お題:謎の夜風 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:776字

理由。
 喧嘩した。
 親と喧嘩した。
 他人からしてみたら、些細なことかもしれないけれども、それでもお互いに振り上げた拳を抑えられなかった。

 だから、家出した。私にとってこんな時間まで外出をすることなんて、一度も無かった。それくらいの、関係性だった。
 縛られている? わからない。だけども、こうしてこの時間に外に出ていたから、夜風に当たるのがそこまで気持ち良いわけではないということがわかった。

「だから、こうして僕の家に来たってことだね」
「……うるさい」
 今の季節でも夜は寒いということも初めて知った。それを知ってから遠出をする気にはもちろんなれなかった。知らない人の家に行くことも考えたけれども、私にはそんな勇気が無かった。

「兄さんは黙って私を泊めたら良いんですよ」
「はい、はい」
 ハイは一回。なんてことを兄がまだ家にいた時、母はそう言い聞かせていた。兄さんはそれを言われるとどこか嬉しそうにハイと言い直していた。

「母さんには連絡しておくから、今日はゆっくりしていっていいよ」
「……」
 私は黙って首を縦に振った。これは、なににたいしての感謝なのかわからなかった。

 こうして母から逃げるように、一人暮らしをしている兄の元へやってきた。五歳離れた兄は高校を卒業すると同時に家から出て一人で暮らすようになった。
 私からしてみれば、不思議でしょうがないことだった。だって兄さんがお母さんお父さんと喧嘩している姿なんてみたことがなかったから。
 こうして家から一人減って、妹と、その下の弟と妹たち、そして両親で暮らすようになって一年の間、お母さんは私に過干渉になっていった。
 どうしてなのかはわからない。急に私しかいなくなったから?
 今日ここに来たのは、もちろん喧嘩したからでけれども、兄がここにいる理由も知りたかった。から。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:謎の夜風 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:484字
カロカロロ…。 その男は笑っていた。 なんともなく、なにとはなく。 ただ、笑みを浮かべて空を仰いでいた。 群青い帳を穿つ白き光がそんな彼を包み込むように差し、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ともだちの歌 ※未完
作者:匿名さん お題:謎の夜風 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:1398字
「何か言った?」 そう聞こえた声。確かに私の耳には残っている。 夏祭りの帰りに、いつもの道を通っていただけ。河原で開かれているお祭りだから、ちょっと遠かっただけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:baraken-SAS お題:謎の夜風 制限時間:15分 読者:224 人 文字数:571字
「うおおおおお!」夏祭りの最中、五郎は夜の突風に巻き込まれた。「一体何が起こった!」周りを見ると、風の影響で、着物を着た女子の胸元がはだけ、大きな乳房が見えた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚れた恋愛 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:257字
待ち合わせの時間に少し遅れて彼女は来た。今日も制服がよく似合っている。いつものように腕を絡ませてこちらを見上げてくる彼女はとてもかわいらしい。媚びるように上目遣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの大学 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:582字
思った通りだ。目の前に続く道を見て思う。昨夜は大雨だった。一夜にして雨雲は去ったようで今現在の天気は快晴。雲一つない空が広がっている。しかし僕の気持ちはそれほど 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された光景 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1039字
西園寺さんと東さんは仲がいい。見ていて心が洗われるようだ。 西園寺さんは割とお嬢様で、ちょっと世間知らずなところがあるらしい。確かに、何かにつけて子どものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:昔の接吻 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:494字
過去から来たんだよ。彼はそう言って私にキスをした。もしも本当にあなたが過去から来たなら、どうして私を選んだの。私が聞くと、彼は照れるように笑った。「俺の女房と似 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな洞窟 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:409字
「ねぇねぇ、これ知ってる?」「何これ」「巷で噂のせくすぃぃ~でエッッッッロイ洞窟だよ~、知らない?」「知らないよ」巷で噂らしいセクシーでエロイという洞窟の写真を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:フニャフニャの暗殺者 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:554字
ソレは、その時を今か今かと待ち構えていた。 手に汗を、コントローラーを握りながら、必死に神経を集中する。この時の為に、発売以降ネットを絶ち、攻略本にも手を出さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ねじ巻き家鴨 お題:今度の昼下がり 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:447字
財布を握りしめる。もう直ぐで正午。3、2、1――。 終了のチャイムと共に立ち上がって教室を駆ける。「こら! 走らない!」 背後から聞こえてくる先生の声なんて構 〈続きを読む〉

Dynamite・ダツの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:小説の昼 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1162字
たった一時間である。六十分。三千六百秒。二十四分の一日。 言い方なんてものはどうでも良いのだが、とにかく、それだけの存在だということ。 何が。昼が。昼間という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:ラストは村 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1044字
これは帰る場所がある旅物語。最後は必ず村に帰ってくる。そんな物語。 しかしながら、そんな話を何度も耳にしていると、はたしてその主人公は帰って来るのが本当に幸せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:官能的な音楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1122字
距離が近い。 距離が近い。 距離がとってもとっても、近い。「……スー……スー……フー……」 綺麗な呼吸だと思う。たぶん。いやわからない。耳元で呼吸の音が止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:大好きな汁 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:965字
味噌汁は家庭の味なのだろうか。一人暮らしをして、ふと思ったことがある。 昔テレビの何かで言っていた、味噌汁はお袋の味と。だけれども、実際そんな凝った味噌汁を( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:汚れたダンス 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1082字
結局私は、姉の言いなりなのだろうか。たった数分生まれたのが早いだけだというのに、私は、姉には逆らえない。 どうしてなのか。それは多分、姉は明るくてみんなと良く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:汚れたダンス 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1061字
お題を無視して即興小説を書くというのは、汚れた手段で踊っているような感覚である。今現在の調子は非常に悪い。そういう時にこういう後ろ向きなお題が出てくるのは、非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:計算ずくめの踊り 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:874字
カリスマ性がある英雄を、如何に腐らずに輝かせるか。どうしたら完璧な踊りを魅せてくれるのか。そういうことを毎日頭を働かせなければならないのが為政者である。しかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:凛とした母 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1032字
家族というのは本当に温かみがあるモノなのか。本でもテレビでもネットでも、家族の大事さを説いているモノが多い。だけども、僕にとっては、いや、あの家にとって僕は、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:男同士のむきだし 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1085字
男同士で裸を晒して、全てをむき出して語り合う。それが一緒に風呂に入るということである。 なぜ銭湯に行こうだなんて流れになったのかはわからない。ただ今日は暑かっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:調和したブランド品 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1091字
全く思い浮かびませんので、適当なことを書いて誤魔化したいと思います。だいたいこのお題でなにを書けば良いのだろうか。整ったブランド品であったなら、それはブランド 〈続きを読む〉