お題:汚い子犬 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1136字

死刑
授業が終わると、みんな待ちかねていたようにそれぞれの友だちのところに駆け寄る。これからどこに行こうか話している。みんなとても楽しそうな顔をしている。あたしのところには誰も来ないし、あたしが向かう先はドアしかない。とりあえず一刻も早く教室を出たいのだ。たくさんの人によって汚された教室の空気の中であたしは息苦しくて仕方がない。教室を出たとたんあたしは大きく深呼吸する。新鮮な空気がどっと肺に流れ込み、停滞していた血流が勢いよく流れ始め、あたしは冬眠から覚めた熊みたいにのっそりと校門に向かって歩き出す。校門を出ると、ようやく、あたしの周囲にはあたしと同じ制服を着た人間がいなくなった。あたしは、そこでようやく歩調を緩める。歩道の中の人はあたしが知らない人ばかりだし、向こうもあたしのことなんか知るわけがない。誰もあたしのことを知らない人の中でその他大勢になれた瞬間ようやくあたしは本当のあたしになれる。つまり学校にいる間あたしは本当のあたしではない。嘘のあたしだ。だから血が流れていない。止まったままだ。血が止まったままなので異常に疲れるのは当たり前だ。
みんないつも友達や家族や恋人と一緒にいるのがあたしには理解できない。
あたしは一人でないと本当のあたしになれないというのに。
路地に入ったらもっと人が少なくなった。
いつも通る高架下があたしは好きだ。誰もいなくて静かだからだ。
高架下にはいつど通りだれもいないが壁ぞいに何か動くものが見えた。あたしはちょっと怖かった。高架下で動くものなんてあまりないからだ。近寄ってみると、子犬だった。全身の毛が泥にまみれてその泥が乾いてごわごわに強張っている。歩いているのだが、その歩きかたが変だ。ちょっと歩いて、ぼてっと倒れ、また歩いて倒れる。顔を近づけてみると、首に針金が巻きつけてあり、紙の札がついていた。
「この犬は死刑だ」
誰かが犬に針金を巻きつけて、犬が大きくなるにつれて針金がじりじりと犬の首をしめているのだ。
あたしはそっと犬を抱き上げて針金をはずしてやった。
犬は眠りから覚めたようにはっきりとした顔になって、あたしの手を一生懸命なめた。
あたしは、犬を抱きしめながら、ものすごい怒りを感じた。この針金を巻いた奴が許せなかった。死ねばいい。あたしが殺す。そう思った。
犬を抱いて高架下を出ると小学生くらいの男の子が二人自転車にまたがってこっちを見てバカにしたように笑っていた。
あたしは何のためらいもなく二人の自転車を横から思いきり蹴飛ばした。
二人はふっとんで、電柱に頭をぶつけた。
すいかが割れるみたいな音がした。
「お前らは死刑だ」
あたしは子犬を抱きしめて、公園の方に歩いていった。きっと桜がきれいだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけ小説家たち 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1255字
「……ということで、小説家の休日の特集記事を掲載しようと思いまして、是非先生の休日に密着取材させてもらいたいわけなんです」 新進のウェブメディア「お前有名人じゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:綺麗な監禁 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1040字
どうして扉の外側から鍵がかかっているのか。一体どういう仕組みなのか。どういう意図でこんな扉を作ったのか。そんなことを考えつつも、別に不自由なさそうだからおとな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:難しい雑草 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1015字
無意味に生きることすら許されてはいない。死んだように生きている。だけれども、やはり死んでいるのだから、もう死ぬことすらすらできない。望んで起きたことなのか、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:哀れな微笑み 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
夏休みのキャンプ地で写真を拾った。不法放棄ゴミの中にあったものらしい。おそらく接近した台風のせいで飛ばされてきて、うちの車のフロントガラスに張り付いたのだ。半分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真夏の朝の夢 ※未完
作者:イグモ@小説 お題:絵描きのお嬢様 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:304字
あの人に出会ったあの夏の一日を、私は今も昨日のことのように思い出すことが出来ます。夏休み三日目の早朝、いつものランニングコースにも飽きてきた私は、町はずれの小高 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋の闇 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:252字
恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:苦しみのピアニスト 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:792字
「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか!」 飛行機の中で、そんな場面に遭遇するとは思いもしなかった。 私は多少なりとも医学の知識を持っていたが、医者ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:失敗の宿命 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1234字
受験に失敗した僕は裏取引に応じるしかなかった。 叔父は今まで積極的に接触したことはなかったけれど、きっと大丈夫。「こんにちわ」 インターホンを鳴らすと年老いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:彼女の嵐 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:848字
「ブッチャーが入場してきそうなこった!」「意味わかんないよその例え!」 どこの世界にも悪意や呪いというのは変わらないというわけだろうか。どうしてこんな馬鹿げた存 〈続きを読む〉

砂猫の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:鋭い狙撃手 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:944字
思わず、ぼくは、彼女の後を追った。彼女は意外なほどの早足でどんどん歩いて行く。その背中をじっと見つめる。白いTシャツ。何も模様のない真っ白い布が彼女の動きに合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:理想的な幻想 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:989字
駅に着くとまだ怜子は来ていないようなのでほっとした。時計を見ると待ち合わせの時間まで三十分もある。少し早すぎるような気もしたが、時間が決まっているときぼくはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:軽い吐息 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1068字
自転車に乗って近くの公園に行く。別に何の目的もない。公園が好きなのだ。それに自宅は濁ったあまりよくないエネルギーが漂っているので、あまり気分がよくないのだ。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:くだらない年賀状 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1271字
もう二度と、一生、永遠に年賀状は書かないと決めた。理由は特にない。書きたくない、書くのが面倒だ。それはずっと思ってきた。けれども、書いていた。勉強が嫌いだから試 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:遅すぎた作品 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:905字
公園にやっぱり彼女はいた。ベンチに座って本を読んでいた。ぼくに気づいて一度こっちを見たが、知らん顔をしてまたすぐ本に目を落とした。古い文庫本だった。何かの詩集の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:僕の嫌いな逃亡犯 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1122字
アパートのドアに鍵を入れて回そうとしたら、鍵がかかっていないことに気づいた。一瞬、恐怖をおぼえながら、おそるおそるドアを開いてみると、奥の部屋に誰かが背を向けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:許せない音楽 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1067字
どんなことでも許してきたのは彼女のことが好きだからだ。むろん誰にでも欠点はある。もちろんぼkにだって。というかぼくなんて欠点だらけだ。何をやっても長続きしないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:不思議な計算 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:910字
山道を登っていたら店があったので入ることにした。少しお腹がすいていたのだ。入ってみてがっかりした。てっきり飲食店だと思っていたら、そうではなかったのだ。「いらっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:人妻の窓 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1056字
別に何の思い入れもなかった。けれども、行ってみたくなった。最後に訪れたのはいつのことだったか、覚えてもいないその街に。改札を出たところの風景は記憶と同じようにも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:汚い子犬 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1136字
授業が終わると、みんな待ちかねていたようにそれぞれの友だちのところに駆け寄る。これからどこに行こうか話している。みんなとても楽しそうな顔をしている。あたしのとこ 〈続きを読む〉