お題:気高いピアニスト 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1211字

ピアノじゃなくても
 自分がピアニスト以外の職業になるだなんて考えたことがないし、とても誇りのある仕事だと自負している。
 朝食を食べるときにだって、その誇りを忘れたことはない。
「お嬢様、ごはんつぶがお茶碗に残っておりますよ」
 執事であるジェフがそう言う。それが果たしてピアノに何の関係があるのか。
「私は誰の指図も受けないわ」
「小学生のうちから、そういったことはきちんとしておいてもらえますか?」
「あのね。小学生でも私はピアニストなの。いい?」
 ジェフはそこまで言うと、面白くなさそうに頭を下げる。つくづく敬意を知らない男だ。私でなければ即刻首になってアメリカのスラム街でその辺のレストランの廃棄物の入ったゴミ箱を漁る毎日を送ることになっていただろう。
「今日は発表会ですな。ドレス、汚してはなりませんよ。お父様とお母様も、本日はお見えになるはずです。是非とも、きちんとした格好で」
「なによ! ドレスを私が汚したことなんてある!? ないでしょ! つまんないこと言わないで!」
 ドレスを汚すなんて失態、この私がするわけがない。そう思いながらドレスを身に纏う。ややこしい形をしたがもう慣れっこだ。
 階段からドレスを着たまま駆け下りる。お気に入りのスニーカーとドレスの組み合わせは、階段の下のヒールを履くまで我慢する必要がある。
「お嬢様! ドレスで階段を降りるときは! くれぐれも!!」
 ジェフはまたしても面倒なことを言いだす。いい加減にしてくれ。
「大丈夫だって! ちゃんと足元見てるから!」
 そう言った瞬間だった。靴ひもがプツンとまるでニッポンのウドンのようにちぎれたのだ。そのままバランスを崩した私は、階段から転げ落ち、意識を失った。
 目を覚ましたとき、私の腕は動かなくなっていた。
「お嬢様、脊髄損傷です」
 ジェフは淡々とベッドで横たわる私に告げた。
「せき、なに?」
「人間の体を制御するのは脳です。脊髄は、その動力である筋肉への司令塔とでも言いましょうか。お嬢様、あなたの場合は、首から上が動きません」
 衝撃の事実を受け入れることは、数年間できなかった。ピアノを弾けない現実は、薄まるどころか増していく。
 テレビから聞こえるピアノの音も気に食わないし、まずピアノの存在そのものが忌々しい。
 そんなある日のことだった。
 ジェフが朝食を食べさせてくれているとき、ジェフのポケットから手紙が落ちた。
「ジェフ、それはなに?」
「なんでもございません」
「いいから読みなさい」
 ジェフは、一度にやりと笑った後、手紙を読みだした。
「あなたのピアノがもう聞けないなんて、残念です。とても素敵な音色だったのに。是非うちのバンドに入ってもらいたいとおもったのですが、現在ボーカルしか募集しておりません。ボーカルでよければお願いできますか?」
 次の日から私は、ボイストレーニングをはじめた。ピアノ以外も悪くない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:瑞@情緒不安定 お題:もしかして何か 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1096字
私は靴紐を見た。解けていた。道の端に寄って、靴紐を結ぼうと手をかける。 ふと思った。 これは本当に靴紐だろうか。 靴に結ばれているから靴紐。結ばれていなければ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:苦し紛れの男 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:115 人 文字数:1262字
短いスカートを履いた女性をつけるのが私の日課である。したくてしているのかと言えば、半分はそうで半分は違う、ということになるだろうか。「少々長すぎたようですね」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神様の失敗 ※未完
作者:匿名さん お題:失敗の失敗 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:628字
『神様って、いると思う?』「あぁ、きっといるよ。」『神様って、すごいの?』「あぁ、もちろん。僕たちだって神様が一人一人つくってくれるんだよ。」『じゃあ神様が失敗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:失敗の失敗 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1071字
失敗ばかりの人生だった。失敗の失敗、また失敗、失敗の繰り返し。俺の人生の来し方を思いおこすとあああっ、ってなる。手で顔を覆いうなだれ地面にひれ伏しそのまま地中深 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よしづきゆうら お題:気高い行動 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:847字
老医師が彼を見かけるようになったのは、ここ数年のことだ。 病棟という空間にはあまりに場ちがいな、長身で痩躯、年中黒衣を見にまとった凶相の男である。 最初に病棟の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
帰還の古井戸 ※未完
作者:フィーカスとジャパ子ちゃん お題:黄金のいたずら 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:189 人 文字数:2367字
学校の通学路の途中に、不思議な井戸がある。この井戸に何か投げ込むと、次の日には井戸の近くに投げた物が置かれている、というものだ。 随分前から水が無い枯れ井戸で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:匿名さん お題:それいけ表情 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:251 人 文字数:1007字
