お題:鳥の帰り道 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:919字

鳥が先か
 動物なんて好きでもなんでもなかったが、ある日帰り道に見かけた木の巣箱に心を奪われて以来、鳥を庭に呼び込みたくて仕方なくなった。餌を用意して毎日野生の鳥を世話したい、というのはただの口実で、実際は巣箱を設置したい願望が先だった。ミニチュアの家のような、屋根のついた、小さな巣箱。鳥が内部の餌をついばめるよう、側面には穴が空いている。小さなフォルムといい、手作り感満載の温かみある造りといい、いつまででも眺めていられる。
「まるで鳥屋敷だな」
 むかしは野良猫を追い払うためペットボトルを積み上げて要塞のようだったのに、とあまりの変わりように、久しぶりに家を訪れた友人は驚いた。庭に次から次へと到来する鳥のために餌の補充に忙しく、友人に茶を出す暇もない。期待していない、というように友人はリュックサックから持参した茶を取り出して飲んだ。
「まあ、鳥と猫は天敵ともいうし、お前は動物嫌いでなく猫嫌いだったのかもな」
「勘違いがあるようだが」
 餌の補充が終わったら次は、今ある巣箱の補修と新しい巣箱の製作に取り掛かる。巣箱の魅力に取り憑かれてからというもの、目の回る忙しさだ。「鳥なんか好きじゃないよ。フンでせっかく作った巣箱を汚されるし」
 友人は茶菓子までは準備がなかったらしく、勝手に棚を漁ってクッキーの箱を見つけ出した。開けかけの袋を取り出して中を覗き込む。
「鳥にはすごくなつかれてるようなのに」
「やつら、勝手に寄ってくるんだ。迷惑だよ。巣箱があるとやってくるんだから、期待されたら餌を用意するしかないだろう」
「世話したいって言ってなかったか」
「どっちが先だったかなんて、もう忘れた。忙しすぎるんだ。巣箱を設置するのに広い庭が必要だから、引っ越しまでしなきゃならなかったし」
「そうだ、忘れてた。引越し祝いがあったんだ」
 一口味見して、クッキー箱の中身が鳥の餌であることに気づいて吐き出してから、友人はリュックサックからなにかとてつもなく心惹かれるものをとりだした。
「はい、鳩時計。こういうの好きだろ」
 まさに、ミニチュアの家のような、屋根のついた……これこそ求めていたものだったと、鳩時計収集家に転向することを決めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:しづき りんよう お題:鳥の帰り道 制限時間:1時間 読者:125 人 文字数:1059字
「困ったわ。迷ってしまったわ」 煉瓦造りの街並みの真ん中でハーピーはそれほど困っていないような声でぼやく。サーカス団員であるハーピーは自分の主から自由に使える時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伐滓熨斗十@なろう お題:鳥の帰り道 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:823字
「生きてると死んでるの違いは何なのかしら?」 少女の問いかけに少年は頭を一つかく。ハンバーガーショップの喧騒に負けない程度の声で答える。「生物学的には、心臓が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:511字
髪の毛がサラサラだったのだ。少女がクラスメイトに惹かれたのはそれが理由だった。髪の毛がサラサラで浮いた毛が一本もなくて光の反射する形すら美しかった。他の子と同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:僕の好きな情事 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
青崎は一心に地面を掘り返していた。小さい園芸用スコップを慣れた手つきで扱い、柔らかな腐葉土を荒らしていく。今年で18になる彼の、月に2度行う密やかな悪徳だ。何を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツとカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:599字
いくら腕を伸ばそうと袖からは指先しか出ない。いわゆる彼シャツ萌え袖というやつか、感慨深くぶかぶかのワイシャツの襟首を、ぶかぶかともてあそぶ。「こら」バスタオルと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:記録にない火事 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1008字
燃えている。全てが、なにもかもが燃えている。だけれども、それを消し止める者はいやしない。何故ならば、この燃え盛りは誰に目にも見えておらず、どこの記録にも残らな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ssk_ksk お題:きちんとした君 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:453字
朝になると部屋の前に立っている君と挨拶を交わす。「おはよう」「おはようございます。本日のご予定は……」ピッチリと整えられた髪型とスーツ姿はそのまま国会議事堂前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心のディナー ※未完
作者:匿名さん お題:当たり前の愛 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:195字
とてつもなく長い歴史を経てしても産まれた以上、必ず立ちはだかる難題、愛人それぞれに形があり、それを感じ取るには当本人でしか知り得ないものもある。与える本人が言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな帝王 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:632字
隣のあいつは生意気だ。僕はペンケースから鉛筆を取るふりをしてそっと様子を伺った。隣に座る佐藤は大口開けてあくびをして、つまらなそうに頬杖をついている。シャーペン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青鈍 お題:ラストはお嬢様 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:886字
パン、と銃声が響いた。音の出どころは自分の手の中、黒い塊の銃口からだ。弾は襲い掛かってきたマフィアの手下らしい男の眉間を貫き、命を奪った。一人処理している間に背 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:儚い花 必須要素:山田 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:3303字 評価:1人
「姉さんに水をやってきて」 母がテレビから目を離しもせずに言うので、僕はジョウロを持って庭に行く。庭付き一戸建て、とはいうものの、自慢できるほど立派なものではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:アブノーマルな弁護士 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1094字
法廷では無論、決められた場所に決められた人物がいないとならない。被告人が入り口付近をうろついていてはいけないし、傍聴席に裁判長が座っていたりもありえない。法廷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:燃える円周率 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:948字
師匠の書斎からはトイレットペーパーがどこまでも長く伸びていた。なぜトイレットペーパーかというと、あまりにも長い数列を書き記すのに、うってつけの細長い紙だったか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:地獄のオチ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1124字
通学路にはいたるところに地獄の入り口があって、先日保護者会でも注意喚起が行われた。50メートルにひとりの割合で出没する変質者と同じくらいの脅威となっている。登 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:3831字 評価:0人
お隣のたくちゃんは夏休みが終わったばかりだというのに、もう冬休みの計画を立てていた。友達100人を素で実践しているたくちゃんは、一日、分単位で予定を立てねばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:初めての検察官 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1517字
上司は事件の資料を一瞥するや、ぽいっと窓から投げ捨てた。デリケートな情報を扱う部署のことだ、外と空気を入れかえるための窓はない。この部屋で通称窓と呼ばれるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:高貴なオチ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1024字
尋常でない様子で店に駆け込んできたその客は、カウンターに身を乗り出すなり言った。「とりあえず、カフェオレを一杯」「落ち着くには水のほうが……」「いいんだ、こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:官能的な土地 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:938字
通りすがりの不良にカツアゲされ、変に反抗して相手の前歯を折ってやったために怒りを買い、ボコボコにされて空き地に倒れ込んだとき、人生最大の発見をした。怒鳴り散ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:哀れな家事 必須要素:ケチャップ 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:2804字 評価:1人
これから生まれてくる三姉妹のうち、誰かひとりが魔女に育つ。通りすがりの不吉な旅人にそうお告げされた夫婦は、姉妹にとって不幸なことに、迷信深かった。「あんな物乞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:当たり前の闇 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:967字
今朝、階段から落ちた。これだから家のなかで靴下を履くのはおすすめされない。階段で足を滑らせるためだけに靴下はあるようなものだ。「足元に注意すればいいんだよ」 〈続きを読む〉