お題:許せない冬休み 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:709字

許せない冬休み ※未完
「約束したのに」

 恨めしそうに私を見上げる少年。身に覚えのない約束だし、そもそもこの少年すら私は知らない。

「それって本当に私かな?」
「ひどい」
「ごめんね、恥ずかしながら私は友人が少ないのだ。さらに言うと、同年代や自分より年下の友人は一人もいない。そのため、君と私が約束を交わすような親しい間柄、友人であるとは思えないのだ」
「約束したのに」

 困ったものだ。ちょっと気分転換に散歩に出かけ、公園のベンチに腰掛けた途端にこれだ。
 こういう時ばかりは『番犬』たちの目を盗んで家を出てきたことを悔やむ他ない。

「約束の内容をお聞きしてもよろしいかい?」
「……冬休みになったら」

 冬休み! ああ、なんて懐かしい響きだろうか。休日も祭日も平日の境もなくなってしまった今の私には無縁の冬季長期休暇、冬休み!

「一緒に、遊んでくれるって……お仕事もお休みだからって……」
「なるほど、君の友人の私は平日勤めのちゃんとした人間なのだね」
「……」
「おっと、すまない。しかし約束の話を聞くところ、やはり私ではあり得ないのだよ少年。力及ばず誠に申し訳ない限りだが」

 少年の口が真一門になる。これは泣かれてしまうだろうか。こんな昼下がりに人気のない公園で、声をあげて泣く少年と小汚い男ひとりというのは非常に宜しくない。仕事熱心なお巡りさんに職質なぞされてみろ、二度とご近所を歩けなくなるだろう。

「おやまあ、先生じゃありませんか」

 ふと右耳に愉快そうな調子の声が聞こえた。顔を向けることなく、返事を

「ああ、キミか。丁度良い時に来てくれたね。会ったばかりですまないが、少し頼まれてくれないかい?」

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:腐った排泄 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:704字
山本『暗い部屋が怖い。狭い場所が怖い。高いところが怖い。締め切った場所が怖い。自分が怖い』--- この夜目が覚めるのは何度目だろう。次目覚めるのは朝、家族の起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スタンダードタンポポ64 お題:無意識の帰り道 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:588字
気づいた。直後、少しだけ何とも言えない気持ちになる。恥ずかしいというかなんというか。胸のあたりや耳の裏がぞわぞわぞくぞくむずむず。そんな感覚。そんな感覚を身に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

新谷の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:新谷 お題:許せない冬休み 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:709字
「約束したのに」 恨めしそうに私を見上げる少年。身に覚えのない約束だし、そもそもこの少年すら私は知らない。「それって本当に私かな?」「ひどい」「ごめんね、恥ずか 〈続きを読む〉