お題:無意識の小説の書き方 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:840字

ゴー・トゥ・ナラティブ・ベッド
 無意識は、小説を書くだろうか?


 意識が、小説を書く。これはわかる。また、書いている内に、無意識になる。ここまでも、わかる。だが、最初から無意識で、果たして小説が書けるだろうか。書けたとして、それは、シェイクスピア作品を偶然執筆した猿と何が違うのだろう。
 睡眠障害の一種に、夢遊病がある。これは、覚醒して歩行などを行うが、その後睡眠し、目覚めたときには自分の行動を覚えていない、というものだ。夢遊病患者は、ときには殺人さえ犯すことがある。だが、それは、法律上の”殺人”にはならない。故意が無いからだ。ならば、夢遊病患者の内、小説を書く者を集めれば、無意識が小説を書くのかどうか、判断する材料にはならないだろうか?

 私は、そう考え、世界中から患者を集め出した。だが、その中である者は快癒し、ある者は歩くだけであり、ようやく執筆する者を見つけても、その書かれた内容が文字と認識できないなど、障害は多岐に渡った。それでも、何百人何千人と集めるにしたがって、中には文章を書く者も生まれてきた。
 あとは、その文章の中から、小説だと思われる物を取り上げれば良い。

 だが、ここで私ははと気が付いた。書かれた文章が小説であるかどうかを判断するのは、一体何を基準にすればよいのか。
 たとえ、患者が物語性がある文章を書いたとしても、それが単なる日記だったり、見ている夢のメモだった場合、それを小説、すなわち、想像で描かれたノンフィクションであると、どうやって判断すれば良いのだ?


 あれから30年。私の研究に、結論はまだ生まれていない。
 だが、得られたデータからは、意識的に小説を書く際との違いがわかるようになってきた。夢遊病患者は、ストレスなどによって、自分をコントロールできなくなっている場合が多い。
 だが、有意識時に執筆された小説は、むしろ、自身をコントロールした結果、生じた文章、物語となっている場合が多いのだ。

 そう、たとえば、この文章が、そうであるように。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:無意識の小説の書き方 必須要素:三人称 制限時間:4時間 読者:209 人 文字数:2056字
男はデモナ・アノナ・ボクナと言った。デモナはいつものように空を眺めて空想に耽っていた。すると、背後からデモナの肩を叩くものがある。「やあデモナ。今日はミミズで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:前田 お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:512字
ついに発見された遺体は金色の目玉で、捜索隊は「はて、これは本当に人間だったのかしら」と訝しんだ。その疑惑は隊員の思惑から完全に外れた位置において的中していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死神の目 ※未完
作者:もき お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:684字
少しでも指が目元に触れたり、意識的に目のことを考えると私は心のどこかから今まで経験したことのない、不安のような、ざわめきのようなものを感じることが多くなった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし(ヌケガラ) お題:今の俺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:533字
もう残った時間は少ない。この本の余白を使いここから脱出することについての考察を書いていく。直接脱出する為に必要なことは書いていない。あくまで三日三晩さ迷い続け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:激しいドロドロ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:940字
ドロドロとした液体が足元を流れてた。 触ってみると粘り強く鼻をつく臭いがする。 色は白、まるでとろろのようだ。「……?」 その元となったものを見ると、疑問しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された耳 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1159字
地下アイドル「ぶっこみ★ガールズ」は、大体20歳前後の女の子五人組でコアな人気があった。 天然で変なところで度胸のあるユミ、姉系でみんなのまとめ役のルネ、妹タ 〈続きを読む〉

破死竜の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:消えた秀才 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:532字
ある種の才能は、兵器である。 関わった者を、傷つけ、破壊し、時には殺し、時には一生涯残る傷をつける。 そして、兵器自身には、効率性や有効性はあっても、意思はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:意外!それは勝利 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:542字
(※昭和な楕円形のTV中で、弁士が演説をぶっている) 孫子に言われるまでもなく、戦って勝つのは下策であります。 まして、暴投に乱闘で応えるがごとき、故意の闘い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1714字 評価:0人
三島由紀夫。 ・・・・・・の死に衝撃を受けて、自衛隊に入った作家といえば、浅田次郎である。 特別に好きな作家であった、というわけではなかったが、”あの時代を作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:イギリス式の小説訓練 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:975字
イギリス人は、香港の警察官に同じく植民地であるインド人を当てたという。 締め付けへの反発を自分たちからそらすためだ。七つの海を支配し、陽の沈まぬ国と呼ばれただ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:今度の人体 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:496字
残り少ない夏を、存分に楽しもうと、彼等は、海へとやってきていた。 「日差しを補給できるのは良いね!」 「砂場で走り回れますよ、隊長!」 隊員たちは皆、はしゃい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:今年の命日 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:436字
『死人が口出し』 それが、この街をよく表す諺だった。 宇宙、とは、空間と時間を表す単語である。 宇が、空間。つまり、物理的な質量であり、宙が、時間。つまり、経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:愛、それは朝日 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:633字
なかなか届かない思い。 それも、また、愛である。 「ってなことを考えていたわけですよ」 「若いねえ」 まだ三十路前だというのに、この人は物言いがオジさんくさく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:思い出の冬 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:921字
雪は、白いというよりは、灰色だった。それが、地面に落ちると水気を帯びて黒くなる。だが、それも今だけのことだろう。増え続ける切片は積み重なり結合して、白さを増し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:どす黒いフォロワー 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:844字
「いつも、必ずリプくれるフォロワーさんがおってな」 「ええやん」 「ただな、そのリプと全く同じ内容を、DMで送ってくんねん」 「おやぁ?」 「ほんで、そっちの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:疲れた同情 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:475字
なんとかしてあげたい、と思った。 「で、いくらあればなんとかなるんだい?」 「いくらでも! 多ければ、多いほど!!」 そりゃそうだろうけども。 「具体的に、何 〈続きを読む〉