お題:宗教上の理由で口 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:1271字

思春期の期待
 うちの高校の近くにあるミッション系の女子高は、女子のレベルが高いことで有名だった。
 というか制服が可愛いので、どんな女の子でも3割増しに見えるのだ。
 更に言えば「ミッション系」という言葉もそそる。ベールに覆われたようなエロシチズムがある、というのは俺の友人の玉木の言だ。
 その玉木が、妙な話を仕入れてきた。
「ミッションの子は婚前性交渉が禁じられているから、付き合っていざ『する?』みたいな空気になったら、口でするように教え込まれているらしい」
 健全な男子高校生にとっては、凄まじい話だった。
 とりわけ、「教え込まれている」というのが、何というかヤバい。語彙力を失うほどの衝撃だ。
 誰が、一体どうやって教えているのか。あのレンガ造りの校舎で何が行われているのか。
 その真偽を誰もが確かめたいと思ったが、そこに辿り着く宝の地図を誰も持っていなかった。
 あいや、その語彙力を失うほどの衝撃を受けた副作用で回りくどい表現になってしまった。
 えーと、誰もミッションの子と付き合ったことなんてなかったのだ。
 うん、そう。そういうこと。だって怖いじゃん、なんかさ。そんなにガッツけないし。
 だが、玉木は違った。ガッツをもってガッツきにいった。
「俺は口でされるということに憧れを感じている。何故なら、口はそういうことをするための器官ではないからだ。真珠のような花びらのような唇が触れるというのは、きっと天にも昇る心地に違いない。それこそ、天国がここにあると実感させてくれるだろう」
 玉木は冒険者であり、詩人だった。
 こいつなら、きっとミッションの女子とも付き合ってくれる、そういう凄味があった。
 顔がいいわけではないが、ナンパとは押しの強さがモノを言う。知らんけど。やったことないし。
 ともあれ、玉木は宝の地図を求めて旅立ったのだった。

 それから一月の内に、玉木にはミッションの彼女ができた。
 みんな祝福したし、さんざん弄った。そして噂の真相を確かめるように急かした。
 玉木は熟練の冒険者のように慎重だった。いくらチキンと罵られようとも、自分の決めたペースを崩さず、慎重に物事を運んで行った。
 そして三か月目、遂に「明日のデートでやれると思う」と明言した。ネットカフェに行くのだ。
「今まで自然派のカフェとかで我慢していたが、今度は個室だ。向こうもわかっている、いや対面でわからせるんだ」
 運命の日の翌日、玉木は暗い顔をしていた。
 どうしたんだ、と聞かれて玉木は情けない顔で言った。
「……立たなくなった」
 結論から言えば、「口でする」は本当だったらしい。
 とは言え、それは玉木や僕らが夢想していた者とは違っていたが。
「歌を歌うんだ。神さまを讃える歌さ」
 ネカフェの個室で下半身を露出した玉木に対し、彼女は小声で歌い出したという。
 そうすると、玉木は導かれるように「達した」そうだ。
「それから立たなくなった。そう言ったら、彼女にこう言われてフラれた」
 退けサタン、お前のそれは呪われた、と。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
保湿リップ ※未完
作者:非実在墓地 お題:宗教上の理由で口 制限時間:30分 読者:195 人 文字数:552字
ぽってりとグロスの乗った唇。薄い唇。血色の悪い唇。皮の剥けてしまった唇。小さな唇。赤い唇。唇から覗くピンクの舌、白い歯。唇、くちびる。行き交う人の中にいながら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で口 必須要素:純文学 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:984字
暇だった。とにかく暇で、暇でしかたがなかった。 私は大学の食堂で、一冊の文庫本を片手に窓の外を眺めていた。空きコマ、という響きに憧れて、作ってみたはいいものの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:苦しみのピアニスト 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:792字
「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか!」 飛行機の中で、そんな場面に遭遇するとは思いもしなかった。 私は多少なりとも医学の知識を持っていたが、医者ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:失敗の宿命 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1234字
受験に失敗した僕は裏取引に応じるしかなかった。 叔父は今まで積極的に接触したことはなかったけれど、きっと大丈夫。「こんにちわ」 インターホンを鳴らすと年老いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:彼女の嵐 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:848字
「ブッチャーが入場してきそうなこった!」「意味わかんないよその例え!」 どこの世界にも悪意や呪いというのは変わらないというわけだろうか。どうしてこんな馬鹿げた存 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:意外なゲーム 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1172字
