お題:近い窓 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1226字

内と外
白い一室。

中にあるのは、椅子と机。

それから、小さな窓。

上を見れば、一面に正方形が連なっていて、壁を見れば白で埋め尽くされている。

この部屋に、2つだけ違う色がある。

一つは私。

私は人間なのだから、白い色はしていない。

部屋の中にある鏡が、それを表すなによりの証拠だ。

もう一つは、窓。

この二つ以外、みんな真っ白だ。

まるで、隔離されているみたいに。

全てを消してしまうかのように。

それでも、私は思う。

ここにいることが、私にとって天命であり、運命なのだから。

争うというのは酷なものだ。

けれども、つまらないのも事実。

毎日毎日、白い部屋の中を見続けることも飽きた。

だけど、わたしにはこの部屋の外の記憶が無い。

もちろん、知識として外があるのは知っている。

だけど、出る手段が無いのだから、考えてもしょうがない。

窓があると言っても、格子に阻まれているから、出ることは難しい。

食事は、一定の時間が経つと、空から降ってくる。

その奥を除いても、ダクトの中すら真っ白だ。

この部屋で生きる意味はなんだろう。

自分に問いかける。

まるで答えを探すかのように。

あるいは、死地を見つけるかのように。

ここでの生活に少しだけなれた。

いえ、慣れてはいけないのだろうけれど。

だから、私は考える事にした。

外の世界がどうなっているのか。

きっと、様々な色で溢れている。

時折、窓の外が赤く光っているから、色があることが確信できる。

でも、誰が何のために、私をここに閉じ込めたのだろう。

前の記憶がないというのも、存外不便なものだ。

この部屋でできることは限られている。

椅子に座るか、ベットに寝るか、ご飯を食べるか、身体を洗うか。

清潔に保つことができるこの部屋で、何不自由なく…というわけにはいかないが、ある程度の自由が保たれている部屋の中から外に出る必要はない。

けれど、と少し頭をあげる。

あの窓の向こう側に、何があるのか。

それだけを確かめたくて。

私は、椅子には座ること、ベッドには寝ることとしか考えなかったが、ベットと椅子を重ねれば、台になることがわかる。

ゆっくりと、壊れないようにその上にのり、手すりに手をかける。

恐る恐る、窓に顔を近づける。

その先にある景色に胸を躍らせながら。

あぁ、けれど。

けれども。

私の意欲を削ぐのに十分な光景がそこに広がっていた。

赤く光る色は、火災の色で。

黒くなるのは、焼け落ちたもので。

何かから私が隔離されている。

それだけが、唯一得られた情報だった。

私は、どうするべきだろうか。

手すりを壊し、窓の外に出るべきだろうか。

けれど、この部屋に慣れてしまった以上、外に出るのがものすごく怖い。

もしも、と考え始めると、私は生きていられようか。

その答えは、未だ窓の中にある。


作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:無意識の帰り道 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:588字
気づいた。直後、少しだけ何とも言えない気持ちになる。恥ずかしいというかなんというか。胸のあたりや耳の裏がぞわぞわぞくぞくむずむず。そんな感覚。そんな感覚を身に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋(らんばし)の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:12月の手 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1256字
暗い部屋の中。ぴちゃり。何かが落ちる音がする。(そっか…私)赤く滴る手を見つめながら鏡を見る。そこに映っているモノ。それを"壊す"ために手を取ったんだった。(… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:高貴なつるつる 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1554字
世界は悪意にあふれている。こう唱えたのは、果たして誰であったか。誰か一人の善意が、悪意へと変わるのは容易い。物の見方を変えてしまえば、世界は容易に形を変える。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:紅茶と高給取り 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1434字
目前に広がる夕焼け。世界を覆うようなオレンジ色に感銘を受ける。こんな世界で生を受けたことに感謝しながら、下を見る。動き続ける粒の数々。こうしていると、この世の全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:2574字 評価:0人
カーテンから零れる光で、意識が浮上する。「んー…」ゆっくりと背伸びをする。瞼を擦り、目脂を取る。(顔、洗わなくちゃ……)フラフラと立ち上がり、洗面台へ向かう。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:限界を超えた14歳 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:661字
荒れ果てた大地を踏みしめながら、前へ進む。(この辺りに敵がいるはずですが…)指令では、この辺りに伏兵がいるという話だ。(…初撃には気をつけないと)そう思いながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:輝く抜け毛 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:634字
燃え盛る街を背に、敵を見据える。(相手は同じHIVシリーズ…)思考を回し、これからの行動を決める。(あのフォルムは恐らく150型…)至る所にあるジョイントの数と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:あきれた罪人 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1223字
荒れた大地をゆっくりと歩く。揺れるコート。吹き荒れる砂埃。今まさに、俺は旅をしている。「…ねぇ、そんな感傷に浸ってないでさぁ、答えてよ」「…なんだ」そう、一人で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:遠い宗教 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1290字
0と1。その境にあるものは、果たしてなんなのか。曖昧という言葉に隠されたもの。それは、真であり、裏である。では、0がいくつ並ぼうが、1がついていれば1なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:疲れた目 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1018字
渇く。今、黒を見ているから。飢える。赤を求めているから。目。今、僕は見ている。何を?何を。目は嘘をつかない。脳を騙さない。赤が欲しい。きっと足りないから。サクッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:イギリス式の平和 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1174字
空に立ち上る黒き煙。それが、終わり、あるいは始まりの合図だった。人々は理性を失ったかのように、暴れ始める。怒号が飛び交う中、ものを壊し、殴り、蹴り、刺し、屠り。 〈続きを読む〉