お題:理想的な父 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:444字

伝説の狙撃手 ※未完
「ターゲットの絶命を確認」

「こちらでも確認。急ぎ離脱しろ」

私が引き金を引き、標的の頭に深紅の華が咲く。発見は10分以内の予定、逃げおおせるには十分な時間だ。

「セイバー、一つ残念な知らせが入った」

「何か?」

相棒を収めた大型のバッグを担ぎ、ビルからビルへひらりと飛び移りながら、片耳のインカムを押さえる。

「貴女の父上、シューターが亡くなった」

思わず体が強張り、危うくビルの淵を踏み外しかける。

「もう一度言ってくれ」

「貴女の父は、死んだ」

体から血の気が引いていく。しかし、狙撃手として父に叩き込まれた本能が、私の体を狙撃場所から遠ざける。

「遺体は回収した。どうか無事に帰ってきてくれ、セイバー」

厳格を絵に書いたような性格だが、私がこの道を志すのを最後まで拒んでいた父。自らの仕事に巻き込まれて命を落とした母を抱き抱え、涙を堪えていた父。父がいなくても私が身を守れるようにと、全てをかけて自らの業を私に教えこんだ父。

ふと、父の顔が脳裏を過ぎる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:僕と凶器 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:952字
僕は家に凶器がたくさんあることを知っている。それは現代社会の日本の中では中々考えられることのないコトだ。何故なら、それらは犯罪において使われることこそあれど、普 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:前田 お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:512字
ついに発見された遺体は金色の目玉で、捜索隊は「はて、これは本当に人間だったのかしら」と訝しんだ。その疑惑は隊員の思惑から完全に外れた位置において的中していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死神の目 ※未完
作者:もき お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:684字
少しでも指が目元に触れたり、意識的に目のことを考えると私は心のどこかから今まで経験したことのない、不安のような、ざわめきのようなものを感じることが多くなった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし(ヌケガラ) お題:今の俺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:533字
もう残った時間は少ない。この本の余白を使いここから脱出することについての考察を書いていく。直接脱出する為に必要なことは書いていない。あくまで三日三晩さ迷い続け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:激しいドロドロ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:940字
ドロドロとした液体が足元を流れてた。 触ってみると粘り強く鼻をつく臭いがする。 色は白、まるでとろろのようだ。「……?」 その元となったものを見ると、疑問しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された耳 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1159字
地下アイドル「ぶっこみ★ガールズ」は、大体20歳前後の女の子五人組でコアな人気があった。 天然で変なところで度胸のあるユミ、姉系でみんなのまとめ役のルネ、妹タ 〈続きを読む〉

びお~らの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:死にぞこないの能力者 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:432字
「だ、だれか……助け、っ……」町外れの墓場。日も傾き始め、人家も少なくなってくる頃。年端も行かない少女がアンデットに襲われている。「あ、お姉さん……!」こちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:騙された哀れみ 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:382字
がしゃん「よし、もういいぞ」そう言って目隠しを外された時、私は気を失いそうになった。何故って、自分の首が断頭台の上に固定されていたら誰だってそうなるだろう。「す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:フォロワーの手 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:444字
「これで終了、っと……」今日もひとつ、私の手で悪は潰えた。某大手SNSで活動するバカッター特定班。私はその代表を務めている。「これで79人目」県警のサイバー犯罪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
二振りの剣 ※未完
作者:びお~ら お題:強い声 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:321字
「サァ、散レ!」黒い鎧の騎士が渾身の力で両手剣を振るう。「ぐ、っ……!」「うぁっ!?」両隣の仲間たちが悲鳴と共に弾け飛んだ。私自身も辛うじて耐えるが、直ぐに立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:シンプルな朝飯 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:532字
がしゃがしゃ、じゅわぁぁ……。金属の触れ合う音。と、油の匂い。「っはぁ!?!!」がばり、と勢い良く体を起こすと、目の前の焚き火にかけられた鉄鍋。その中で踊る鮮や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:僕が愛したホテル 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:590字
パチ、パチンと何かが弾ける音で目が覚める。熱い。異常な程熱い。まず思ったのはそれだった。そしてようやく、部屋が燃えていることに気が付く。「おはようございます、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:愛、それは声 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:438字
「……て……お、てよ……」声が聞こえる、聞き覚えのある声。「起きてってば……」深みからの浮上。開けた視界を占めるのは、知らない天井。傍らには、最愛の人。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:256字
ぷっと膨らんだ赤が零れる。この液体には目に見えない無数の螺旋が含まれている。そっと透かしたそれは、とても憎らしく見えて。指先の小さな傷を握り込み、穢れた血を押し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:興奮したぷにぷに 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:440字
「ん……ん?」私はさっきまで家で寝ていたはずなのだけど。ここは自宅ではなく、森。それも秋の深まる森。仰向けのままでも赤くなった葉で視界がいっぱいだから、間違いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:びお~ら お題:緩やかなピアノ 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:405字
妹が死んだ。生まれつき心臓の弱かった妹は、僅か11歳で幕引きを迎えた。「どうして、どうして私じゃなくてあなたなの?」体温を失った、今にも潰れてしまいそうなくらい 〈続きを読む〉