お題:人妻の窓 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1056字

すばらしい人間
別に何の思い入れもなかった。けれども、行ってみたくなった。最後に訪れたのはいつのことだったか、覚えてもいないその街に。改札を出たところの風景は記憶と同じようにも思えたし、そうでもないような気がした。少し歩いたところに見覚えのある書店がまだ残っていた。昨今ではついぞ見かけなくなった個人経営の小さな店だ。学生時代はよくここで立ち読みをした。買おうにも買いたい本は必ずといっていいほど置いていなかった。外からのぞくと、奥のレジの店主と目が合った。当時はまだ中年といえる年だったが、すっかり年老いてしまっている。もちろん、ガラスに映る自分の顔だって当時のようなみずみずしさはかけらもない。時の経過にさかえらえるものなどこの世界には存在しない。
書店を通り過ぎたところにあるカフェに立ち寄る。学生時代はそのどことなく隠れ家的な雰囲気に押されて一度も入ったことがない。けれども、今は何の臆することもなく扉を開くことができた。あの時の何をするにも人の顔色をうかがっていた自分はもういない。そもそも誰もぼくなど見てはいないということは今はもうはっきりとわかっているからだ。
本を読みながらコーヒーを飲む。客はぼく以外誰もいない。店主はずっとカウンターの向こうで新聞を読んでいてぼくにコーヒーを出した後また元の位置に戻ってまったく同じ格好をして新聞を読み続けた。
ふと顔をあげるとガラスの向こうの二階の窓にこちらをのぞく顔が見えた。髪の長い女性だ。普通の民家だからたぶんそこの住人だろう。彼女はぼくを見ていた。はじめは気のせいかとおもったのだが、彼女はぼくを見て微笑んですらいたのだ。
カフェを出て、ぼくはその家のインタホンを押した。すぐにドアが開いて、さっきの女性が出て来た。ぼくはキッチンに通されて、テーブルに座るとコーヒーが出て来た。今飲んだばかりなのに、そのコーヒーはさっきのコーヒーとは全然違っておいしかった。
「お互いに、ほめあいましょうよ」
女性は自分もコーヒーを飲みながら言った。
「もう、こんな年になると誰もほめてくれる人なんていないでしょう」
 女性は、ぼくが仕事をきちんとしていること、一人暮らしなのに家事をきちんとやっていることをほめてくれた。ぼくは彼女が夫と死別した後、一人でつつましく暮らしていることをほめた。そして、お互いに読んで居る本についてほめあった。
「あたしたち実にすばらしい人間じゃないですか?。誰もそう思ってないですけど」
 彼女は微笑みながら、ぼくのカップにコーヒーをつぎたした。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
大学シリーズ ※未完
作者:茂吉 お題:箱の中の大学 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:300字
大学2年のとき、一時期、プラモデルに嵌ったことがあった。戦闘機をよく作っていた。形の美しさに魅せられていたのだと思う。塗料を買って、色も塗って、本格的に仕上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:壊れかけの耳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:927字
この耳が壊れさえすれば、私はあの人を愛さなくても良いのかもしれない。愛しているから、あの人が私以外の人と仲良さそうに話している姿に苛立ってしまう。いや、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕の好きな多数派 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1061字
好きな男の人がいます。なんて文章を書いた場合、普通の人間は女性、それも少女と呼ばれる世代が書いたモノだと判断するだろう。 だけれども、例えば『僕』っていう一人 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
おどりと。 ※未完
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:凛としたダンス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:626字
夢を見れなくなった僕は彼女をただ追いかけることに命をかけてた。 そんな僕をおそらく彼女は望まない。わかってるけど、僕というボクを維持するには必要だった。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢い絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1219字
知り合いが「とてもいいモノを買った」と自慢してくるので見せてもらうことにした。 この知り合いは同人で漫画を描いていて、それにとても役に立つものらしい。 そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:今日のゲストはバラン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:698字
「ようこそ、お越しくださいました」 寿司屋の出迎えにしては、大人しい。 「二名で」 「カウンター席でよろしゅうございますか」 「テーブル席で頼む」 「かしこま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された汁 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:541字
秘伝の出汁。関東で1番旨い親子丼を作る父が昔から使い続けている秘密のレシピなのだが、彼のもとで修行を続けて3年経った今でも教えてもらうことは叶っていない。「そり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:情熱的な夜中 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:561字
ここは霊の通り道。ひとことで霊といっても、オレはこの均質な“世界”と思われているものの、空間や時間軸からズレてはみ出したものすべてだと感じている。だから別段怖く 〈続きを読む〉

砂猫の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:鋭い狙撃手 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:944字
思わず、ぼくは、彼女の後を追った。彼女は意外なほどの早足でどんどん歩いて行く。その背中をじっと見つめる。白いTシャツ。何も模様のない真っ白い布が彼女の動きに合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:理想的な幻想 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:989字
駅に着くとまだ怜子は来ていないようなのでほっとした。時計を見ると待ち合わせの時間まで三十分もある。少し早すぎるような気もしたが、時間が決まっているときぼくはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:軽い吐息 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1068字
自転車に乗って近くの公園に行く。別に何の目的もない。公園が好きなのだ。それに自宅は濁ったあまりよくないエネルギーが漂っているので、あまり気分がよくないのだ。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:くだらない年賀状 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1271字
もう二度と、一生、永遠に年賀状は書かないと決めた。理由は特にない。書きたくない、書くのが面倒だ。それはずっと思ってきた。けれども、書いていた。勉強が嫌いだから試 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:遅すぎた作品 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:905字
公園にやっぱり彼女はいた。ベンチに座って本を読んでいた。ぼくに気づいて一度こっちを見たが、知らん顔をしてまたすぐ本に目を落とした。古い文庫本だった。何かの詩集の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:僕の嫌いな逃亡犯 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1122字
アパートのドアに鍵を入れて回そうとしたら、鍵がかかっていないことに気づいた。一瞬、恐怖をおぼえながら、おそるおそるドアを開いてみると、奥の部屋に誰かが背を向けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:許せない音楽 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1067字
どんなことでも許してきたのは彼女のことが好きだからだ。むろん誰にでも欠点はある。もちろんぼkにだって。というかぼくなんて欠点だらけだ。何をやっても長続きしないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:不思議な計算 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:910字
山道を登っていたら店があったので入ることにした。少しお腹がすいていたのだ。入ってみてがっかりした。てっきり飲食店だと思っていたら、そうではなかったのだ。「いらっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:人妻の窓 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1056字
別に何の思い入れもなかった。けれども、行ってみたくなった。最後に訪れたのはいつのことだったか、覚えてもいないその街に。改札を出たところの風景は記憶と同じようにも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:汚い子犬 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1136字
授業が終わると、みんな待ちかねていたようにそれぞれの友だちのところに駆け寄る。これからどこに行こうか話している。みんなとても楽しそうな顔をしている。あたしのとこ 〈続きを読む〉