お題:高い社会 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:533字
[削除]

資格はお持ちで? ※未完
 目の前に、巨大な壁が聳えている。全面のっぺりとしたコンクリート。先は雲を突き抜けていて、ただ高いことしか分からない。
「………」
 周囲を威圧するその姿を私は忌々しげに見つめる。用があるのはこの先のスーパーだ。ただ高いだけのでくの坊はお呼びでない。
 顔を正面から横へ。近くに設けられた守衛室では、小太りの警備員がバラエティを視聴している。よっぽど面白いのか、事あるごとに腹が震えている。
 私はガラス窓を二回手の甲で叩く。
 守衛は煩わしげにこちらを見た後、緩慢な動作で窓を開けた。
「なに?」
 なにじゃない。仕事だ。
「ここ、通りたいんですけど」
 答えると、守衛の片手が私の前に伸びてくる。手を皿にして、彼は言った。
「お金」
「いくらでしょうか」
「1200円」
 私は思わず眉根を寄せた。ありえない。一昨日より500円も高くなっている。
「この前はもっと安かったと思うんですけど」
「知らないよ。まあ、あっちで仕入れる食材が高級になったって話は聞いたけど」
 知らぬ間にブランドが上がったらしい。相対的に自分たちの価値が低くなったと言われている気がした。
「さっさと払って」
 守衛に急かされ、私は大人しく料金を払う。
「m」
 入口が小さく開いた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:もしかして人体 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2486字
レミには他の人とは違った特技を持っていた――特技、というより、人智から飛び出した異能に近いんだけど。 それは、想いの方向を知ることができるってこと。今誰が、誰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:悔しいクリスマス 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1776字
雪が、風になびきながらもゆっくりと私の肩に落ちる。そればかりを見ていた。肩の向こうの視界には忙しない人々の歩行がある。一人なら、家に帰るんだろう。二人なら…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:コーヒーと大雪 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1422字
12月の初旬。私は窓を全開にして、扇風機の風に当たりながら自家製のコーヒーを一口含んだ後、これまたチョコチップクッキーをかじっているとテレビのニュースがこう伝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:悲観的なエリート 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1503字
今月はここでじっと身を潜めていよう。彼はゆっくりと誰にも気づかれないように腰を下ろした。彼の思ったとおりには行かず地面は少し響き、しかし幸運にも何者かがやって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:霜月 青鈍 お題:昼のコンサルタント 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:721字
最後のひとつの濁りを取り除いた私は椅子に深くもたれかかり、商品を曇らせないよう止めていた息を大きく吐いた。 デスクの上にはやっと一円玉ほどの大きさになった透明 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:走る血 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:886字
どろどろした液体が、ゆっくりと地を流れている。赤黒く、鉄臭い、――血だ。血が、地を流れている。あまりのくだらなさに内心失笑したが、体はぴくりとも反応しなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:求めていたのは地獄 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1192字
私が住む小さな町ではある問題を抱えていた。野良猫問題である。 最近逃げ出したのかあるいは元々住み着いていたのか定かではないが、十数匹ほどが徘徊しているようだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おゆみ お題:僕と就職 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1081字
こんな夜もあるのねおなかがすいてるのに食べたくないの今日はこっちは星が見えないの重苦しい色の雲が広がってるもの明日はきっと雨が降るわ風もほら、強くふいてるここは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方 お題:昼間のおっさん 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:672字
ガチャガチャガチャンと音がしたあと、お外の匂いがして、バタンってまた音がした。「ただいまー」ご主人の声。わたしはベッドから飛び降りて、扉に向かう。ご主人は中々来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イッヌ お題:緩やかな同情 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:773字
ジョワジョワジョワ。耳が詰まったかのようにその音しか聞こえない。汗がたらりと流れ、こめかみをつたって顎から落ちていくのがわかる。シャツが肌に張り付いてるのを剥が 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月のカラス 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:262字
3月の肌寒さを感じ、疲れはてた体に身を任せ、ソファーに倒れた。まぶたが重くなってくる。意識は薄れていきそして、ソファーの心地いい暖かさに包まれながら目を閉じた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた山 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:268字
最後にこの山を出るのは自分になった。なだらかな坂を下りながら振り返ってみる。穏やかな風が流れる、いつ見ても同じ姿の山がそこにはあった。山は何も変わっていない。何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい朝飯 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1033字
朝目覚めると、お父さんが台所に立っていた。珍しいこともあるものだと思い、僕はお父さんの背に向けて、声をかける。「おはよう。何つくってるの?」 僕の声を聞いたお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の独裁者 必須要素:武田鉄矢 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:2564字
今思い返すと昨日のあれは何だったのだろうか?休日の朝を、少し手の込んだ朝食を並べ優雅に過ごしていたらそれは突然現れた。「さっさとあけないか馬鹿もの!!」と入り口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える彼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:270字
彼はいつでも、燃えている。 夢に、理想に。料理から勉学まで。 そんな彼が眩しくて付き合い始めたけれど、最近は、彼との付き合いに疲れてしまっていた。 だって、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:哀れな教室 必須要素:100字以内 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:252字
いくつもの机と椅子が置き去りにされている。かつて、この部屋にはこどもたちの声が響いていたはずだ。しかし、今や、残されているものは静寂だ。ふと、目の前の机に意識が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた子犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:495字
吾輩は犬である。 名前はまだない。 …と、それっぽく言ってみたが、俺は生まれて1月くらいの子犬だ。 ちなみに名前はポチ。 朝から人間の散歩に付き合ってやって疲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と犬 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:630字
先程から、赤い首輪をした一匹の柴犬にじっと見つめられている。首輪がついているから野良ではないのだろうが、辺りに飼い主の姿は見当たらない。「なんだお前、迷子か? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい机 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:254字
今日もその机には一輪の花が揺れている。「……B組の〇〇さん、自宅マンションから飛び降りちゃったんだってー……」「……別に自○する要因なんてなかったのにねー…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大きなおっさん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:421字
ここのところ毎日夢を見る。悲しい夢だったり、怖い夢だったり、楽しい夢だったり、様々な種類の夢を見るが、共通していえることは【必ず大きなおっさんが出て来る】という 〈続きを読む〉