お題:冷静と情熱の間にあるのは想い 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:921字

普通ではない
 家族を失った人間に、かける言葉はみんな同じ。可哀想に、これから大変だ、ご愁傷様です、困ったことがあったら連絡して。今日の通夜でこの言葉を何度も耳にした。
 それが普通、なのかどうかはわからない。父、母、姉、兄。いっぺんに六人もの家族がいなくなってしまったのだ。
 どうして私だけが生き残ってしまったのか、それはただただその日に限って家に帰ってくるのが遅かったから。それ以外のなにものでも無い。もしあの日外に出掛けていなければ、私もこの葬式に参加していなかっただろう。
 幸いなことに、家族はそれなりに遺産を残してくれいるらしい。それでいて祖父母や伯母さん、従姉妹がこの葬儀やらの準備をたくさん手伝ってくれていた。このことがなによりも嬉しかった。
 このあと私は伯父や従兄弟の家にお世話になるのであろう。そんなことを考えていたら、通夜も告別式も終わっていた。
 やっと落ち着ける日がやってきた。だけども今度は伯母と従兄弟の家に引っ越すための準備をしなければならない。とは言うものの、この家は伯母さん(正確には血が繋がっていない伯父さん)が売り払わずにいてくれるらしく、別にいつでも自由に出入りできるのだ。
 ただやはり私はまだ中学三年生と高校一年生の間だから、保護者がいなければ色々と都合の悪いのも事実。だから伯母さん達の好意には素直に甘える。

「おっすー」
「あ、不良教師」
 そうして家の片付けやらをしていたら、その従姉妹がやってきた。不良教師というのは従兄弟が最初に言ったらしい。当人もそれが気に入っているのがあの姉弟の謎めいた部分ではある。

「どう、慣れた?」
 ソファーにリラックスしながら、従姉妹は平然と笑顔でそう言った。
「慣れて、いいのかな」
 私がどんな顔をしたのかわからないけれども、思ったことをそのまま口にしてみることにした。
「別に良いんじゃない? まあアイツなら『良い人のフリなんて誰でも出来るんだから、そのフリはしておけ』って言うけどね」
「ハハハ」
 久しぶりに笑うことが出来た。

「だってさあ、ねえ、あんだけ色々ガミガミ言われて、嫌がらせされている奴らがねえ」
「そうですよね」
 私はもう普通ではない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:陽気 お題:冷静と情熱の間にあるのは想い 必須要素:マフィン 制限時間:15分 読者:155 人 文字数:588字
「それでこの大量のマフィンはなんだね」私、香川秀(かがわすぐる)は目の前にある軽く20はあるだろうマフィンに困惑していた。ちなみに私はここ清鈴中の教師である。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの大学 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:582字
思った通りだ。目の前に続く道を見て思う。昨夜は大雨だった。一夜にして雨雲は去ったようで今現在の天気は快晴。雲一つない空が広がっている。しかし僕の気持ちはそれほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された光景 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1039字
西園寺さんと東さんは仲がいい。見ていて心が洗われるようだ。 西園寺さんは割とお嬢様で、ちょっと世間知らずなところがあるらしい。確かに、何かにつけて子どものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:昔の接吻 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:494字
過去から来たんだよ。彼はそう言って私にキスをした。もしも本当にあなたが過去から来たなら、どうして私を選んだの。私が聞くと、彼は照れるように笑った。「俺の女房と似 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな洞窟 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:409字
「ねぇねぇ、これ知ってる?」「何これ」「巷で噂のせくすぃぃ~でエッッッッロイ洞窟だよ~、知らない?」「知らないよ」巷で噂らしいセクシーでエロイという洞窟の写真を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:フニャフニャの暗殺者 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:554字
ソレは、その時を今か今かと待ち構えていた。 手に汗を、コントローラーを握りながら、必死に神経を集中する。この時の為に、発売以降ネットを絶ち、攻略本にも手を出さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ねじ巻き家鴨 お題:今度の昼下がり 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:447字
財布を握りしめる。もう直ぐで正午。3、2、1――。 終了のチャイムと共に立ち上がって教室を駆ける。「こら! 走らない!」 背後から聞こえてくる先生の声なんて構 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡月悠生@5/26関コミA-80 お題:くだらない作品 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:890字
「くだらないね」女は原稿を投げ捨て、言い捨てた。マスクの奥から流れるように紡がれるフランス語は、いつものことながら、演劇のように大袈裟だ。「おいおい、随分と辛辣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:くだらない作品 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:816字
『先生 今回もお見事でしたね。 母に向けたメッセージという子どもめいた部分はたくさんの母親世代がときめきをえたようです。 また子どもが親に愛を求めてるという部分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あきれた投資 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:451字
「新体操をやらせよう」 男はそう言った。男と女の間に、赤ん坊が生まれた。その夜のこと。「習い事の話?ずいぶん気が早いのね」 女はくすくすと笑った。女は、男が恋愛 〈続きを読む〉

Dynamite・ダツの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:小説の昼 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1162字
たった一時間である。六十分。三千六百秒。二十四分の一日。 言い方なんてものはどうでも良いのだが、とにかく、それだけの存在だということ。 何が。昼が。昼間という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:ラストは村 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1044字
これは帰る場所がある旅物語。最後は必ず村に帰ってくる。そんな物語。 しかしながら、そんな話を何度も耳にしていると、はたしてその主人公は帰って来るのが本当に幸せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:官能的な音楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1122字
距離が近い。 距離が近い。 距離がとってもとっても、近い。「……スー……スー……フー……」 綺麗な呼吸だと思う。たぶん。いやわからない。耳元で呼吸の音が止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:大好きな汁 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:965字
味噌汁は家庭の味なのだろうか。一人暮らしをして、ふと思ったことがある。 昔テレビの何かで言っていた、味噌汁はお袋の味と。だけれども、実際そんな凝った味噌汁を( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:汚れたダンス 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1082字
結局私は、姉の言いなりなのだろうか。たった数分生まれたのが早いだけだというのに、私は、姉には逆らえない。 どうしてなのか。それは多分、姉は明るくてみんなと良く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:汚れたダンス 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1061字
お題を無視して即興小説を書くというのは、汚れた手段で踊っているような感覚である。今現在の調子は非常に悪い。そういう時にこういう後ろ向きなお題が出てくるのは、非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:計算ずくめの踊り 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:874字
カリスマ性がある英雄を、如何に腐らずに輝かせるか。どうしたら完璧な踊りを魅せてくれるのか。そういうことを毎日頭を働かせなければならないのが為政者である。しかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:凛とした母 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1032字
家族というのは本当に温かみがあるモノなのか。本でもテレビでもネットでも、家族の大事さを説いているモノが多い。だけども、僕にとっては、いや、あの家にとって僕は、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:男同士のむきだし 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1085字
男同士で裸を晒して、全てをむき出して語り合う。それが一緒に風呂に入るということである。 なぜ銭湯に行こうだなんて流れになったのかはわからない。ただ今日は暑かっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:調和したブランド品 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1091字
全く思い浮かびませんので、適当なことを書いて誤魔化したいと思います。だいたいこのお題でなにを書けば良いのだろうか。整ったブランド品であったなら、それはブランド 〈続きを読む〉