お題:無意識の酒 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:832字

断酒会 ※未完
「おかえりなさいあなた!」
 病院から帰ってきた私を、妻は熱烈なハグで出迎えた。こんなの、新婚以来だ。すっかり舞い上がってしまって、新婚からはだいぶ体重の増した妻を抱きしめたまま、その場でぐるぐる回った。すぐに腰にきてやめたが、頬の上気した妻からは、喜んでもらえたことが窺える。
「今日は退院記念パーティーなの。子供たちと、近所の人も呼んで……」
「なんだって、聞いてないぞ」
「……駄目だったかしら?」
「とんでもない。むしろ嬉しいサプライズだ」
 妻だって私を喜ばせようと企画したのだ。パーティー。いい響きだ。入院前の私はみんなで集まって飲み食いするのがなにより好きだった。
 数年ぶりに会う子供たちはりっぱに成長していて、一番うえの子などは孫まで連れてきた。近所に住む、十年来の親友ともひさしぶりに心から語り合えた。庭をめいいっぱい広く使って、テーブルには奥方たちが腕によりをかけた料理が並んだ。美味い料理に、親しい人々との会話。妻が退院祝いに贈ってくれたのは、最高のひとときだった。
「これで酒があればなあ」
 気が緩んだのか、十年来の親友がその一言を口に出すまでは。
 普段から声のでかい親友がうっかり放った禁句は、庭に響き渡り、その場の空気を凍らせた。私は笑みを顔に張り付かせたまま、みんなが持ったグラスの中身に無意識に視線を向けていた。無色透明の水。私が飲んでいるのと変わらない。
 私のために用意された飲み物に、みんなが合わせてくれているのだ。
「気づかなかったな、みんな、そこまでしてくれなくてもいいのに」
「でも、あなた……」
「いいんだよ、私に構わずみんなは飲んでくれて。私は酒を絶った。二度と飲まないと病院で誓った。もう君に迷惑をかけたくないからね」
 私が精一杯の虚勢で言った台詞を真に受けて、「じゃあ……」と言いかけた親友を彼の妻が殴って止めた。
「平気なのに、大丈夫だ、酒なんて二度と……」
「お酒を飲んでるあなたは嫌いよ」
 つ
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:竹森千理 お題:無意識の酒 必須要素:子供 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:325字
また、やってしまった…。やってはいけないとわかっているのに気づいたら、また酒を飲んでいる。昨日、病院に行った。そして、とうとうアルコール中毒であると診断されて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無意識の酒 ※未完
作者:あのひと お題:無意識の酒 必須要素:う○ち 制限時間:30分 読者:298 人 文字数:885字
夜空に浮かんだ月がとても綺麗だった。 なぜ自分が道路の真ん中に大の字になって寝ていたのか。眠ってしまう直前まで一体どこで何をしていたのか。そもそもここはどこな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた言い訳 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1657字
いつものようにバイト先に出勤すると、店が燃えていた。田舎町に唯一あるファーストフード店だったので、昼飯を食べにきた人が大勢いて、みんな燃え上がる店舗を囲んで呆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:日本式のフォロワー 必須要素:力士 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:2936字 評価:0人
そこは辺境の土地だった。人家はおろか、ヒトの姿さえほとんど見かけなかった。あるのはただ、鬱蒼と茂る森と、動物が立てる物音、それに鳥の鳴き声だけ。野生に棲む生物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:穢された朝日 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:913字
連日の雨で箱のなかはすっかり沈鬱なムードだった。雨の日なんて誰も出歩かない。橋の下に置かれたダンボール箱にも、そのなかの三匹の愛らしい子猫にも、誰も気づかない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許されざる小説の書き方 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:848字
部室の窓辺に死体があった。と思ったら、締切が迫って生気を失っている部長の姿だった。もう3日も家に帰っていない、ろくな食事もとっていない、と顔に書いてある。比喩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イギリス式の人体 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:918字
本来ヘソがあるべきところあたりにネジがある。マイナスかプラスかと言えばもちろんプラスだ。漫画に出てくるみたいなヘソが金属になって腹に埋まっているみたいな見た目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:昼の快楽 必須要素:右手 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:2950字
「460円になります」「はーい」 コンビニで弁当を買った客が、上着のポケットに右手を入れて、「あれ」と首をかしげた。そこに入れていたはずの財布がなかったのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:人妻の監禁 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1039字
彼女はご機嫌で鼻歌を歌いながら洗濯物を干していた。外は大雨なので、寝ぼけたうえにうっかりさんなのだろう。干した端から濡れているのに気づかずに、全部干し終わって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:朝の闇 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:954字
それは大体、部屋の隅にわだかまっていることが多い。ホコリが溜まるのと同じところで、ぱっと見には区別がつかない。気が向いて掃除機をかけたとき、何度往復させても取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:とんでもない挫折 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:783字
足を折った。 校舎の外側にある非常階段だ。よっぽど嬉しいことでもあったらしく、クラスメイトはスキップしながら上の階から降りてきた。足を踏み外しそうだと思ってい 〈続きを読む〉