お題:フニャフニャのおっさん 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:679字

ふにゃふにゃとした
「下駄箱かあ・・・」
小学校のころ、一人学校に残ったことがある。誰でもあるかもしれない。一回くらいは。

なんで残っていたのかは覚えていない。図書室のカギを先生に返しに職員室に行った覚えはあるので、何かの調べ物をしていたのかもしれない。

しかし、今小学校の図書室で思い出すのは海洋生物図鑑の最初の方にいたヤツメウナギが魚の横腹に潜り込んでいるページだけだ。あれは恐ろしかった。目が八つあるというだけでも相当恐ろしかったのに、それがフナか何かの腹に頭から潜り込んでいるのである。それはもう衝撃的だった。父が何度か晩酌の肴に食べていたヤツメウナギというのがあれほど恐ろしい生物だとはそれまで思わなかったし、それ以降は父が食べるヤツメウナギを忌み嫌うようになった。

あんなふうに潜り込まれたら嫌だろうな。

そう思った。

話を戻す。小学校で一人残った帰り、職員室を出るとすでに外は夕日に染まっていた。普段はうるさい下級生の教室群もすでに静まり返っていた。

なんとなく不安になったのは覚えている。

下駄箱で外靴に履き替えて、外を見ると、
「・・・」
出入り口のところに誰かがたっていた。おっさんだったろうか?小学校のころはよく近所に不審者が出たという話を聞かされたものである。

しかし自分には関係ないだろうな。そう思っていた。

「・・・」
でも、入口のところにおっさんが立っていた。

夕日は見えない。おっさんの背中に隠れている。

「・・・」
帰ろうと思っても、おっさんが入口に立っていて帰れない。

するとある瞬間、おっさんがふにゃふにゃとうごきだ
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の熱帯魚 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:372字
夜が明ける。なんてことは無い。いつもと変わらない冬の朝である。大体の確率で飲酒をすれば記憶は無い。そして見知らぬ部屋の天井がまず起き抜け1番に目に入るのだ。控え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
7 ※未完
作者:匿名さん お題:悲観的な嘔吐 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:103字
下駄箱、靴と上履きを履き替える、学校の入り口、家に帰る道のはじめ。あとは、蹴飛ばされた小石、昇降口、傘立て、ピータイル、部活とか、美術の居残り。西日。誰とも会わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:東京の俺 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:406字
三鷹に引っ越してきてからもうすぐ半年が経とうとしていた。心配していたほど田舎者扱いされることもなく、新しい友達もできて、まあそれなりの高校生活を送れている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今の勇者 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:683字
昔の勇者と言えば、歴史の教科書によくよく載っている。悪逆非道の暴君を倒したり、荒廃した村を立て直したり、そういったことをやってのけた人物は、何千年も経った今とな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生かされた諦め 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:892字
あー、えー。えーっと。うん。何だろうこれ。目の前には下駄箱がある。授業が終わって帰ろうと降りてきたのだから当然といえば当然なのだが。そしていついつものように下駄 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の世界 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:846字
君の存在価値は、冬が最も高くなる――。 そんなことを言い出したのは、常に酷い臭いを放っている靴君だ。「僕の存在価値? ただの下駄箱の僕が、どういう訳で冬に価値 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:知らぬ間の彼女 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:534字
この話は墓場まで持っていこうとしましたが、これを誰にも知れぬというのは、自身が書いた文章であっても些か不憫に思い、書き記すことにしました。なに、これは青春時代、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きなマンション 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:561字
高層マンションの最上階に住むのが、僕の子供の時の夢だった。 というのも、僕が母と二人で暮らしていた1DKの小さなアパートの隣には高層マンションが建っていて、お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お茶 ※未完
作者:まんしょ お題:難しいお茶 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:266字
お茶の時間よ、と言った姉の声に、凛は身をこわばらせた。そんな。まさか。だって昨日したばかりだと言うのに。今済ませばしばらくは解放されるんだ、今だけ我慢すればい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きさ お題:鋭い星 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:1016字
下駄箱に、何か入ってる。 隙間から白い何かがのぞいているのだ。 稔は不思議そうに蓋を開いた。 入っていた物は手紙だった。 それは妙に日に焼けて色あせた便箋だっ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2490字 評価:0人
生前、嘘をつくと、舌を抜かれて地獄に落とされる。という話をよく聞いた。嘘ついたら舌を抜かれる。嘘ついたら泥棒の始まり。嘘ついたら針千本飲ます。嘘ついたら人さらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:薄汚い愛 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:966字
家族で車に乗って県庁所在地市内に車を走らせていると、「あ、ここあれじゃない?」と母親が言い出した。「ああ、そうだなあ」父親もなんとなく同意している。後部座席でな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:愛と憎しみの王 必須要素:コミティア 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1255字
『愛と憎しみは表裏一体』っていうタイトルのワークショップに行った。ワークショップなんだろうっていう気持ちだった。昨今よく聞くけども、ワークショップって何でしょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:凛とした暴力 必須要素:CD 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1024字
ビンタされた。いきなり。「フィン!」って声を出してしまった。ビンタされた時。最初何が起こったのかわからなかった。気が付いたら首が九十度近く横を向いていた。妖怪の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:アルパカの計画 必須要素:鶏肉 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:807字
アルパカとリャマはなんとなく似ている。「ビジュアルが」動物園で見るたびに思っていた。似てるなあって。だもんで、ある日、「アルパカとリャマの子供が誕生、●●大学発 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:出来損ないの家事 必須要素:主人公が人を○す 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:816字
「お風呂に入ろう」いつもシャワーだけで済ませてしまっていて、湯船に入ることはまれであった。湯船は掃除も面倒だし、下手したら転んで背中とか頭とかを打って寝たきりに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:臆病なアレ 必須要素:幼女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1086字
人間最後は神頼みになる。私もしたことがある。子供のころ。近所の神社に行って、鈴のついたしめ縄みたいなのをすごい振り回して神頼みした。「明日、学芸会の本番なんです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:トカゲの凶器 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:955字
友景さんっていう知り合いがおり、最近仲良くしている。彼との出会いは、ツイッターである。どうでもいいかもしれないが私がツイッターを始めたきっかけは即興小説があるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気高いカップル 必須要素:おっぱい 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1097字
最近、カフェに行くメンタルの訓練をしている。大人と呼ばれる年齢になり、犯罪を犯したら実名報道されるようになったというのにろくにカフェとか喫茶店とか行っておらず、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:未熟な教室 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1076字
「ある旧校舎が増殖を続けているらしいんだけど」って言われたので、あらー大変って言っておいた。増殖ってなんだ?「ほら、知ってるでしょ?昔世にもで迷路の話があったじ 〈続きを読む〉