お題:鈍い天使 制限時間:2時間 読者:20 人 文字数:555字
[削除]

突然のワープッ!
私は下級天使リオン。もう少しでランクアップ!
と、言いたいところだけどそれは無理。
何故かって?あのね、私天使なのに飛べないんだぁ...
「練習始めようかな!」
意気込んで翼を全力で羽ばたかせる。
ふわりと宙に浮いた!と思ったけどすぐに降りてきちゃった。
「皆と同じくらい羽ばたかせてるつもりなんだけどな...」
「あ、リオン!おはよ!」
「イリス!」
この子は友達のイリス。飛ぶのも上手だし、仕事もしっかりこなすすごい子。
もうすぐ女神に昇進するんじゃないかっていわれている。
「飛ぶ練習?えらいね」
「全然出来ないんだけどね...」
「もっとこう...風を押すように動かしてみて?」
イリス...優しい...
風を押すように...頑張ってみよう!
__ブワワッ__ストッ__
「ダメだった...ごめんイリス...」
「ううん!全然いいの!」
私やっぱ無理かな...
「うーん...もっと大きく動かすイメージで!」
本当イリス女神...
(こうかなっ...)
思い切り翼を広げて動かす
__ビュオオッ__
「...っ飛べた!飛べたよイリス!」
...あれ?何か落ちてって...
「うわぁぁぁ!?」
__ドスッ__

「ここって...」

何度も天界から見てたから知ってる...ここは...

__人間界だ__
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:dipper お題:平和と消費者金融 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:3355字
戦争とは、もはや現代に生きる日本人にとって想像し難い物になっていないだろうか。 だが、戦いに身を投じる者は存在するのだ。法廷の世界を舞台に、鎬を削る者達が。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鋼㋨柚酉 お題:官能的な駄洒落 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:2907字
「おや、今日はどうしたんじゃ? やけに元気がないのう」 家のチャイムが鳴ったので出てみると、しょげた顔の猫耳娘が立っていた。 「ししょお……魔術教会で出された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蓮狐 お題:ロシア式の病院 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:1082字
白く、真っ白な景色だけが広がっている。気づいた時には、身も知らぬ場所に寝ていた。少しして、それがベッドの上だと気づく。隣にあるベッド達にも、向かいにあるベッド達 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:dipper お題:猫の国 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1010字
ある所に猫の額ほどしか面積がない、猫だけが住む国があると言われている。 猫好きが来ては惜しみながら帰るのだが、彼らに課せられた時間制限は曖昧な物であった。「こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:dipper お題:不幸な爆発 制限時間:2時間 読者:27 人 文字数:731字
今不幸があるとすれば、このような時間に欲求が爆発したことだろうか。 何故不摂生に拍車をかけ、眠気と戦いながらやたらと腕を酷使せねばならんのか。 しかし、本能的 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:彼方 お題:調和した発言 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:1340字
七月の終わり、熱気は上から下から容赦なく気力を奪い、肌は湿気と汗でベタベタと張り付き、蝉は煩くがなり立てる。そんな不快な日だった。屋外のそのような野蛮な状況な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:dipper お題:恥ずかしい内側 制限時間:2時間 読者:31 人 文字数:952字
「はぁ……」 重い顔をした女性が病院から出てくる。彼女はそこに務める医師が好きだ。しかし、病院は嫌いだ。 その医師に、見られるのが嫌な部分を見せざるをえないのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方 お題:去年の扉 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1266字
私は未来への扉を開けようと、扉の前に立った。一見木製に見える光沢のある濃い茶色の扉はむっつりと黙り込んでいて、重々しい様子だったが、私は「開かないこともないん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アテルイ お題:最弱の豪雨 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:1216字
資料室に帰ると上司と鉢合わせた。 「あぁ、ちょうどよかった。今人手が足らないんだ。ちょいとここに手伝いにいってくださいな。」 口調はしっかりしているが徹夜明け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:誰かは時雨 制限時間:2時間 読者:47 人 文字数:420字
あいにくの通り雨ですね、最近晴れの日が増えてきてたんですけど。まあしょうがないですね、梅雨がすぐそこにいるんですもの、雨も降ります。え、比喩かって?違いますよ、 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
奇妙な門 ※未完
作者:匿名さん お題:奇妙な門 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:477字
あれは、去年の今ぐらいだったかな。私と彼氏とAとAの彼氏さんと夜集まって飲んでてさあ。なんか、あるじゃん。なんでそうなったか分かんないんだけど、よくある話。怖い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある失踪 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1148字
「締め切りから1時間しか遅れていないとは、随分と早いご到着ですね。何か言い残すことはありますか?」「先生、今から例えばの話をします。もし、私がサイコロを振ったと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の家 必須要素:衝撃の展開 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:175字
俺はこれから今年の家を決めようと思う。なぜなら毎年、住む家を変えているからだ。「さて、何にしようかな……」百軒ぐらいの空き家を澄んだ空気の中、1人で見ている。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かのお茶 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:620字
まあ座れって。へへ。雨も降ってたし大変だったっしょ。帰りまでに止むといいけど……お前んちたしか結構遠くなかったっけ?前、お前んちに遊びに行ったときは30分くらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれし友人 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1026字
俺には、、、やばい友人がいるんだ。そいつの名は、、、ダーククオリネンスこいつの名前を考えたやつはアホだと思う。こいつの名前を聞いた時、中二病だと思ったさ。だが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
指南 ※未完
作者:匿名さん お題:ねじれた王子 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:271字
彼は国一番のひねくれ者だった。「疫病だよ? 罹患者隔離するだけで大丈夫とは到底思えないけど」「直におさまるって、その頃にはあらかた稲が食べ尽くされてる。民はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
牛丼食べたい ※未完
作者:匿名さん お題:未熟なボーイ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:674字
牛丼食べたい。ビルの巨大なモニター画面では不思議なニュースがやっている。昨日を境にしてインターネット上の様々な場所ででHiという投稿が相次いでいるというものだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけのプレゼント 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1204字
電池を入れ替えてもダメなので、ああ遂にか、とリサは嘆息した。その様子に気がついた友希那が、リサの手元を覗き込む。「どうしたの?」「あー、うん。このコ、もう駄目 〈続きを読む〉