お題:私と霧雨 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:953字

そういえば、幽霊。
 世界が鈍い白色に染まっていた。いや、世界は大袈裟な話だけれども、私にとっての世界とはしょせん今見ていることでしかない。
 激しい霧雨、というべきなのだろうか。しかし霧雨は雨の中では一番と言っても過言ではない小ささなのだから、ここは激しいのではなく、薄気味悪いというべきなのだろうか。
 とにかく、こうして霧雨を目にしてしまい、どうしようかと困っている。いったん脱ぎかけてた上履きを履き直して、さてどうしようか。
 昇降口でじっとしていたもしょうがないので、とりあえずそのまま階段へ向かい、登ってみることにする。最初に浮かんだのは教室。別にたいした用事はないのだけれども、確実に座れる場所はある。
 そうして教室に戻っているものの、私が予想した以上にクラスメイトが教室にはいた。それも、たいてい複数人で話し合って盛り上がっており、ここに私が一人でいてもしょうがないだろうという気がした。
 そのまま教室を横切り、廊下を真っ直ぐに進んでいく。上の階は教室と視聴覚室やら実験室などの部屋しかない。そうするとやはり一階に戻るべきであろう。
 今度は階段を下って、昇降口から逆の方角へ進む。昇降口近くにある保健室にはさっき上がる時に人が大勢いたのを確認していた。だから反対側の図書室ならば、少し静かなのではないだろうか。
 と思ったのだけれども、やはり、みな考えることは一緒なのだろう。普段賑やかさと無縁な図書室が、ここまで変貌するとは、この霧雨は滅多なことではないのだろうと改めて確信する。
 それじゃあ渡り廊下を渡って旧校舎に向かってみようか。
 しかしここには部室しか存在していない。困った。私は部活動にそこまで力を入れていない。なんとなく、入る気になれなかった。それだけの理由で部活に入らなかったのは今にして思えば不相応なことをしたと思っているが。それでも一人でなんとかやって行けてしまっているのもあまり良くないのだろう。
 そう楽しくはないことを思い浮かべながら旧校舎に入った。こうなったら、適当に見回るだけでいいのかもしれない。

「お? おーい!」
 そんな風にいこうかと思っていたら、声をかけられた。はて、誰だったか。
「まさか一度も部室に来なかった人がこんな時に来てくれるとは」
 ああ、そうか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:とんでもないぬるぬる 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1058字
キッチンはぱっと見は普通らしい。友人によってはおしゃれなキッチンだというやつもいる。が、ぼくにとっては普通どころか刑事ドラマでよく出てくる刑事が犯人を尋問する部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の動機 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:498字
ドイツから来た帰国子女のドジョンパくん。彼はドイツから来たくせに箸でめしを食う。僕は彼はほんとは日本人なんじゃないのかと思っている。「おい、ドジョンパ。お前ドイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:980字
あるべきものが無い。 なんとなくこの感覚には覚えがあった。そうだ、腕の血が圧迫とかで止まった状態で朝起きたとき、その腕が冷たくなってたときと同じなんだ。動かそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:722字
『レディース、エーン、ジェントルメェン! お待たせしました! 今宵も人体切断マジックの時間がやって参りました! 担当はおなじみ、わたくしジョンが務めさせていただ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:860字
僕はある日、ちくわのなかを見てしまったことがある。 空っぽだった。磯臭い空気と共に向こうで動く兄弟が妙にちっぽけに見えて。 海原というよりは、ため池のように虚 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:482字
それは喰われた死体だった。 熊か、狼か、あるいはまだ見ぬUMAか。少なくともその死体は喰われていて、この寒さの影響で腐りもせず、いっそ美しいまでにそこに事切れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:アブノーマルな多数派 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:855字
「我々は幸せです」 今朝、そんなことを不意に話し掛けられた。 名前も、顔も知らない。どちらかというとため息の似合うおっさんは、続けてわたしに言ってくる。「世界中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
伝説の狙撃手 ※未完
作者:びお~ら お題:理想的な父 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:444字
「ターゲットの絶命を確認」「こちらでも確認。急ぎ離脱しろ」私が引き金を引き、標的の頭に深紅の華が咲く。発見は10分以内の予定、逃げおおせるには十分な時間だ。「セ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:無意識の小説の書き方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:840字
無意識は、小説を書くだろうか? 意識が、小説を書く。これはわかる。また、書いている内に、無意識になる。ここまでも、わかる。だが、最初から無意識で、果たして小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:栄光のぬくもり 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:283字
「昔はすごかったんだぜー。俺、神童って呼ばれてよォ」「その話、もう何回も聞いたっスよ。サッカーすごいうまかったんでしたよね」「そうなんだよー。オフサイドで蹴った 〈続きを読む〉

ダツの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:永遠の探偵 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:886字
探偵であるが、名探偵では無い。今日はそんな男のお話。 彼はそう、探偵である。探偵というのは、例えば伴侶の浮気調査したり、交際相手の信用調査したり、とにかく他人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:阿修羅お尻 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1150字
「尻が二つに割れた!」「いや、元々二つだから」「そうだった」(……俺には三つに割れているように見えるんだが) 裸の付き合いをしなければ行けない場所といえば、お風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:免れたお嬢様 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1049字
「ツンデレしている暇なんてね、今の時代には必要ないのよ」 人の噂というのはあっという間に広まるもので、それが恋愛絡みであると聞いたことも見たこともない学生までも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:素人の床 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1094字
そういう関係性を持つことが、大人になったということなのか、それとも子どもだからこそ、そういうことを仕出かしたことで大人になったフリをしてしまうのか。どちらにせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:消えた幻想 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:954字
「いやあ、お前さんが一人暮らしするとは、全く思わなかったよ」 親友を超えた存在(って彼が言っていたんだよ)が、僕の家に初めて来た時に言った言葉から、はや一年半。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:謎の夜風 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:776字
喧嘩した。 親と喧嘩した。 他人からしてみたら、些細なことかもしれないけれども、それでもお互いに振り上げた拳を抑えられなかった。 だから、家出した。私にとって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:複雑な雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:937字
いつも歩いている町に、シャリシャリという音が響き渡っている。 雪が降った、そして積もった。文字で語るのならたったそれだけだというのに、ボクの目に映る風景は白銀 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:オチは暗殺者 必須要素:四国 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:897字
落合源五郎貞興は貴族を暗殺したという濡れ衣を着せられ、四国へと流罪となった。確かに越智は都の裏では誰もが恐れおののく暗殺者であるが、表の状態で自分が犯人だとわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:彼女が愛した会話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:817字
やらなくて後悔するより、やって後悔した方が良い。なんて言葉をアイツはよく言っていた。実際の所はどうだろうか、少なくともあたしにとってはそれは間違ったことではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:冷静と情熱の間にあるのは想い 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:921字
家族を失った人間に、かける言葉はみんな同じ。可哀想に、これから大変だ、ご愁傷様です、困ったことがあったら連絡して。今日の通夜でこの言葉を何度も耳にした。 それ 〈続きを読む〉