お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:2574字 評価:0人

君と紡ぐ未来の思い出
カーテンから零れる光で、意識が浮上する。

「んー…」

ゆっくりと背伸びをする。

瞼を擦り、目脂を取る。

(顔、洗わなくちゃ……)

フラフラと立ち上がり、洗面台へ向かう。

「……ふーっ」

顔を洗い、タオルの感触を堪能する。

(朝……か)

名残惜しい感触を捨て、洗面台の横にあるカレンダーに目を通す。

そこに書かれている小さな赤い丸。

それは、今日という日を忘れないようにするための合図。

(……)

もう一度、顔を洗う。

まだ、泣いていない。

今、泣いてはいけない。

一日は始まったばかりなのだから…。

ゆったりとした足取りでリビングへ向かう。


(良かった…)

天気予報では雨という話だったが、どうやら外れてくれたようだ。

窓の外には快晴といわんばかりの、雲一つない空が広がっていた。

「さて…と」

台所へと向かい、顔をぱんっと叩く。

彼が大好物だった"マフィン"。

それを作るために、材料を並べる。

バニラエッセンスを手に取った際、ふと記憶が流れた。

『それ、なんに使うの?』

彼は普段料理をしないから、用途なんて知らずに舐めていたけれど。

そんな、なんてことない思い出。

それなのに、どうしてこんなにも、胸が苦しいのだろう。

それは、彼のことが愛おしかったからだろうか。

それとも、彼のことを忘れようとした罪悪感だろうか。

きっと、どちらも正しくて、どちらも間違いだ。

その答えは闇の彼方に葬られてしまったから。

(……泣かない)

泣いても、彼が戻ってくることはないから。

だけど、歯止めを失った感情は涙腺を決壊させる。

「うっ……うぅ……」

どうして。

どうして、彼がいなくならなければいけなかったの。

住む世界が違う。

ただ、それだけの話。

だから、私にはどうしようもできない。

彼との思い出が、例え3日限りのものだったとしても。

それでも、かけがえのない思い出だったんだ。

72時間の彼との思い出。

蘇る記憶の数々。

それが、記憶の中で再生され続ける。

もっと、長い間一緒にいた気がした。

けれど、私と彼の時間は72時間。

正確に言えば、54時間の邂逅。

彼との思い出のどれもが、美しくて、儚くて、切なくて。

自問自答を繰り返す。

もしも。

もしも、運命というものがあるのなら。

いや、もしも、過去に戻れたら。

彼ともう一度逢いたい。

もう、この世界にいないと知っているけれど。

それでも…。

目を瞑る。

脳裏には、彼の笑顔が浮かぶ。

(……ダメだ)

その顔を見て、今の思考の全てを打ち消す。

彼とは、別れたんだ。

それぞれ、別の世界で生きるために。

彼がこの世界ではない、元の世界に帰るために。

だから、これは私のエゴ。

覚えていても、きっとなんの役にもたたない。

むしろ、忘れてしまった方がいい思い出。

彼とのことを引きずっていたら、この先ずっと後悔し続けるから。

目を開け、ぱっと前を見つめる。

その先にある材料を手に、マフィンを作り始める。

何故、彼がマフィンを好きだったのか、その理由を最後まで聞くことはできなかった。

だけど、彼がマフィンを好きだったということは、知っている。

だから、今はそれだけでいい…。

一時間後、オーブンで焼いたマフィンが並ぶ。

そのうちの一つをラッピングしてカバンの中に入れる。

「…行ってきます」

部屋の鍵を閉め、外に出る。

ただ、目的地へとむけて歩みを進める。

そこは、雑木林の奥深く。

彼と別れを告げた場所。

「……こんにちは」

何も無い空間で声を出す。

当然、返事はない。

虚しい気持ちが胸の内を埋め尽くす。

(そうだよね…)

彼は、もう帰ったんだ。

この場所から、自分の世界に。

この世には、稀に旅人が現れるという。

それは、この世界とは別の世界から現れるそうだ。

彼も、その一人だった。

そして、彼を元の世界に戻す方法…。

それが、彼を亡き者にすることだった。

だから、私は彼に協力した。

彼は、どうしても元の世界に戻りたかったみたいだから。

「懐かしい、ね」

声を零す。

私にはこれくらいしかできないから。

彼が、あれからどうなったかしらない。

もう、この地に足を踏めない身体になっているかもしれない。

いや、むしろ霊体になっているのかもしれない。

そのどれもが空想で、現実だ。

「私、頑張ったんだ」

彼と会って、私の世界は色を変えた。

まるで、きらきら星のように。

眩く世界で、未来を見据えていた。

「……やっぱり、会いたいよ」

もう一つの世界に帰ってしまった彼。

黄泉の国とやらは、とても暗い世界で。

だからこそ、一緒に連れていけなかったようだ。

「……」

いっそのこと、一緒に死のかともおもってしまった。

だけど、彼の残した最後の言葉が、私を現世に留まらせていた。

『よく頑張った、なんて言わない。
お前にとって、頑張ることは当たり前だから。
だから、俺はお前にこう残す。
生きろ。
生きて、明日を迎えろ。
終わりが訪れる、その時まで』

