お題:騙された独裁者 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1682字

「軽トラ拾った」
 さて、どこから話していけばいい? そうだな、谷川が車拾ったとか言い出し始めたころからが一番良いだろう。
 日曜日の或る日。朝熊と隼は谷川という同級生兼腐れ縁のエセ不良にみずほ公園まで来い、と呼び出された。いつもは誰かの家に集まったり、ファミレスやカラオケ店で集まることが多く、公園に呼び出されたのは初めてだった。少しは不審に思ったが別に悪いことではない。だから細い公道と隣り合わせに存在する――最近ジャングルジムが撤去された――みずほ公園に朝熊と隼は集まっていた。が、呼び出した本人である谷川の姿は集合時間になっても現れない。集合時間から5分後、多少の憤りを感じながら携帯を開き、奴に電話で文句を言ってやろうとした朝熊の耳にけたたましい音が入ってきた。数分ぐらいなら、と文句を言わずに素直に待っていた隼と共に音の出る方を見ると、公園の入り口付近で白い軽トラがクラクションを鳴らしていて、運転席から体を半身乗り出して手を振ってくる谷川の姿があった。
 2人はとりあえず級友の姿が見えて安心する。そして軽トラに駆け寄った。が、隼はそれに気づいていた。
「君、まだ17でしょう?」
 そう、朝熊も隼も16歳。2人はまだ今年度になって誕生日を迎えていないため、もし谷川が早生まれだった場合は17歳。そして免許取得に必要な年齢は18歳。どう考えても1年足りない。まさか無免許か、と朝熊の頭に犯罪の香りがよぎるが、そんなことはないと一瞬で消し去る。谷川の素行は知っている。日曜日、ゲーセンで他校の生徒に財布をすられたときには月曜日に堂々とその高校を襲撃し、何故か朝熊と隼まで谷川と共に生徒指導室に呼び出されたり、そのスリをした高校生と面会した途端にその生徒の左目目掛けてボールペンを投げたり、谷川は金髪ピアスの絶頂不調なのだが、根はやさしいのだ。多分恐らく十中八九だいたいは。
「俺、校長殴って留年してっから」
「――」
 言葉もなかった。
 本人が言うには、他校でうざい独裁者やってる校長を女子高生を騙って呼び出し、一発ぶん殴ったとのこと。当然谷川が通っている高校にもその連絡がいき、警察沙汰にまで発展した挙句、留年したそうだ。いやよく捕まらなかったなと逆に関心しそうになる。
「ま、アイツは色々バレて免職になったみたいだし、俺も高校で1年遊べるしでお得三昧だわ」
 したり顏で笑う谷川に、2人は笑い返したらいいのかわからなかった。
「で、その軽トラはなんだ? つーか何の用だよ」
「軽トラは家の庭にあったのを拾った。用事っつうのは、海だ!」
「……?」
「……?」
 若干黄ばんだ歯を見せてニヤリとガッツポーズを取る谷川。訳が分からないと無表情になる朝熊と隼。何故かハイテンションな谷川に軽トラの運転席に押し込まれ、いつの間にか走り出しているしている軽トラ。本来は2席しかないのに押し込まれてギュウギュウになりながらも、2人は突然の展開についていけず、しばらく放心していた。
 まあすぐに色々と取り戻して、割と楽しい小さな旅行が始まったのだ。荷台に乗せると警察にどつかれるようで、しかもこの軽トラは谷川の庭によく無断駐車している軽トラのようで、警察にばれるとやばいとのこと。今回持ち出したのは何度も警告してるのに何度も停めてくる持ち主への嫌がらせだったようだ。鍵がつけっぱなしだったので、昨日のうちに近場のパーキングエリアに持っていき、そのノリで今日まで引き継いだ、という。こういうアホだから谷川は面白い。やってることは半分以上黒の犯罪だけど。
 ちなみに谷川の運転はかなり慎重だった。前の車との幅は大きめに空けるし、速度も飛ばさない。本人の性格からして受け入れがたいことだったが、本人曰く保険がないからやばいとのこと。まず人の車を勝手に乗り出していること自体やばいことだと思うのだが、朝熊は口を閉じた。
 ちゃんと海にもついて、軽く遊んで夜には帰ってきた。まあまあ楽しかったのだが、帰りの社内で隼が掃きやがって、文字通り思い出が汚れてしまった。一生忘れはしないことだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:深淵を見つめたい日ノ宮理李 お題:騙された独裁者 制限時間:4時間 読者:239 人 文字数:4753字
以前アンケートをとった結果により、4時間コース初挑戦(休憩ありなので、実質3時間もない)です。 できたら完成させるぐらいのものが作りたいなというただの独り言。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよめき お題:彼女の嵐 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:562字
心に空を持つ人は多くはないが、彼女の嵐は手に負えない。空を抱えた人々は、しばしば言葉を見失う。会話をしている途中などで口をつぐむ。適切な言葉が見当たらないのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:真実の私 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1478字
鏡を見たときに、自分がなぜこんな顔で生まれてしまったのかを悔やむようになった。とても綺麗で端正な顔立ち。みんなが私のことを綺麗だ、女優になった方がいいと言う。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:素晴らしい祖父 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:504字
「申し訳ありません」 私たちの目の前で、男が土下座をしている。本来ならこの家に関わりないはずの男。けれど今は、この家で最も注目を浴びている人物だった。「非常識で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白匣 ※未完
作者:早良しの お題:とびだせ稲妻 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:713字
さて、天上の子どもたちの楽園に眠る品々はどれも逸話を持つ物ばかりでございますが、白匣の逸話は特にお伽噺めいたもので有名でございますね。今さら私が語って聞かせる 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家たちの朝 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:438字
