お題:疲れた目 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1018字

渇く。

今、黒を見ているから。

飢える。

赤を求めているから。

目。

今、僕は見ている。

何を?

何を。

目は嘘をつかない。

脳を騙さない。

赤が欲しい。

きっと足りないから。

サクッ。

赤が落ちる。

黒と赤が混ざり合う。

これで、飢えは満たされる。

だけと、まだ渇いている。

なら、赤を取ろう。

ぽちゃん。

赤が広がる。

痛い。

だけど、気持ちいい。

少しだけ、″味″がする。

鉄の味。

まだ足りない。

もっと、もっと。

赤が欲しい。

さくっ、さくっ。

ぽたぽた。

もっと、もっと、もっと。

サクッ…ガッ。

硬いものがある。

もっと、赤が欲しい。

ガン、ガン。

ギリ、ギリ。

溢れてきた。

赤い塊。

でも、塊はいらない。

黒で拭う。

なんだ、白だったのか。

間違えてしまった。

絞れば、何か出るかな。

ガリガリ。

ザッ。

なにも出てこないや。

あぁ、また赤が足りなくなってきた。

違うところを切ろう。

サクッ。

ザッ、ガッ。

やっぱり痛い。

だけど、気持ちいい。

あは、あはは。

いくらでも叩ける。

ドンドン、ギィ。

ガッ。

赤だ。

ポタポタ。

まだ、まだ足りない。

今度は、この場所から。

ザッ、ガッ!

ガン!ガン!

″美味しい″。

あと一つしかないや。

仕方ない。

えいっ。

サクッ、ザッ。

ボロッ。

これでぜんぶの赤。

美味しい。

赤、赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤。

一面に広がる赤。

なによりも気持ちよくて、おかしくなる。

ピチャッ、ピチャッ。

″足りない″。

これだけ見ても、まだ足りない。

最後の一つ。

ドクン、ドクン。

ザッ!

ガンッ!

バンッ!

ツーー。

これだ。

求めていたものは。

赤い、とても赤い、汁。

ここにあった。

ぼくのもとめていたもの。

こんなに″視″たから、ぼくはつかれたよ。

あれ。

ない。

ないよ。

どこにもない。

赤に埋もれちゃったかな。

白も、黒も。

棒も、袋も。

ポタポタ。

でも、いいか。

気持ちいいから。

目を″閉じる″。

ごちそうさまでした。

ガラッ。

ドン。

カツ、カツ、カツ。

ぽちゃん。

ゴロッ。

最後のたべもの、″美味しかった″。

これで、ねむれる。

赤が満たされたから。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
疲れた目 ※未完
作者:こがね お題:疲れた目 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:189 人 文字数:348字
竜二はその日、疲れた目をしていた。正面で緑茶を啜っていた美和子には、時たま虚空を睨んで眠らないように努力している様子が分かった。竜二と美和子は大学の時からの付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:ねじれた表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:403字
「あなたって、怒ったり、笑ったりすることあるの? いつも無表情でさぁ。」彼女が不機嫌そうにつぶやく。10分前に運ばれてきた食後のコーヒーにはまだ口をつけていない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大学シリーズ ※未完
作者:茂吉 お題:箱の中の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:300字
大学2年のとき、一時期、プラモデルに嵌ったことがあった。戦闘機をよく作っていた。形の美しさに魅せられていたのだと思う。塗料を買って、色も塗って、本格的に仕上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:壊れかけの耳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:927字
この耳が壊れさえすれば、私はあの人を愛さなくても良いのかもしれない。愛しているから、あの人が私以外の人と仲良さそうに話している姿に苛立ってしまう。いや、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕の好きな多数派 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1061字
好きな男の人がいます。なんて文章を書いた場合、普通の人間は女性、それも少女と呼ばれる世代が書いたモノだと判断するだろう。 だけれども、例えば『僕』っていう一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おどりと。 ※未完
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:凛としたダンス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:626字
夢を見れなくなった僕は彼女をただ追いかけることに命をかけてた。 そんな僕をおそらく彼女は望まない。わかってるけど、僕というボクを維持するには必要だった。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢い絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1219字
知り合いが「とてもいいモノを買った」と自慢してくるので見せてもらうことにした。 この知り合いは同人で漫画を描いていて、それにとても役に立つものらしい。 そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:今日のゲストはバラン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:698字
「ようこそ、お越しくださいました」 寿司屋の出迎えにしては、大人しい。 「二名で」 「カウンター席でよろしゅうございますか」 「テーブル席で頼む」 「かしこま 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋(らんばし)の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:12月の手 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1256字
暗い部屋の中。ぴちゃり。何かが落ちる音がする。(そっか…私)赤く滴る手を見つめながら鏡を見る。そこに映っているモノ。それを"壊す"ために手を取ったんだった。(… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:高貴なつるつる 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1554字
世界は悪意にあふれている。こう唱えたのは、果たして誰であったか。誰か一人の善意が、悪意へと変わるのは容易い。物の見方を変えてしまえば、世界は容易に形を変える。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:紅茶と高給取り 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1434字
目前に広がる夕焼け。世界を覆うようなオレンジ色に感銘を受ける。こんな世界で生を受けたことに感謝しながら、下を見る。動き続ける粒の数々。こうしていると、この世の全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:2574字 評価:0人
カーテンから零れる光で、意識が浮上する。「んー…」ゆっくりと背伸びをする。瞼を擦り、目脂を取る。(顔、洗わなくちゃ……)フラフラと立ち上がり、洗面台へ向かう。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:限界を超えた14歳 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:661字
荒れ果てた大地を踏みしめながら、前へ進む。(この辺りに敵がいるはずですが…)指令では、この辺りに伏兵がいるという話だ。(…初撃には気をつけないと)そう思いながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:輝く抜け毛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:634字
燃え盛る街を背に、敵を見据える。(相手は同じHIVシリーズ…)思考を回し、これからの行動を決める。(あのフォルムは恐らく150型…)至る所にあるジョイントの数と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:あきれた罪人 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1223字
荒れた大地をゆっくりと歩く。揺れるコート。吹き荒れる砂埃。今まさに、俺は旅をしている。「…ねぇ、そんな感傷に浸ってないでさぁ、答えてよ」「…なんだ」そう、一人で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:遠い宗教 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1290字
0と1。その境にあるものは、果たしてなんなのか。曖昧という言葉に隠されたもの。それは、真であり、裏である。では、0がいくつ並ぼうが、1がついていれば1なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:疲れた目 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1018字
渇く。今、黒を見ているから。飢える。赤を求めているから。目。今、僕は見ている。何を?何を。目は嘘をつかない。脳を騙さない。赤が欲しい。きっと足りないから。サクッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:イギリス式の平和 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1174字
空に立ち上る黒き煙。それが、終わり、あるいは始まりの合図だった。人々は理性を失ったかのように、暴れ始める。怒号が飛び交う中、ものを壊し、殴り、蹴り、刺し、屠り。 〈続きを読む〉