お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:980字

ダルマごろごろ
 あるべきものが無い。
 なんとなくこの感覚には覚えがあった。そうだ、腕の血が圧迫とかで止まった状態で朝起きたとき、その腕が冷たくなってたときと同じなんだ。動かそうと思っても動かなくって、動くほうの腕で触ってみてもまるで感触を感じられなくて、その腕を無理やり頬に触れさせてみると、まるで別人の腕を擦り付けている感覚。
 それが今は四肢全部か。いやはや無くなったものだな。

「誰も腕を動かす方法を教えてくれはしない」
 神経接続型の義肢が開発されて真っ先に膨れ上がった問題だった。
「腕よ動け」
 なんて命令は当然脳が出しているのだけれど、結局のところその電気信号を出す方法が、分からないものには分からないのだ。
 そこで考案されたのがこの、
『四肢切断体験VR』
 ということだ。
 なんでも僕の電気信号云々を読み取って、腕をこう動かしたいときにはこんな信号が、というのを学習記録するためのものだという。それだけなら別に四肢切断を疑似体験する必要は無くないか、僕はそう尋ねてみた。
「その方がリアリティあるでしょ」
 ごもっともだと思った。
 実際僕は四肢が見事にあるし、大きな怪我で動かなくなってしまったわけでもない。小学校の頃に盲目の人がどんな世界で暮らしているか、と体験する授業があったなぁなんてぼんやり思い出す程度の抵抗感しかなかった。
 
 ただどうだろう。どうにもこうして自分にあるべきものが無く、動かすものも無い状況というのは、面白い。あくまで興味深いという意味で。
「うへ」
 ぴょこぴょこと動く、肩の先の残った部分が妙に気持ち悪かった。
「しかしこれ、いつまでやってればいいんだろう?」



「簡単な時代になりましたねぇ」
 人体の四肢解体現場を顔色一つ変えずに見ながら青年は言う。
 ヘッドマウントディスプレイを装着し、麻酔で痛みも感じない被解体者は、
「おぉ」
 とか
「わぁ」
 なんて暢気に言っているのだから、グロテスクだ、なんて気も削げるものらしい。
「今時ダルマが再燃するとは思ってなかったよ」
 空前のダルマブーム。男女問わずにその道の人間はダルマがお好みらしい。中には片目を残しておいて、組織間の選挙に勝った際には、無くなった眼をはめ込むのだとか。
「どうだ、お前も初めての四肢切断とか」
「最初で最後じゃないですか」
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:722字
『レディース、エーン、ジェントルメェン! お待たせしました! 今宵も人体切断マジックの時間がやって参りました! 担当はおなじみ、わたくしジョンが務めさせていただ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:前田 お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:512字
ついに発見された遺体は金色の目玉で、捜索隊は「はて、これは本当に人間だったのかしら」と訝しんだ。その疑惑は隊員の思惑から完全に外れた位置において的中していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死神の目 ※未完
作者:もき お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:684字
少しでも指が目元に触れたり、意識的に目のことを考えると私は心のどこかから今まで経験したことのない、不安のような、ざわめきのようなものを感じることが多くなった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし(ヌケガラ) お題:今の俺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:533字
もう残った時間は少ない。この本の余白を使いここから脱出することについての考察を書いていく。直接脱出する為に必要なことは書いていない。あくまで三日三晩さ迷い続け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:激しいドロドロ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:940字
ドロドロとした液体が足元を流れてた。 触ってみると粘り強く鼻をつく臭いがする。 色は白、まるでとろろのようだ。「……?」 その元となったものを見ると、疑問しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された耳 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1159字
地下アイドル「ぶっこみ★ガールズ」は、大体20歳前後の女の子五人組でコアな人気があった。 天然で変なところで度胸のあるユミ、姉系でみんなのまとめ役のルネ、妹タ 〈続きを読む〉

サカッチ/九鹿の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:複雑な冬 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:655字
夏歌う者は冬泣くという。 イソップ寓話のアリとキリギリスと同じ意味を持つ。餌も多く暮らすのに不便のない夏のうちに備えをせず、冬になって苦しむという、常に準備を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:無意識の彼 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:804字
彼が事故のせいで植物状態になって何年経っただろうか。 私がまだ中学二年生の頃だったから、とうとう大学生になったということは、ちょうど五年前か。 そう片手が埋ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:どうあがいてもお金 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:748字
「生きるのに必要なことって、なーんだ」 常に仏頂面を崩さない幼馴染に、暇つぶしにと訊いてみた。「金」「夢がない!」 あまりのリアリストかつ直球な物言いに、思わず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冥界転生 ※未完
作者:サカッチ/九鹿 お題:急な冥界 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:965字
「異世界転生ってどう思う?」「ずいぶん急だな」 昼休み中、机を寄せてい昼飯にありつこうってときに、清水が言ってきた。「別にフィクションだしなんだってありなんじゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:汚い汗 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:949字
夏休み。セミの声が隆盛を極める頃、俺たち野球部は今日も今日とて厳しい練習に打ち込んでいた。 朝は一時間の走り込みから始まり、続けざまにベースランニング。終わっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:不本意な秀才 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:611字
二位であること。それが僕を僕たらしめる、人生そのものだった。 勉強、運動、そのほか習い事。どれをとっても僕は、自力ではどれだけ頑張っても二位どまりだった。 万 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:傷だらけの弔い 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:680字
286本目。 仲間の死を体の傷に数え始めてから、どれほど経っただろうか。末端の部隊の隊長程度でこの数なのだから、もしこれを将軍なんかがやれば、痛みで狂ってしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:裏切りのプレゼント 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:1185字
ぱんっ。 渡されたプレゼントボックスを開けると、中身はばねが飛び出るびっくり箱だった。これまでは伸びた髪のためにアイロンをプレゼントしてくれたり、あるいは私に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:絶望的な社会 必須要素:社会に対する不満 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:232字
デリバリー神様はじめました。 冷やし中華ばりの気楽さで始められたビジネスは、瞬く間に全人類に波及した。偶像崇拝を禁止していたはずの宗教も大幅に縮小され、デリバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:疲れた解散 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:655字
「かえりてぇ……」 一人三次会を敢行しながら、散々付き合わされた一次二次会のことを思い出しながら呟いた。 酒は嫌いじゃない。でも、古臭いおっさんたちみたく浴びる 〈続きを読む〉