ユーザーアイコンDDT
お題:うへへ、多数派 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:367字

はいって言って
いつでもマイナーであることを誇ってきた。
逆張りが基本。
子どもの頃はへそ曲がりと呼ばれたが、何を言われているかさっぱりわからない、といつも思っていた。

と彼氏は言った。
へーーーー。

つきあいだしたとたん上記のような、何かめんどくさい自己語りを初めて困惑している。
私に伝えたいのはわかるが、それいま必要?のスタンス。
地元産直ギャルとして中高と生きてきた私は、まどろっこしくてたまらない。

人と違うことがそんなに大事?
自分ってそんなに大事?

みんな、そんなに変わらないよ。飯食ってクソして寝るよ。
そんなあなたを私は抱きしめてあげるよ。
よしよしって一晩一緒に過ごせるよ。

あなたの変すぎる寝ぐせが好きだよ。
毎朝眺めていたい。

理由はそれだけでもいいよね。
結婚しよう。婚姻しよう。

はい、って言って。




作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:かぜの お題:うへへ、多数派 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:188字
『馬鹿』と『天才』は紙一重 秀才も天才もどちらも結果的には、才能を持つ者。 馬鹿は知能の低い鈍い者となる。 馬鹿と天才、正反対の言葉である言葉のはずだが、こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:無意識の帰り道 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:588字
気づいた。直後、少しだけ何とも言えない気持ちになる。恥ずかしいというかなんというか。胸のあたりや耳の裏がぞわぞわぞくぞくむずむず。そんな感覚。そんな感覚を身に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

DDTの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:静かな紳士 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:433字
町のはずれに結解のように立っている巨木がある。らせん状の太い幹から幾重にも大小の枝が分かれ絡み合い、天へと上る。その姿は圧巻だ。子どもの頃には手の届かなかった高 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:セクシーな道のり 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:423字
高校説明会のラスト、隣に座っていた内山が手を挙げた。「女子の制服にスラックスは選べないんですか?」向こうでうわあ、という顔をした男子がいるのをわたしは見逃さなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の信仰 必須要素:200字以内 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:200字
一日が無事終わりそう。お天気もよかった。ベランダの洗濯物が気持ちよく乾いた。肌に感じる風も遠くの公園の緑も心地いいけど、今の季節は何?思い出せない。わたしは今日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:反逆のロボット 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:466字
「接客は苦手。でもそんなこと言ってはいられない。しごとを選ぶなんてことできない。だってあたしロボットだから。指令しかないんだよ、それも誰からだされたかわからない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:恋の暴走 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:566字
キミに幼馴染はいるか。よく思い出してほしい。狭い家から放たれ、初めての社会となった幼稚園で。キミのことを好きだといった、くねくねした女の子がいなかったか。「しょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
足元には猫 ※未完
作者:DDT お題:女同士の小説家 必須要素:吾輩は猫である 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:632字
起き抜けに顔も洗わず紅茶を淹れる。やかんに汲み置きの水道水を半分入れ、ガスレンジにかけてカンカンになるまで沸騰を施す。ピーピーなる笛の部分はちょっと前から壊れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:女のババァ 必須要素:右肘 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:476字
夕方のニュースを流し見していた彼女が、テーブルに右ひじをついたままテレビの前で固まっている。オレはベランダに並べた鉢植えの水やりをしていたが、中断して近寄ってみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:死にぞこないの広告 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:591字
みたことのないバナーだった。「失敗? いや待て待て(笑)」と大文字ゴシック体で書いてある。吸い込まれるようにクリックしてしまいそうになる右手を、左手で必死に止め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:情熱的な夜中 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:561字
ここは霊の通り道。ひとことで霊といっても、オレはこの均質な“世界”と思われているものの、空間や時間軸からズレてはみ出したものすべてだと感じている。だから別段怖く 〈続きを読む〉