お題:つらい神話 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:964字

交代
 舞がはじまれば外に出ないとならない。それはあらかじめ決められた展開で、逆らうことは許されなかった。楽しい引きこもり生活もこれで終いだった。好きな時間に食べて寝て、わずらわしい人間関係から離れ、ひたすら自分とだけ向き合い続ける。なんて気楽、心洗われるひとときだと満喫していたのに、外ではもう舞がはじまっている。
 岩戸を開けて、すこし覗いた。どうやら楽しいお祭り騒ぎに心惹かれているようだ、と外では浮かれた気配がする。作戦はうまくいっているぞ、もっと楽しそうに舞を続けるのだ。
 また頑なに戸を閉ざし、ため息をつく。
 すこしもうまくいってなどない。お祭りなんて騒がしいもの、元から好きではないし、神話の展開に従うという取り決めがなければ、一生だってここに閉じこもっていたい。外に出るのは取り決めがあるからで、そうでなければ、あの者たちに、彼女を戸を開けさせる力などなかった。
「めんどうだな」
 ひとり真っ暗闇に向かってぼやいた。彼女の言葉は光をまとい、闇を照らして岩の壁に跳ね返って消える。外ではこの光を求めているのだろう。彼女が引きこもって以来、空を照らすものはすっかりなくなってしまったから。
「べつに神話通りにしなくたっていいじゃんか」
 外でますます盛り上がるお祭り騒ぎにうんざりして、ぐちぐち文句を言いながら、岩のへこみに指を突っ込んで砂を落とす。口から発した愚痴は砂に宿って、星屑のようにきらめいた。
「人前に出るの、つらいよ。誰か代わってくんないかな」
 彼女はしゃがみこんで、今度は地面の砂をかき集めた。両手におさまるぶんの砂を固めると、彼女のちょっとした願望が光となって落ち、固まりに宿った。
「了解した!」
 輝くばかりの言葉を発し、固まりはよちよちと歩きはじめ、岩戸の外に出ていった。彼女がそれを見送ったあと、外から大きな歓声に人形が迎えられるのが聞こえてきた。
「ほらやっぱり、わたしじゃなくてもよかったんだ」
 人形はりっぱに彼女のお役目を果たし、世界は光に照らされて、闇に沈むのは岩戸のなかだけとなった。彼女は好きな時間に食べて寝て、外のことなどすっかり忘れて毎日を過ごした。ときどき気になることはあっても、代わりの人形が彼女より上手に役目を果たしていることを思い、すぐに忘れようとするのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらい神話 必須要素: 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:334字
雨が降ってきた。「ねえ、こんな神話知ってる?」そう言って彼女は僕の目を覗き込んだ。「昔、なんとかっていうすっごく面倒くさがりな神様がいたんだって。歯磨きも顔を洗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狸狩りの多賀氏 お題:つらい神話 必須要素:時限爆弾 制限時間:30分 読者:265 人 文字数:1334字
目が覚めると、白い部屋にいた。 壁も床も真っ白でシミ一つない。テーブルやイスにといった丁度品まで真っ白で気が狂いそうなほどである。そんな中ただ一つだけ色が違う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:ねじれた表情 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:403字
「あなたって、怒ったり、笑ったりすることあるの? いつも無表情でさぁ。」彼女が不機嫌そうにつぶやく。10分前に運ばれてきた食後のコーヒーにはまだ口をつけていない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大学シリーズ ※未完
作者:茂吉 お題:箱の中の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:300字
大学2年のとき、一時期、プラモデルに嵌ったことがあった。戦闘機をよく作っていた。形の美しさに魅せられていたのだと思う。塗料を買って、色も塗って、本格的に仕上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:壊れかけの耳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:927字
この耳が壊れさえすれば、私はあの人を愛さなくても良いのかもしれない。愛しているから、あの人が私以外の人と仲良さそうに話している姿に苛立ってしまう。いや、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕の好きな多数派 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1061字
好きな男の人がいます。なんて文章を書いた場合、普通の人間は女性、それも少女と呼ばれる世代が書いたモノだと判断するだろう。 だけれども、例えば『僕』っていう一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おどりと。 ※未完
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:凛としたダンス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:626字
夢を見れなくなった僕は彼女をただ追いかけることに命をかけてた。 そんな僕をおそらく彼女は望まない。わかってるけど、僕というボクを維持するには必要だった。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢い絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1219字
知り合いが「とてもいいモノを買った」と自慢してくるので見せてもらうことにした。 この知り合いは同人で漫画を描いていて、それにとても役に立つものらしい。 そんな 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:昼の快楽 必須要素:右手 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2950字
「460円になります」「はーい」 コンビニで弁当を買った客が、上着のポケットに右手を入れて、「あれ」と首をかしげた。そこに入れていたはずの財布がなかったのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:人妻の監禁 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1039字
彼女はご機嫌で鼻歌を歌いながら洗濯物を干していた。外は大雨なので、寝ぼけたうえにうっかりさんなのだろう。干した端から濡れているのに気づかずに、全部干し終わって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:朝の闇 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:954字
それは大体、部屋の隅にわだかまっていることが多い。ホコリが溜まるのと同じところで、ぱっと見には区別がつかない。気が向いて掃除機をかけたとき、何度往復させても取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:とんでもない挫折 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:783字
足を折った。 校舎の外側にある非常階段だ。よっぽど嬉しいことでもあったらしく、クラスメイトはスキップしながら上の階から降りてきた。足を踏み外しそうだと思ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:3003字 評価:1人
先日の人間ドックで血糖値の高さを指摘されてから、甘い物禁止令が職場に発令された。同僚と揃って同じ結果を出たのが上司に知られたのだ。客が差し入れる菓子折りの箱が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:強い処刑人 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1022字
「我が国で死刑を廃止しようと思うんだ」 話がある、と王様に呼び出されて晩餐に同席した彼は、その言葉を飲み込むのにすこし時間がかかった。今日も仕事をしっかりこなし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
内回り ※未完
作者:にい お題:東京の窓 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:831字
窓ガラスに頬をぺったりくっつけて眠っていたらしい。乗り物に乗るといつもこうなのだ。今日こそは居眠りするまい、したとしても体勢を維持するぞ、と決めていても、気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:やば、失敗 必須要素:ブラウザはなるべくGoogleChromeを使用してくださいまじで。 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2906字 評価:1人
休日の昼間にパソコンでゲームをしていると、最近ボケ始めたじいさんがふらふら近づいてきた。足取りは危なっかしく、自分の右足に左足を引っ掛けて転びそうである。整頓 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:清い国 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:979字
道路の真ん中には一本線が引かれていて、線よりこっち側と向こう側では別世界が広がっている。舗装すらされておらず剥き出しの土の道と、光沢のあるつるつるした道のうえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:あいつと平和 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:878字
家の近くの公園から鳩がいなくなった。一匹もだ。数日前におそろいの制服を着た男たちがやってきて、でっかい網を広げて捕まえると、トラックの荷台に積んだこれまたでっ 〈続きを読む〉