お題:素人の床 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1094字

言葉がいらないからこその、
 そういう関係性を持つことが、大人になったということなのか、それとも子どもだからこそ、そういうことを仕出かしたことで大人になったフリをしてしまうのか。どちらにせよ、ああだこうだ言うのも無粋な話。
 それでもやっぱり、そういうことをしたということは、あたしにとっても、アイツにとっても、日々の変化を求めていた。変化と言うより進化なのか、いや、変態かしらね。
 とにかく、アイツのへその下には変な斑点があって(傷跡?)、どうやらあたしの腿の裏にはホクロがある。ということを知っている仲になったということ。

「で、いつまでよそよそしくなっているのよ」
 そんなことがあったのが、もう一週間以上前だということが、本当にこの男というのはよくわからない。いつもは無駄に尊大で、自惚れている面すらあるというのに、あたしとの遭遇を避けている。軽く声でもかけてみたら、耳をいつも以上に触り(アイツは焦ると耳をずっと触る癖がある)、どこかへ言ってしまう。
 だからあたしは、もう面倒だから手っ取り早くアイツの家に尋ねてきた。いつものようにアイツのママさんと軽くお話をして(なんか察せられた。うーん、母は強し)、ママさんは買い物に行く。そしてあたしはアイツの部屋で待っている。あ、また漫画が増えている。読んでおこう。
 そんな風に待っていると、部屋のドアが開かれて、登場するのはもちろんこの部屋の主。

「おおおっ!?」
「いや驚きすぎでしょ」
 ベッドの上で座って待っているのは、あたしとしてはまだまだ余裕があるということ。怒ってはたぶんいない。というかそういうことも含めて、こいつと一緒にいるんだから。これくらいのことで一々感情的になる必要性はない。

「で、一週間前のことを無かったことにしたいわけ?」
「いや、その、いや、そんなわけがあるかい!」
 余裕綽々なあたしにたいして、こいつはいつもの十倍以上全身でアタフタを表現していた。ギャグ漫画でもここまでおかしな動きはするまい。
 だからあたしは、右手をポンポンとベッドを叩く。とりあえず座りなさいな。座ったら、落ち着くだろう。
 ロボットのようにガタガタした動きをしながら、この人はあたしの隣に座り込む。
 にーっと微笑んだ顔を見せつけると、もの凄い勢いで耳を触りながらそっぽを向いてしまう。
「こっちを見なさい」
 命令口調。そうしてやっと、やっとあたしの大好きな人はこっちを向いてくれる。
「一週間ぶりに目が合ったわね」
「いや、もう毎日目を合わせていたよ。本当に、自然と目に入っちゃうんだわこれが」

 たぶん、今日もまた、重ね合わせるだけ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:素人の床 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1021字
お金に余裕ができたのでリフォーム工事をお願いしてみた。 爺ちゃんの爺ちゃんから存在してる歴史ある建物。今じゃ歴史的建造物として数えられる一つでもあるらしい…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:せかいせいは お題:素人の床 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:503字
「あら、あらあらあらあらぁ? これはどういうことかしら、マリア?」「まぁ、まあまあまあまぁ!これはどうしたことでしょう、マリア?」立て続けに二人の少女に責められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの大学 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:582字
思った通りだ。目の前に続く道を見て思う。昨夜は大雨だった。一夜にして雨雲は去ったようで今現在の天気は快晴。雲一つない空が広がっている。しかし僕の気持ちはそれほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された光景 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1039字
西園寺さんと東さんは仲がいい。見ていて心が洗われるようだ。 西園寺さんは割とお嬢様で、ちょっと世間知らずなところがあるらしい。確かに、何かにつけて子どものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:昔の接吻 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:494字
過去から来たんだよ。彼はそう言って私にキスをした。もしも本当にあなたが過去から来たなら、どうして私を選んだの。私が聞くと、彼は照れるように笑った。「俺の女房と似 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな洞窟 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:409字
「ねぇねぇ、これ知ってる?」「何これ」「巷で噂のせくすぃぃ~でエッッッッロイ洞窟だよ~、知らない?」「知らないよ」巷で噂らしいセクシーでエロイという洞窟の写真を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:フニャフニャの暗殺者 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:554字
ソレは、その時を今か今かと待ち構えていた。 手に汗を、コントローラーを握りながら、必死に神経を集中する。この時の為に、発売以降ネットを絶ち、攻略本にも手を出さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ねじ巻き家鴨 お題:今度の昼下がり 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:447字
財布を握りしめる。もう直ぐで正午。3、2、1――。 終了のチャイムと共に立ち上がって教室を駆ける。「こら! 走らない!」 背後から聞こえてくる先生の声なんて構 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡月悠生@5/26関コミA-80 お題:くだらない作品 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:890字
「くだらないね」女は原稿を投げ捨て、言い捨てた。マスクの奥から流れるように紡がれるフランス語は、いつものことながら、演劇のように大袈裟だ。「おいおい、随分と辛辣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:くだらない作品 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:816字
『先生 今回もお見事でしたね。 母に向けたメッセージという子どもめいた部分はたくさんの母親世代がときめきをえたようです。 また子どもが親に愛を求めてるという部分 〈続きを読む〉

Dynamite・ダツの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:小説の昼 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1162字
たった一時間である。六十分。三千六百秒。二十四分の一日。 言い方なんてものはどうでも良いのだが、とにかく、それだけの存在だということ。 何が。昼が。昼間という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:ラストは村 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1044字
これは帰る場所がある旅物語。最後は必ず村に帰ってくる。そんな物語。 しかしながら、そんな話を何度も耳にしていると、はたしてその主人公は帰って来るのが本当に幸せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:官能的な音楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1122字
距離が近い。 距離が近い。 距離がとってもとっても、近い。「……スー……スー……フー……」 綺麗な呼吸だと思う。たぶん。いやわからない。耳元で呼吸の音が止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:大好きな汁 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:965字
味噌汁は家庭の味なのだろうか。一人暮らしをして、ふと思ったことがある。 昔テレビの何かで言っていた、味噌汁はお袋の味と。だけれども、実際そんな凝った味噌汁を( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:汚れたダンス 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1082字
結局私は、姉の言いなりなのだろうか。たった数分生まれたのが早いだけだというのに、私は、姉には逆らえない。 どうしてなのか。それは多分、姉は明るくてみんなと良く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:汚れたダンス 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1061字
お題を無視して即興小説を書くというのは、汚れた手段で踊っているような感覚である。今現在の調子は非常に悪い。そういう時にこういう後ろ向きなお題が出てくるのは、非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:計算ずくめの踊り 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:874字
カリスマ性がある英雄を、如何に腐らずに輝かせるか。どうしたら完璧な踊りを魅せてくれるのか。そういうことを毎日頭を働かせなければならないのが為政者である。しかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:凛とした母 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1032字
家族というのは本当に温かみがあるモノなのか。本でもテレビでもネットでも、家族の大事さを説いているモノが多い。だけども、僕にとっては、いや、あの家にとって僕は、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:男同士のむきだし 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1085字
男同士で裸を晒して、全てをむき出して語り合う。それが一緒に風呂に入るということである。 なぜ銭湯に行こうだなんて流れになったのかはわからない。ただ今日は暑かっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:調和したブランド品 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1091字
全く思い浮かびませんので、適当なことを書いて誤魔化したいと思います。だいたいこのお題でなにを書けば良いのだろうか。整ったブランド品であったなら、それはブランド 〈続きを読む〉