お題:苦い計画 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:200字
[削除]

悪戯レベル
「いいか……これをあいつに飲ませる」
「了解」
「う……うん」
 教室の片隅で額を寄せ合って、もうひとりの友人への悪戯を話し合っていた。だが、俺は若干その計画に乗り気じゃない。なぜなら、その友人が飲まされそうになっているモノがすごく苦いのを知っているからだ。健康に害がないのはわかっていても、正直、オススメできない。
「よし、いくぞ」
 飲まされるあいつがひどい顔するだろうな、と申し訳なくなった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:殺された希望 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1256字
自我の分離。それは、あってはならない事象。身体の中に一つの椅子しか存在しないように、贋作が贋作であるように。この世界に正しきものは一つしか存在してはいけない。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い多数派 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1297字
「昔々あるところに、黒い魔法使いの村がありました……」 大鷺高校文芸部部長・真倉エミリの自作の絵本の語りを、同高校美術部部長の七條露子は期待と恐れの入り混じった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:ねじれた電車 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:895字
その日は世界が変わってしまった日であった。世界に魔法が生まれたのだ。魔法と言ってもあくまで比喩表現だ。魔法というよりは悪魔と言うべきか。とかく、僕はそんな異様な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:恥ずかしい事故 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:402字
夏の思い出作りに繰り出した。いつもの悪友、腐れ縁のトシローと一緒である。お盆が開けて急に涼しくなってきたので、近視眼のトシローは焦っているようだった。「海にゃ入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:僕と凶器 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:952字
僕は家に凶器がたくさんあることを知っている。それは現代社会の日本の中では中々考えられることのないコトだ。何故なら、それらは犯罪において使われることこそあれど、普 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:512字
ついに発見された遺体は金色の目玉で、捜索隊は「はて、これは本当に人間だったのかしら」と訝しんだ。その疑惑は隊員の思惑から完全に外れた位置において的中していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死神の目 ※未完
作者:もき お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:684字
少しでも指が目元に触れたり、意識的に目のことを考えると私は心のどこかから今まで経験したことのない、不安のような、ざわめきのようなものを感じることが多くなった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし(ヌケガラ) お題:今の俺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:533字
もう残った時間は少ない。この本の余白を使いここから脱出することについての考察を書いていく。直接脱出する為に必要なことは書いていない。あくまで三日三晩さ迷い続け 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
奇妙な門 ※未完
作者:匿名さん お題:奇妙な門 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:477字
あれは、去年の今ぐらいだったかな。私と彼氏とAとAの彼氏さんと夜集まって飲んでてさあ。なんか、あるじゃん。なんでそうなったか分かんないんだけど、よくある話。怖い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある失踪 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1148字
「締め切りから1時間しか遅れていないとは、随分と早いご到着ですね。何か言い残すことはありますか?」「先生、今から例えばの話をします。もし、私がサイコロを振ったと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の家 必須要素:衝撃の展開 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:175字
俺はこれから今年の家を決めようと思う。なぜなら毎年、住む家を変えているからだ。「さて、何にしようかな……」百軒ぐらいの空き家を澄んだ空気の中、1人で見ている。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かのお茶 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:620字
まあ座れって。へへ。雨も降ってたし大変だったっしょ。帰りまでに止むといいけど……お前んちたしか結構遠くなかったっけ?前、お前んちに遊びに行ったときは30分くらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれし友人 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1026字
俺には、、、やばい友人がいるんだ。そいつの名は、、、ダーククオリネンスこいつの名前を考えたやつはアホだと思う。こいつの名前を聞いた時、中二病だと思ったさ。だが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
指南 ※未完
作者:匿名さん お題:ねじれた王子 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:271字
彼は国一番のひねくれ者だった。「疫病だよ? 罹患者隔離するだけで大丈夫とは到底思えないけど」「直におさまるって、その頃にはあらかた稲が食べ尽くされてる。民はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
牛丼食べたい ※未完
作者:匿名さん お題:未熟なボーイ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:674字
牛丼食べたい。ビルの巨大なモニター画面では不思議なニュースがやっている。昨日を境にしてインターネット上の様々な場所ででHiという投稿が相次いでいるというものだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけのプレゼント 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1204字
電池を入れ替えてもダメなので、ああ遂にか、とリサは嘆息した。その様子に気がついた友希那が、リサの手元を覗き込む。「どうしたの?」「あー、うん。このコ、もう駄目 〈続きを読む〉