お題:希望の青春 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:913字
[削除]

今後とも、よろしく ※未完
 窓の外は溢れんばかりの青空。今日一日は雲の一つもできやしないだろうと確信させてくれる、そんな安心感のある空模様だった。
 遠くから学生の歓声が聞こえてくる。そういえば、校庭の桜で花見をするという話が持ち上がっていた。クラスメイトたちは皆、そっちに向かったのだろう。
 ――どうりで静かなわけだ。
 誰もいない教室は海の中のようだ。聞こえてくる音の何もかもを薄膜で包み込んでくれる。
 こんな季節は机の温もりがちょうど良い。頬から伝わる暖かさが眠気を誘ってくる。その心地よい誘惑に身を任せようと、ゆっくり目蓋を閉じた。
「ちょっと」
 頭に鈍い痛みが走る。身体を起こせば、僕の傍に一人の女生徒が立っていた。持ち上げられた片手には藍色の卒業証書。どうやら僕はあれではたかれたらしい。
「なに?」
「なに、じゃない。なんでこんなとこで惰眠を貪ってんの?」
「今、眠ろうとしてたところなんだけどな」
「関係ない。というか、どうでもいい」
 彼女の眼は細い。いつもは丸いそれが、今は猫のように引き伸ばされている。彼女が憤っている証拠だ。
「もしかして花見に参加しないことを怒ってる? あれは自由参加だったはずだけど」
「あの空気でよくそんな風に思えるね。ある意味感心するわ」
「それはどうも。話は終わり?」
「嫌味だから。それと本題はまだ」
 彼女は前の席の椅子を引くと、僕と向かい合う形で座った。どうやら話は長くなりそうだ。
「今日が何の日か知ってる?」
「卒業式?」
「そう。高校生活も今日で終わり。で、訊きたいんだけどさ」
 僕に問いつめるような視線を向け、彼女は言った。
「あんたの友達は?」
 僕はしばらく考える。そして、人差し指をまっすぐ前に伸ばした。
 その指を彼女はすぐさま掴み、強引に曲げた。
「私は友達じゃない」
「そうだったね」
 僕は笑みを零しつつ、大人しく手を引っ込める。机の下で指をさすっていると、彼女は小さくため息をついた。
「高校になったら友達を作れって、あれほど言ったのに。結局誰とも仲良くならなかったじゃない」
「僕は仲良くなる気はあったんだけど」
「歩み寄る努力をしてほしかったな」

「大学が」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:七峰来駕 お題:希望の青春 制限時間:15分 読者:890 人 文字数:433字
誰もが羨む青春とやらは、地獄だ。とサカモトは女子集団の会合に付き合わされながら天井の蛍光灯を仰ぎ見た。 ここはかつて県立女子校だった場所だ。過去形で言うからに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:野宮 お題:希望の青春 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:761字
「青春って言うのはさー」「うん」「こう、さ! きらきらしてるんだよ!」 ははっ、そりゃあまた曖昧な。漠然としたものだねえ。 こぶしを振り上げて熱を上げている彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鋼㋨柚酉 お題:馬鹿な悪魔 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1062字
魔に属しているというだけで、人間に忌み嫌われる存在。 この身を呪わなかった日などない。しかしそれも、もうじき終わる。 湿気と黒カビにまみれたこの暗い牢の中で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イグモ@小説 お題:わたしの嫌いなふわふわ 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1295字
とにもかくにも、急がなければなるまい。私には明らかに残り時間がなかった。今から数時間前、それはおそらく夜の11時を回ったころだったと思われるが、その時点で私は、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:希望の声 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1583字
今日も一段と風が強いなとヤマダは腕を組み体を縮こまらせた。ダスターコートは失敗だったかなと思いながら交差点の信号が青になるのを待った。周りを見るとマスクをした 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:君の潮風 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1855字
葉桜の並木道をタナカは自転車で駆け抜ける。裏にあたる校門を飛び出し左折。家は右折して10分の所にある。少し走ると海岸沿いに着いた。それをまっすぐ走り抜ける。所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黄身鳥 お題:計算ずくめの「うりゃぁ!」 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:3987字
「ちがう! お前の叫び声には魂がこもってねえんだよ! もっと! お前の中の熱い何かを呼び覚ませよ!」 先輩の怒号が響く。 俺は下っ端スーツアクターだ。大学のバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:残念な海辺 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1764字
「あちゃーこれは失敗したな」 夏。カンカン照りの中、タナカとヤマダは海水浴場の駐車場へ車を停めるところだ。幸い車は停められたが、助手席から降りたところでタナカは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イグモ@小説 お題:高貴な小説訓練 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1208字
起 何をやってもすぐに飽きてしまうお嬢様が小説の訓練を始める承 屋敷の者は誰も小説の書き方を知らない転 小説にハマったお嬢様が屋敷の者に小説を教え始める結 お屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東雲しいかは文を書きたい お題:それいけ作品 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:631字
最悪。 ぼそ、と吐き捨てるように呟きながら私は天を仰いだ。 期末のテストが返された。結果は散々。赤点の教科もいくつかある。 「勉強、してなかった訳じゃないのに 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
奇妙な門 ※未完
作者:匿名さん お題:奇妙な門 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:477字
あれは、去年の今ぐらいだったかな。私と彼氏とAとAの彼氏さんと夜集まって飲んでてさあ。なんか、あるじゃん。なんでそうなったか分かんないんだけど、よくある話。怖い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある失踪 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1148字
「締め切りから1時間しか遅れていないとは、随分と早いご到着ですね。何か言い残すことはありますか?」「先生、今から例えばの話をします。もし、私がサイコロを振ったと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の家 必須要素:衝撃の展開 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:175字
俺はこれから今年の家を決めようと思う。なぜなら毎年、住む家を変えているからだ。「さて、何にしようかな……」百軒ぐらいの空き家を澄んだ空気の中、1人で見ている。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かのお茶 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:620字
まあ座れって。へへ。雨も降ってたし大変だったっしょ。帰りまでに止むといいけど……お前んちたしか結構遠くなかったっけ?前、お前んちに遊びに行ったときは30分くらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれし友人 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1026字
俺には、、、やばい友人がいるんだ。そいつの名は、、、ダーククオリネンスこいつの名前を考えたやつはアホだと思う。こいつの名前を聞いた時、中二病だと思ったさ。だが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
指南 ※未完
作者:匿名さん お題:ねじれた王子 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:271字
彼は国一番のひねくれ者だった。「疫病だよ? 罹患者隔離するだけで大丈夫とは到底思えないけど」「直におさまるって、その頃にはあらかた稲が食べ尽くされてる。民はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
牛丼食べたい ※未完
作者:匿名さん お題:未熟なボーイ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:674字
牛丼食べたい。ビルの巨大なモニター画面では不思議なニュースがやっている。昨日を境にしてインターネット上の様々な場所ででHiという投稿が相次いでいるというものだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけのプレゼント 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1204字
電池を入れ替えてもダメなので、ああ遂にか、とリサは嘆息した。その様子に気がついた友希那が、リサの手元を覗き込む。「どうしたの?」「あー、うん。このコ、もう駄目 〈続きを読む〉