きっと、彼なりの気遣いだったのだろう。

けれど、それが未だ心に残っている。

本当は、もっと話したかった。

もっと、知りたかった。

何故、こんなにも彼に惹かれているのか。

それはわからない。

これが"恋"というのなら、なんて残酷なのだろう。

忘れた方がいいというが、それができたら苦労しない。

「……これ、置いておくね」

丁寧にラッピングされたマフィン。

それを、床に置く。

ふと、そのまま地面を見つめる。

そこには、赤い池ができていた。

(まだ、残ってる)

彼を帰した時に出た液体。

未だ、その場所から消えることはない。

これこそが、彼の残した最後のもので、彼との思い出を語るもの。

「……それじゃあ、ね」

ゆっくりと、正面を向く。

そして、その場所に背を向けて、歩き始める。

さようなら、私の初恋。

さようなら、名も無き彼。

そよ風は、彼女の髪を小さく揺らした。


作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:3008字 評価:1人
風呂上がりに冷蔵庫を確認すると、ビールが冷えていた。このところ暑くなってきたから、ますます酒がうまい。コップに注いで、髪が自然乾燥するのを待つあいだ、ゆっくり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:3330字 評価:0人
一立方メートルもない透明な箱の中に粘液状のものが蠢いている。色は赤黒いとしか言いようがない、実に不気味な色彩だ。これは一体なにかと所長に尋ねたところ、「俺のぬる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:3858字 評価:0人
何か小腹空いたなあ。 そんなことを考えながらチヅ子は歩いていた。 チヅ子の家は通っている中学から遠い。正確には、中学へ行くための電車の駅が遠い。受験する前は憧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:2574字 評価:0人
カーテンから零れる光で、意識が浮上する。「んー…」ゆっくりと背伸びをする。瞼を擦り、目脂を取る。(顔、洗わなくちゃ……)フラフラと立ち上がり、洗面台へ向かう。「 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:今年の尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1283字
あの日、空が落ちた日。僕らは、願っていた。「どうか、世界を終わらせてください」僕から見て、この世界は腐ってる。誰もが得をしようと画策しているけれど、人はその過程 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:マンネリな過ち 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1446字
「私は誰?」そう、私に問いかける。けれど、返ってくる答えはいつもと同じ。「私は貴方」その返答に違和感を覚える。何故なら、私は貴方を知らない。いつからだろう。私が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:見知らぬ戦争 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1400字
世界の終わりは、今目の前にある。灰色の空。倒壊したビル。全てが黒に包まれている。現状を一言で表すのであれば、終末と言えるだろう。こんな世界で、僕はただ一人歩き続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:有名なセリフ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:947字
空を見上げて息を吐く。「明日天気になれ」小洒落た言葉を唱えて、サンダルを投げる。視線の先に落ちたサンダルは、ひっくり返っていた。「はぁ…」こんな天気占いでさえ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:暴かれた紳士 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1265字
いつもと変わらない教室。そこに居た君は、僕にとって特別だった。初めて抱いたこの感情。それはきっと、恋…だったのだろう。だった…そう、過去形だ。今の僕には、彼女を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:女の表情 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:808字
視界が赤い。「ぐっ…ごほっ!」口から液体が溢れる。(っ…!いってぇ!)右肩を押さえながら、ゆっくりと立ち上がる。「あら、貴方の実力はその程度でしたの?」煽るよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:贖罪の旅行 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:980字
背中から一筋の赤い雫が零れ落ちる。それは、先程までは無かったもの。力の代償として身に受けた罰。「ごほっ…」手で口を抑え、液体を受け止める。(…最悪だ)どうやら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:12月の手 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1256字
暗い部屋の中。ぴちゃり。何かが落ちる音がする。(そっか…私)赤く滴る手を見つめながら鏡を見る。そこに映っているモノ。それを"壊す"ために手を取ったんだった。(… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:高貴なつるつる 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1554字
世界は悪意にあふれている。こう唱えたのは、果たして誰であったか。誰か一人の善意が、悪意へと変わるのは容易い。物の見方を変えてしまえば、世界は容易に形を変える。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:紅茶と高給取り 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1434字
目前に広がる夕焼け。世界を覆うようなオレンジ色に感銘を受ける。こんな世界で生を受けたことに感謝しながら、下を見る。動き続ける粒の数々。こうしていると、この世の全 〈続きを読む〉