「明日帰るのかい?」「落としたモノも見つかったし、今知っている範囲での面倒事は全部解決したからな」「か~! 寂しくなるねえ~~~!!」 ここの所毎夜毎夜酒を二人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖あめ お題:マンネリな霧 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:273字
僕にはちょっとした特技がある。どんな湿度の空間でも視界が悪くなるくらいの霧を発生させることができるのだ。いわゆる超能力というやつだ。周りの人々には絶対にできない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖あめ お題:永遠の秀才 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:293字
どうやっても、天才にはなれなかった。「△△模試の結果が来たので返します。出席番号順に取りに来てください。」模試が返ってくる。不安と期待を込めて手渡された紙を開き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:難しい死 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1025字
『あなたにとって楽園はどこなの? 私にとっては世界が全てなの』 付き合って3日後に死んだ彼女は妙な手紙をオレに残してた。 ちなみにこう書くとオレが殺したかのよう 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ぐちゃぐちゃの窓 必須要素:スケベ人間 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:3969字 評価:0人
「小っちゃい頃ってさ、割とわけわかんないこと起きてたよね」 林間学校の夜、ふとアオイがそんなことを言い出した。「わけわかんないこと?」「そうそう、よく考えたらお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:自分の中の克服 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1541字
アヤメちゃんは人に話しかけるたびにおどおどして、ロクに話せなくなる子だった。 多分、わたしはアヤメちゃんとクラスで一番親しい人間で、そんなわたしでもアヤメちゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:僕の好きな許し 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1407字
僕は人を許すことが大切だと思っているし、許すという感情を持てる人間が大好きだ。 そんな僕だからか、歩いているとトラブルに出くわしやすい。 今日も、スーパーの駐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛、それは食堂 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1238字
「うちの食堂は愛情たっぷりなんですよ」 たまたま入った食堂で、お冷を持ってきてくれた女性店員がそう言った。 店員、と思ったが、この小さな食堂だ、もしかするとオー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの月 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1370字
「『アイ・ラブ・ユー』を『月がきれいですね』って訳したって話あるじゃないですか」 ディストピアSF作家春原エデンは、先輩作家で官能小説を主に手掛ける蟻田伊太利亜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:闇のクレジットカード 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1333字
ヨータは明るい男だった。毎月10日近辺を除けば。 そう、10日近辺だけヨータは人が変わったようになる。暗く、うつむき、小さな声でしゃべって、ニチャァと糸が引く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:真紅の怒りをまといしお尻 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1274字
女神に選ばれし勇者ラルフとその一行は、ついに世界にあだなす邪教の大神官・ヒーゴンを追い詰めた。神殿での死闘の末、ついにラルフの剣がヒーゴンを切り裂いた。「ぐ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:3354字 評価:1人
マルシスの下には天使がいた。 天使と彼の出会いは今から10年ほど前、マルシスがまだ大学生の頃のことだ。 マルシスの父親が所有する南の島でバカンスを楽しんでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:腐った月 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1436字
「あの山の向こうには、月が腐ったやつがたくさん落ちてるんですよ」 丹波くんは妙にロマンチックなことを言って、西の山を指した。稜線に夕日がかかっていて、本当にそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望のダンジョン 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1235字
高名な冒険者ロランのパーティが挑んだのは、「愛欲のダンジョン」と呼ばれる塔であった。「このダンジョンには特有の魔物が棲むと言います。気を付けていきましょう」 〈続きを読む〉