お題:斬新なバラン 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:610字

緑のアレ
どっかとそびえ立つ、緑の壁。

「でっかいなぁ……」

思わず感嘆のため息をつく、この多肉質の葉はなんだ。上の方には紫色の花が、こちらを見下ろす様に鎮座している。

「まさか、こんなことになるとはね……」


きっかけは昨夜、友人が買ってきたスーパーのお弁当だった。

「これ、なんて言うかわかる?」

お惣菜やお弁当によく入っている、緑色のギザギザしたあれの事だ。摘みあげて見せ付けてくる友人。

「バランでしょ、バラン」

「ぴんぽーん!じゃあ、名前の由来知ってる?」

しまった、そっちか。ニヤニヤ笑いの友人は得意げに続きを促す。

「わかんない、バランって葉っぱとか?」

少し驚いた後、あからさまに残念そうな顔をするのはやめて欲しい。私が悪いみたいじゃない。

「そ~だよ葉っぱだよ~だ」

拗ねられてしまった。これ以上機嫌を損なうと面倒なので、取り繕ってみることにした。

「酔ってるのかな……?その葉っぱ埋めてみる?」

「酔ってないもん!でも植える~!」

やっぱり酔っ払っている。はいはい、と庭にその人工バランを植えて……今に至る。


「うっわ、何これ……?」

仕事が終わり、私が呼んだ昨日の友人が来た。しかし、騒ぎの張本人ですら引き気味だ。

「取り敢えず……どうする?」

「どうするも何も無いからぁ!ゴミくらい持って帰ってね!」


その夜、近所に住む例の友人の悲鳴が町中に響き渡ったそうな。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:斬新なバラン 必須要素:レズ 制限時間:15分 読者:265 人 文字数:1059字
高校二年生のころから付き合っているわたしの彼女は料理上手だ。 胃袋をつかまれた、というのはまさに、わたしのことだ。 わたしの彼女はわたしよりひとつ先輩で、出会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:保湿 お題:斬新なバラン 必須要素:クレジットカード 制限時間:30分 読者:279 人 文字数:608字
「師匠! 自分、やっちまった可能性が高いです!」「なんだなんだ、なにをやらかしたんだよ」「ほら、これ!」弟子は調理台の上を指差す。「バランが置きっぱなし! つま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

びお~らの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:死にぞこないの能力者 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:432字
「だ、だれか……助け、っ……」町外れの墓場。日も傾き始め、人家も少なくなってくる頃。年端も行かない少女がアンデットに襲われている。「あ、お姉さん……!」こちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:騙された哀れみ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:382字
がしゃん「よし、もういいぞ」そう言って目隠しを外された時、私は気を失いそうになった。何故って、自分の首が断頭台の上に固定されていたら誰だってそうなるだろう。「す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:フォロワーの手 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:444字
「これで終了、っと……」今日もひとつ、私の手で悪は潰えた。某大手SNSで活動するバカッター特定班。私はその代表を務めている。「これで79人目」県警のサイバー犯罪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
二振りの剣 ※未完
作者:びお~ら お題:強い声 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:321字
「サァ、散レ!」黒い鎧の騎士が渾身の力で両手剣を振るう。「ぐ、っ……!」「うぁっ!?」両隣の仲間たちが悲鳴と共に弾け飛んだ。私自身も辛うじて耐えるが、直ぐに立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:シンプルな朝飯 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:532字
がしゃがしゃ、じゅわぁぁ……。金属の触れ合う音。と、油の匂い。「っはぁ!?!!」がばり、と勢い良く体を起こすと、目の前の焚き火にかけられた鉄鍋。その中で踊る鮮や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:僕が愛したホテル 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:590字
パチ、パチンと何かが弾ける音で目が覚める。熱い。異常な程熱い。まず思ったのはそれだった。そしてようやく、部屋が燃えていることに気が付く。「おはようございます、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:愛、それは声 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:438字
「……て……お、てよ……」声が聞こえる、聞き覚えのある声。「起きてってば……」深みからの浮上。開けた視界を占めるのは、知らない天井。傍らには、最愛の人。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:256字
ぷっと膨らんだ赤が零れる。この液体には目に見えない無数の螺旋が含まれている。そっと透かしたそれは、とても憎らしく見えて。指先の小さな傷を握り込み、穢れた血を押し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:興奮したぷにぷに 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:440字
「ん……ん?」私はさっきまで家で寝ていたはずなのだけど。ここは自宅ではなく、森。それも秋の深まる森。仰向けのままでも赤くなった葉で視界がいっぱいだから、間違いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:びお~ら お題:緩やかなピアノ 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:405字
妹が死んだ。生まれつき心臓の弱かった妹は、僅か11歳で幕引きを迎えた。「どうして、どうして私じゃなくてあなたなの?」体温を失った、今にも潰れてしまいそうなくらい 〈続きを読む〉