないと。
 ていうか、そろそろ実家から出て行ってくれないと。
 でないと、わたしがお兄ちゃんやお母さんを養っていかないといけなくなる。それじゃ、結婚なんてできたもんじゃない。
 ホント、早く自立しろよ。わたしに迷惑かけないでよね。
 ごめん、ちょっと待っててね、とわたしは彼氏に謝った。
「そんなに深刻に考えなくてもいい」


 うちの子は、二人ともどこかおかしい。
 長男の方は、5つ目のバイトを辞めてからずっと女の子の声がする目覚まし時計と会話している。
 妹の方は、中学で不登校になって以降ずっと引きこもっているのだが、自分をOLと思い込んでいる上に、アニメか何かのキャラクターを自分の彼氏だと言い張っている。こっちも、声の出る玩具によく話しかけたりしている。
 絶望的だ、これがわたしの教育の結果だというのだろうか。亡き夫に顔向けできない、なんて思いながらも、結局仏壇を拝むぐらいしかできないが。
 そう、何もできないのだ。二人ともいい大人だし、どこかで折り合いをつけるだろう。
 大丈夫、何とかなる。深刻に考える必要はない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:死期を悟った蒔癸(しき) お題:楽観的な妹 制限時間:15分 読者:252 人 文字数:615字
「ねぇ、お兄ちゃん。私、働こうと思うの」「……は?」突然、相談があると言ってきたから何だと思えば要するにこんな話だった。一瞬理解が出来ずに言葉を失っていると、割 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彩雲。 お題:楽観的な妹 制限時間:15分 読者:284 人 文字数:648字
あぁ・・・・暇だ・・・なんかいいことでもないかな・・遊びに行くのもいいが・・・いや、でもまだこのくっそ暑い中外に出かけるのもなぁ・・・まぁ、家に中は涼しいから漫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:樹真一 お題:楽観的な妹 必須要素:クレジットカード 制限時間:15分 読者:261 人 文字数:1151字
「この『楽観的な妹』を下さい。クレジットカード、ボーナス一括で」 ――そうして俺は、楽観的な妹を手に入れた。レジ奥から、寝癖の残る頭をごしごし掻き回しながら、1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:511字
髪の毛がサラサラだったのだ。少女がクラスメイトに惹かれたのはそれが理由だった。髪の毛がサラサラで浮いた毛が一本もなくて光の反射する形すら美しかった。他の子と同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:僕の好きな情事 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
青崎は一心に地面を掘り返していた。小さい園芸用スコップを慣れた手つきで扱い、柔らかな腐葉土を荒らしていく。今年で18になる彼の、月に2度行う密やかな悪徳だ。何を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツとカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:599字
いくら腕を伸ばそうと袖からは指先しか出ない。いわゆる彼シャツ萌え袖というやつか、感慨深くぶかぶかのワイシャツの襟首を、ぶかぶかともてあそぶ。「こら」バスタオルと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:記録にない火事 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1008字
燃えている。全てが、なにもかもが燃えている。だけれども、それを消し止める者はいやしない。何故ならば、この燃え盛りは誰に目にも見えておらず、どこの記録にも残らな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ssk_ksk お題:きちんとした君 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:453字
朝になると部屋の前に立っている君と挨拶を交わす。「おはよう」「おはようございます。本日のご予定は……」ピッチリと整えられた髪型とスーツ姿はそのまま国会議事堂前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心のディナー ※未完
作者:匿名さん お題:当たり前の愛 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:195字
とてつもなく長い歴史を経てしても産まれた以上、必ず立ちはだかる難題、愛人それぞれに形があり、それを感じ取るには当本人でしか知り得ないものもある。与える本人が言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな帝王 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:632字
隣のあいつは生意気だ。僕はペンケースから鉛筆を取るふりをしてそっと様子を伺った。隣に座る佐藤は大口開けてあくびをして、つまらなそうに頬杖をついている。シャーペン 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:悲観的な極刑 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1204字
「そんなおかしいです! 絶対死刑のはずなんです!」 大声を発した男に、法廷中の視線が集まった。「そんな判決、ありえない! 死刑です、死刑以外ないんですよ!」「静 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:儚い花 必須要素:山田 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3067字 評価:4人
「人間の美しさとは儚いものだと思わないかね?」 漆黒の玉座に座るその男は、足元に罪人のように縛られ座らされたわたしを見下ろして、不遜な様子でそう言った。死人のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1009字
自己顕示欲が肥大化した人間の目立つ昨今、「目立とうとしてやった」という類の犯罪も比例して増加している。「この国には謙譲の美徳があったはずだ。それを今どきの連中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗な宴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1011字
死霊術師シャスティには、今までほとんど使ったことのない隠し玉があるらしい。 その話を聞いた冒険者仲間で盗賊のケイツは、どうにか彼女にその技を使って見せてほしく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:日本極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:938字
死刑は国家による殺人であり、野蛮な風習なので撤廃せよ。 諸外国や人権団体からの度重なる「啓蒙」を受け、遂にその議論が始まった。「確かに、死刑への支持がわが国で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:早すぎた計算 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1274字
「縦の長さが3……」「はい! 6リットル!」 不正解です、と先生はにこやかに言って、東村くんを席に着かせた。「東村くん、問題は最後まで聞きましょうね」「やだ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:思い出の快楽 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1317字
天使であるわたしの役目は、ロクでもない人生を送ってしまった人間に、生きることの楽しさを思い出してもらうことだった。 今日もその任務のために、わたしは一軒の古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:すごい結婚 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1101字
結婚式は女性のためにあるものだ、とよく言われる。「そういう考えだと、これからの世の中駄目だと思うんですよ。人口減少が目に見えているのに、需要が半分しかないって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3757字 評価:0人
八月の東京に季節外れの雪が降り始めたのは、三日前のことだった。 雪に弱い都心は、それこそ日向の氷が解けるくらいに簡単に交通網がマヒし、経済に大きな混乱がもたら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える作家デビュー 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1286字
すごい作家を見つけてきた。 小説家エージェント会社「スクランブル・エッグ」のエージェント・松前からの連絡を受け、わたしは急遽彼の下へ向かった。 わたしのいる出 〈続きを読む〉