「先生!201号室の斉藤さんの食事指導の書類なんですが」「先生!先日のレポートにあった訓練単位の調整の相談が」「先生!また108号室の田中さんの晩御飯、代わりに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カラアゲ@村崎 お題:それいけ表情 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:254 人 文字数:1325字
お前には感情がない。と小さな頃からよく言われていた小さな頃は自覚がなかったが、ふと鏡を見つめながら微笑もうとした時に理解した。自分ではしっかり笑ってるつもりなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チミドロティーンエイジャー お題:彼の許し 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:434 人 文字数:562字
鬼ごっこ。あなたもやったことがあるだろうか?いや、やったことのない人のほうが少ないだろう。私と彼の鬼ごっこは、残酷で、神様が助け舟さえ出してくれない、無慈悲なも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい男の子 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:301 人 文字数:555字
ぼくが「あれ」の存在に気が付いたのは、いまからちょうど二年前のことだ。 当時、ぼくは中学二年生に進級して、ようやく新しい環境にも慣れてきたころだった。春の学力 〈続きを読む〉

ろくなみのの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:捨てられた町 必須要素:スキンケア 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1043字
「この星ももう捨てられたのか」 太陽系第三惑星、地球。 自然は豊かで住人たちは笑顔にあふれていると宇宙ではまことしやかにささやかれていた。 だがその実態は捨てら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:かたい幻覚 必須要素:グーグルマップ 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1112字
「おい軟弱者。運転中に携帯をいじるんじゃあない」 今助手席からドライバーである僕を軟弱者扱いしてきたのは、昔から僕の隣にいる山田さんだ。 山田さんはとにかく硬い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:気高いピアニスト 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1211字
自分がピアニスト以外の職業になるだなんて考えたことがないし、とても誇りのある仕事だと自負している。 朝食を食べるときにだって、その誇りを忘れたことはない。「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:打算的なぬくもり 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1439字
「お前、ゆるキャラとか、あれ全部中身おっさんだからな」 クラスメイトのたかしくんが、バスの中でパンフレットを静かに見てはしゃいでいる僕に、そう悪意もなく声をかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
BMW
作者:ろくなみの お題:うへへ、敗北 必須要素:BMW 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:587字
「かっこいい車乗ってる人って素敵じゃない?」 大学時代、そのような話が食堂で聞こえてきた。スルーしようとも思ったが「やはり車か」目の前の席の男の言葉で思考を遮ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:灰色の冤罪 必須要素:旧約聖書 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:857字
「入れ」 聖書を手にした白毛の青年は、看守の言われるがままに、牢屋に入った。「罪人ってのは、いかにもな雰囲気があるやつがほとんどなんだが、お前さんはどうにもそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:真紅の怒りをまといし村 必須要素:おっぱい 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:542字
男性ともなれば、女性の胸部、すなわちおっぱいが嫌いな者は少ない。現に私も好きだ。 だがこの広い世界。どこの村にどんなおっぱいを持つ者がいるのか、探る必要がある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:嘘の尿 必須要素:絵画 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:434字
今回紹介したい作品はこちらです。1874年。かの有名なレオナルドダビンチの親戚が描いたとされる『嘘の尿』というものです。 作品そのものは、ただ放尿している少年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:今日の善 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:795字
一日一善という言葉があると、やはり毎日何かいいことをするべきなのかなと小学生ながらに思ったりした僕は、困っていることは何かを探すことにした。「例えば何かないか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:僕が愛した恋 必須要素: 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1261字
「恋に恋してるって、すごい表現だと思わない?」 駅のホームのベンチに座って、彼女は足をぶらぶらと揺らしながらそう言った。「なんでそう思う?」 僕は味のなくなった 〈続きを読む〉