お題:鈍い天使 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:555字
[削除]

突然のワープッ!
私は下級天使リオン。もう少しでランクアップ!
と、言いたいところだけどそれは無理。
何故かって?あのね、私天使なのに飛べないんだぁ...
「練習始めようかな!」
意気込んで翼を全力で羽ばたかせる。
ふわりと宙に浮いた!と思ったけどすぐに降りてきちゃった。
「皆と同じくらい羽ばたかせてるつもりなんだけどな...」
「あ、リオン!おはよ!」
「イリス!」
この子は友達のイリス。飛ぶのも上手だし、仕事もしっかりこなすすごい子。
もうすぐ女神に昇進するんじゃないかっていわれている。
「飛ぶ練習?えらいね」
「全然出来ないんだけどね...」
「もっとこう...風を押すように動かしてみて?」
イリス...優しい...
風を押すように...頑張ってみよう!
__ブワワッ__ストッ__
「ダメだった...ごめんイリス...」
「ううん!全然いいの!」
私やっぱ無理かな...
「うーん...もっと大きく動かすイメージで!」
本当イリス女神...
(こうかなっ...)
思い切り翼を広げて動かす
__ビュオオッ__
「...っ飛べた!飛べたよイリス!」
...あれ?何か落ちてって...
「うわぁぁぁ!?」
__ドスッ__

「ここって...」

何度も天界から見てたから知ってる...ここは...

__人間界だ__
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:藍色の何か。 お題:昨日の独裁者 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:2238字
「・・・昨日は大変だったね。」「・・・そうだな。」‘はぁ・・・’と吐息を吐くおれ達は単なる中学生だ。中学三年生。そう。科学が一番難しくなるときだ。時は昨日の三教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:霜月 青鈍 お題:彼女の人 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1517字
今日も僕と彼女は僕が住むアパートの狭い和室で一日を過ごしていた。 日が暮れてきて薄暗くなった部屋で僕達は夕食の支度を始めた。 僕は壁に立てかけてある折りたたみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:刹那の夕飯 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1034字
柔らかく煮込まれた大根細かな切れ込みの入ったこんにゃくきっちりと結ばれた昆布に、出汁をよく吸って太ったちくわ。卓上ガスコンロによって背丈の増した土鍋は、向かいに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000の高給取り 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:3089字
所詮貴方には成れない。そんなこと知っているけど?と身体の細胞が震えている。それとも、震えているのは私の身体だろうか。この世界は強者と弱者で構成されているらしい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばにすか お題:彼女が愛した保険 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:690字
「いいお天気」5月の太陽が眩しくて、ため息みたいに言葉が漏れた。屋上からは青い空と、灰色の建物が見える。今日は一際、その色が濃く濡れていた。夏はすぐそこだと言わ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ラ@メルスト お題:トカゲの小説合宿 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:1106字
暑い日だった。あの時はそんなことを気にもとめず、足下に転々と染みを増やすそれから目が離なかった。「ここな、虹色のやつがいるんだ」そっと耳打ちをしてにんまり笑った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:椎名 葛 お題:薄汚い空 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1366字
「ピアノよ」「ピアノ?」「そう、ピアノが聴こえるの」灰色に霞掛かる青い青い空の下で、彼女は僕に言った。「拙くて、でも耳に残るの。誰も居ないのにその音だけが聴こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリ。 お題:つまらない罰 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1761字
たまには外に出よう。そう思って車を走らせた。 白い車体は春の日差しを受けて眩く光った。暖かい空気は少し甘く香る。草の匂い。風でここまで運ばれてきたのだろう。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:死にぞこないの夏休み 制限時間:2時間 読者:22 人 文字数:645字
だるい。もう少しでGWだ。ちょっとした夏休みというか春休みというか。東京に来て3週間以上が経った。私は何か変わったのだろうか。上京してきたときは綺麗だった部屋は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:薄汚い恋 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:551字
私は18歳にして、汚れに汚れた生活を送っている。中学校は不登校 通信制の高校に入るも1年の前期を終える前に中退今は友人がつながりを持っていたいわゆる体を売るお店 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月のカラス 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:262字
3月の肌寒さを感じ、疲れはてた体に身を任せ、ソファーに倒れた。まぶたが重くなってくる。意識は薄れていきそして、ソファーの心地いい暖かさに包まれながら目を閉じた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた山 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:268字
最後にこの山を出るのは自分になった。なだらかな坂を下りながら振り返ってみる。穏やかな風が流れる、いつ見ても同じ姿の山がそこにはあった。山は何も変わっていない。何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい朝飯 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1033字
朝目覚めると、お父さんが台所に立っていた。珍しいこともあるものだと思い、僕はお父さんの背に向けて、声をかける。「おはよう。何つくってるの?」 僕の声を聞いたお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の独裁者 必須要素:武田鉄矢 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:2564字
今思い返すと昨日のあれは何だったのだろうか?休日の朝を、少し手の込んだ朝食を並べ優雅に過ごしていたらそれは突然現れた。「さっさとあけないか馬鹿もの!!」と入り口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える彼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:270字
彼はいつでも、燃えている。 夢に、理想に。料理から勉学まで。 そんな彼が眩しくて付き合い始めたけれど、最近は、彼との付き合いに疲れてしまっていた。 だって、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:哀れな教室 必須要素:100字以内 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:252字
いくつもの机と椅子が置き去りにされている。かつて、この部屋にはこどもたちの声が響いていたはずだ。しかし、今や、残されているものは静寂だ。ふと、目の前の机に意識が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた子犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:495字
吾輩は犬である。 名前はまだない。 …と、それっぽく言ってみたが、俺は生まれて1月くらいの子犬だ。 ちなみに名前はポチ。 朝から人間の散歩に付き合ってやって疲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と犬 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:630字
先程から、赤い首輪をした一匹の柴犬にじっと見つめられている。首輪がついているから野良ではないのだろうが、辺りに飼い主の姿は見当たらない。「なんだお前、迷子か? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい机 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:254字
今日もその机には一輪の花が揺れている。「……B組の〇〇さん、自宅マンションから飛び降りちゃったんだってー……」「……別に自○する要因なんてなかったのにねー…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大きなおっさん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:421字
ここのところ毎日夢を見る。悲しい夢だったり、怖い夢だったり、楽しい夢だったり、様々な種類の夢を見るが、共通していえることは【必ず大きなおっさんが出て来る】という 〈続きを読む〉