朝、私にはいつもしている日課がある。「おじゃまします……」 小声で断りながら、静かに部屋に忍び込む。足音を立てずに向かう先は、電灯が付いたままの勉強机。そこに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:すごい終身刑 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:706字
昨日は街頭もない路地裏を銃を持ったギャングに追いかけられ最後には撃たれて死んだ。一昨日は中世の街の広場で処刑人に斧で頭を切り落とされた。その前は幕末の日本で斬合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤いあいつ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:870字
大学生活、そして一人暮らしを初めて数ヶ月が経つ。初めて手に入れた自分の家は最初こそわくわくしたものの、今やホームシックの元凶でしかなく、人を招き続けた結果野郎 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
道行き ※未完
作者:匿名さん お題:複雑なマンション 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:496字
本日、山田は関口の家に招待された。彼の住まいは高層マンションの一室。一庶民である山田がおいそれと入れるような場所ではない。山田は胸を弾ませながら、待ち合わせ場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
mia ※未完
作者:匿名さん お題:狡猾なロボット 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:592字
見た目はまるで普通の女の子なのに、触れたときの冷たさにいつも驚いてしまう。ミアの体はアルミの削りだしで、肌はきめ細かくつるりとしている。人肌の柔らかさこそ無いも 〈続きを読む〉

シガラキ@紫香楽 司の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:騙された独裁者 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1682字
さて、どこから話していけばいい? そうだな、谷川が車拾ったとか言い出し始めたころからが一番良いだろう。 日曜日の或る日。朝熊と隼は谷川という同級生兼腐れ縁のエ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:経験のない夜風 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:2045字
朝熊は人知れず夜道を歩いていた。頭上に広がる天体は昔も今も変わらずそこにある。大昔、そこには星になぞられた数々の神話が創作され存在し、大きな物語の盤上となって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:オチは年賀状 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1832字
あけましておめでとう、を英語的なアレに訳すとハッピーニューイヤー! となるらしい。直訳紛いのことをすると、『幸せな新しい年』となるわけで、ニュアンス的には年末 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:嘘の尿 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1268字
「ここに尿があります」 透明な使い捨てのプラスチックのコップがテーブルの上に置かれていた。若干シュワシュワと泡立っているし、レモンの香りが微かにする。「いや、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:箱の中の草 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1819字
ある日、公園のベンチに置かれていた黒い箱を見つけた。それはポツンと建つ街灯に照らされ、夜の色に溶かされているにも関わらず、はっきりと存在が浮き上がっている。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:遅い夢 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1483字
カラスが鳴いた。 一歩一歩足を進めるたびに、暗く枯れたオレンジ色の絨毯のように地面を隠している落ち葉のくずが、サンダルの中へ侵入してきて気持ちが悪かった。カラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:俺は葬式 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1788字
肌寒くなってきた秋の暮れ、11月。もうすぐ白い雪をバックに鈴の音と愉快な音楽が街をとどろかせるお祭りがやってくると思うと、なんだか切ない気持ちになる。 あまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:鈍い熱帯魚 必須要素:キノコ 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:2994字
僕の悪夢には必ず青いライトに照らされた水槽と、その中を微動だにしないでぼけーっとしている明るい青と黄色の熱帯魚がどこかにいる。影のようについてくる。夢は見た人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:素晴らしい内側 必須要素:パン 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1586字
ザクロの実。 それは赤く丸いトマトが割れているような外見を持つ木の実だ。私はどことなくその実がすきだった。 明美と歩く通学路。いつもの愚痴を聞きながら、車ばか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:せつない蕎麦 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1987字
立ち食い蕎麦というものはご存じだろうか。駅のホームとかでそれを見ることができる。名前の通り、立ったまま蕎麦を食べなくてはならない店だ。ご老人にはきついものがあ 〈続きを読む〉