お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:860字

頭ガムシロ
 僕はある日、ちくわのなかを見てしまったことがある。

 空っぽだった。磯臭い空気と共に向こうで動く兄弟が妙にちっぽけに見えて。

 海原というよりは、ため池のように虚しい冷たさがあったことを、大人になった今でも覚えている。

「えー、今回はお集まりいただき誠にありがたく……」

 やっと工場長の話が始まった。

「この工場はまあ、ご存知の通りお菓子工場となっているわけなのですが、今回皆さんにご覧いただくのはバームクーヘン。バームクーヘンの製造過程となっています」

 私以外の参加者からどよめきが起こったような気がした。ある場所では顔を見合わせ、またパイプ椅子を小さく鳴らし。……一人、机の上でなにか書き込んでいる奴もいた。趣味で記者でもしているのだろうか。

 しかしながら、そのどよめきに歓喜はさほど感じられなかった。手堅く、まあ、つまらなくはない。そんな安心からくるものだろう。


「えーでは、さっそく見学へ! ……と行きたいところなのですが、少しその前に、皆さんから質問がありましたらお聞きしたいと思います」

 どう捉えたのだろうか。期限の良い声でざわめきを切った工場長は私たち計十数名を見渡す。

 小部屋を一周。私たちの困惑が薄れるよりも早く暇を作った彼は、すこしおびえた後に、申し訳なさそうに私の方に目を向けた。

「なにか、ありませんか」

 私と目が合った。というか合わせてきた。

「……ええと、見学後も質問は?」

「もちろんご用意しています。……なにか、実際に見てみる前に”ここってどうなのかなー”とか、そういうかんじの」

 ____それが知りたいから見に行くのではないのか。


「…………バームクーヘンって、穴、ありますよね」

「ええ、ありますね」

「………………それって、どうやって作ってるのかなーっ、て」

 周囲から失笑の声がする。工場長も苦笑いで、「そんなことも知らないのか」という顔で見てくる。


 もちろん、俺だって知っている。

 あの深淵は、作られるものだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:482字
それは喰われた死体だった。 熊か、狼か、あるいはまだ見ぬUMAか。少なくともその死体は喰われていて、この寒さの影響で腐りもせず、いっそ美しいまでにそこに事切れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月のカラス 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:262字
3月の肌寒さを感じ、疲れはてた体に身を任せ、ソファーに倒れた。まぶたが重くなってくる。意識は薄れていきそして、ソファーの心地いい暖かさに包まれながら目を閉じた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:487字
「本当さんって知ってる?」「本当さん?」「ほんとうはコンドウさんって人らしいけど。」そこで言葉を切ると、カナエは音を立ててメロンソーダの残りを吸い込む。クリーム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1878字
「うしなわれてしまった自分の”ギフト”について考えるのって、どんな気持ちなんですか?」 言ってしまってから、しまった、とおもった。でもこの世界のたいていのストレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた山 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:268字
最後にこの山を出るのは自分になった。なだらかな坂を下りながら振り返ってみる。穏やかな風が流れる、いつ見ても同じ姿の山がそこにはあった。山は何も変わっていない。何 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:イタリア式の青春 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:596字
なんなんだよ、いったい!!『こんな地味なお団子じゃなくてぇ、カラフルなジェラートとかぁ』『ただ広いだけの原っぱじゃなくてぇ、綺麗な街並みの見える丘とかぁ』『そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:織倉未然 お題:ゆるふわな殺人犯 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:415字
その日、S市中央区にある○山庭園は、穏やかな日差しに包まれていた。優しい風がそよぎ、木漏れ日がくすくすと笑っていた。男は地面に突っ伏していて、血の池に浮かんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える彼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:270字
彼はいつでも、燃えている。 夢に、理想に。料理から勉学まで。 そんな彼が眩しくて付き合い始めたけれど、最近は、彼との付き合いに疲れてしまっていた。 だって、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ゆるふわな殺人犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:463字
ピンクハウス、とか呼ぶのだったか。 ”ふりふり”のたくさんついた、フェミニンな服装に、野犬にでも出会ったような驚きがあった。 あぜ道を、水門の様子を見に来て、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:ロシア式の天才 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:864字
さぁ劇をはじめようと彼女はいった。 そこからすべてが確かにはじまった。いや……すべてが終わったのかもしれない。 to. 世界のあり様が彼女が解き明かしてまず国 〈続きを読む〉

なたねの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:なたね お題:オチは解散 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:859字
「おい、生きてるか!」 死人に口なし、どうやってそれにNOと答えるのだろうか。あきらかに動揺した目の前の男は、私の身体を乱暴にゆすった。腕が細いくせに、なんか妙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:同性愛のドロドロ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:599字
目覚めたとたん、巨大な肉の塊が私の目元に落ちてきた。 塊は大きく揺れながら私の肌に触れる直前に止まって、ちょうど彼女は私に大きかぶさった形となった。「よお」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
少年 ※未完
作者:なたね お題:少年の兄 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:692字
「おじちゃん、もうおしごといっちゃうの?」 頷いた私にぎこちない笑みを返して、それから少年は言った。「きょうはね、僕のおかあさんが会いに来てくれるんだって。おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:オチは痛み 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:555字
私が楽屋へ向かった時に話し掛けてきたのは、同期で売れっ子の作家、サメ次郎だった。「売れてるか」「……おかげさまで」 昨年までにこんなことを言われていたら、まち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:860字
僕はある日、ちくわのなかを見てしまったことがある。 空っぽだった。磯臭い空気と共に向こうで動く兄弟が妙にちっぽけに見えて。 海原というよりは、ため池のように虚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:アブノーマルな多数派 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:855字
「我々は幸せです」 今朝、そんなことを不意に話し掛けられた。 名前も、顔も知らない。どちらかというとため息の似合うおっさんは、続けてわたしに言ってくる。「世界中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:名付けるならばそれは会話 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:700字
「330、起きているかい。330」 入ってすぐにかけた一声に、今日もそれは答えてくれた。 人形。 肉と骨を持った、無魂の人型。「__スリー、スリー、ゼロ」 空気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:なたね お題:見憶えのあるフォロワー 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:560字
「初めまして、ですよね」 電話の向こう、その日最後の相談者は、いかにも若い、まだハリのある声を持つ青年だった。「はじめまして、……えーと、ごめん。なんて読むのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:黄金の孤独 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:622字
囲まれている。 人。夢、金、愛。 私は今、この世のすべてに囲まれている。「腹が減ったな」 瞬間、腹が満たされた。 私は、全てに囲まれている。かこまれて、何もか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:地獄銀行 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:910字
男が差し出したその箱は、いかにもな生臭さを発してカウンターに載せられていた。「あのー。……お客様?」 私が彼と向かい合うように立っているのだから、それを言うの 〈続きを読む〉